TOP > 国内特許検索 > 車上データを自動修正する列車制御装置

車上データを自動修正する列車制御装置

国内特許コード P07A011647
整理番号 /NO30674
掲載日 2007年11月22日
出願番号 特願2001-149125
公開番号 特開2002-337688
登録番号 特許第4589564号
出願日 平成13年5月18日(2001.5.18)
公開日 平成14年11月27日(2002.11.27)
登録日 平成22年9月17日(2010.9.17)
発明者
  • 池田 昌俊
  • 新井 英樹
出願人
  • 財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 車上データを自動修正する列車制御装置
発明の概要 【課題】車上データを参照して制御を行う列車制御装置において、列車が走行中に自動的に車上データを修正すること。
【解決手段】制御装置2は概ね連続N個の地上設備の計測データを取得し、車上データとの誤差を調べ、誤差が許容範囲以内の地上設備がM個以下か否か判断する。但しM≦Nである。YESなら、制御装置2は許容誤差を超える地上設備について複数回の走行を行って複数個の計測データを取得する。続いて、制御装置2は複数個の計測データを処理し統計的処理が施された計測データを夫々算出し、統計的処理が施された車上データに該当する車上データがあるかを調べ、YESなら車上データを統計的処理が施された計測データで置換し、車上データの自動修正を行う。
従来技術、競合技術の概要
首都圏の主要線区には、P形地上子から停止信号機までの距離を直接ディジタル情報により伝達して制御を行うATS-P形が使用されている。しかしながら、ATS-P形は地上設備が高価となり、地方線区や都市間の線区には未だにATS-S形を基本としたATS-SN、ATS-SW、ATS-STなどが使用されている。これらATSは、停止信号機の所定距離の外方で警報を発生するものである。
【0003】
このATS-S形においては、車上子が信号機の手前の所定距離の地点に配置された「停止」又は「停止でない」の2値情報しか持たない地上子(以下ATS-S形地上子と記載する)を通過するときに、ATS-S形地上子から車上子を介して「停止」情報が車上の制御装置に伝えられると、その時点で警報ベルを発して運転士に注意を促し、所定の操作をしないと5秒後にブレーキが作動するものである。警報音を発生したとき運転士が確認ボタンを押さない限り自動的にブレーキが作動するが、逆に反射的な無意識の確認操作により自動的なブレーキが作動せず、このためATS-S形では事故を完全に防ぐことのできないのが実状となっている。
【0004】
これに対し、ATS-SP形は例えば特開平6-227397号公報に開示されている如く、車上に停止信号機までの距離データを保持し、ATS-S形地上子からの停止情報を受信したとき、車上の距離データにより停止パターン、即ち位置-速度パターンを発生して列車を停止信号機までに安全に停止させる高度なATS機能を実現するものである。
【0005】
しかしながら、地上子や信号機等の地上設備は、構内改良などの工事により頻繁に変更されるので、ATS-SP形はその都度車上データにこれを反映しなければならない。また、ATS-SP形は複雑な運用を行うあらゆる列車に対して、地上子の設置位置変更に伴う車上データのメンテナンスを行うとしていたため、メンテナンスシステムが複雑となる。更に、曲線通過速度を向上させるため、振り子制御とも呼ばれる車体傾斜制御が行われているが、この位置検知のための地上子位置データは、位置変更時は新しいデータをメモリに書き込み、これを差し替えることでメンテナンスを行っており、少数の優等列車のみではあるものの、相当数の人手を有し非常に煩わしい作業となっている。
産業上の利用分野
本発明は、地上子位置や軌道回路境界位置等の地上設備の位置を表す車上データを保持し、この車上データを参照して制御を行う列車制御装置に関し、主として自動列車停止装置(以下ATSと記載する)に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 地上子位置や軌道回路境界位置等の地上設備の位置を表す車上データを保持し、この車上データを参照して制御を行う列車制御装置において、車上で計測された概ね連続N個の計測データのうちのM個の計測データその車上データとの誤差が許容範囲内にあるときであって、且つ、地上子や軌道回路境界等の地上設備が追加、撤去又は位置変更されたことが車上に伝達されないとき、計測データと車上データとの誤差が許容範囲外にある地上設備又は車上データに該当するものがない地上設備のN-M個の個々の計測データについて、複数回の走行で複数個の計測データを取得し且つこれらデータの処理を行って算出した統計的処理が施された計測データを該当する車上データに置き換え、車上データに該当するものがない統計的処理が施された計測データは車上データに追加し、更に車上データに該当する地上設備の計測データがない場合は当該車上データを削除して車上データを自動修正する列車制御装置。
【請求項2】 地上子位置や軌道回路境界位置等の地上設備の位置を表す車上データを保持し、この車上データを参照して制御を行う列車制御装置において、車上で計測された概ね連続N個の計測データのうちのM個の計測データとその車上データとの誤差が許容範囲内にあるときであって、且つ、地上子や軌道回路境界等の地上設備が追加、撤去又は位置変更されたことが地上から車上への通知手段により車上に伝達されたとき、前記通知手段で伝達された地上設備について複数回の走行で複数個の計測データを取得し且つこれらデータの処理を行って算出した統計的処理が施された計測データを該当する車上データに置き換え、車上データに該当するものがない統計的処理が施された計測データは車上データに追加し、更に車上データに該当する地上設備の計測データがない場合は当該車上データを削除して車上データを自動修正する列車制御装置。
【請求項3】 地上子位置や軌道回路境界位置等の地上設備の位置を表す車上データを保持し、この車上データを参照して制御を行う列車制御装置において、車上で計測された概ね連続N個の計測データのうちのM個の計測データその車上データとの誤差が許容範囲内にあるときであって、地上子や軌道回路境界等の地上設備が追加、撤去又は位置変更されたことが地上から車上への通知手段により車上に伝達されたとき、前記通知手段で伝達された地上設備の計測データがドプラーレーダー等の信頼性の高い非接触型計測機器から得られたものである場合には前記計測データを該当する車上データに置き換え、車上データに該当するものがない計測データは車上データに追加し、更に車上データに該当する地上設備の計測データがない場合は当該車上データを削除して車上データを自動修正する列車制御装置。
産業区分
  • その他通信
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

18577_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close