TOP > 国内特許検索 > パンタグラフの接触力測定方法及び接触力測定装置

パンタグラフの接触力測定方法及び接触力測定装置

国内特許コード P07A011991
整理番号 /NO30515
掲載日 2007年12月7日
出願番号 特願平11-191611
公開番号 特開2001-018692
登録番号 特許第3618062号
出願日 平成11年7月6日(1999.7.6)
公開日 平成13年1月23日(2001.1.23)
登録日 平成16年11月19日(2004.11.19)
発明者
  • 池田 充
出願人
  • (財)鉄道総合技術研究所
発明の名称 パンタグラフの接触力測定方法及び接触力測定装置
産業上の利用分野 本発明は、電気鉄道におけるトロリ線とパンタグラフとの間に作用する接触力を測定する方法及び装置に関する。特には、高い周波数成分を含む接触力変動現象に対応した誤差の少ない接触力測定が可能なパンタグラフの接触力測定方法及び接触力測定装置に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】トロリ線(給電線)とパンタグラフ(集電装置)との間に作用する接触力を測定する方法であって;パンタグラフの舟体の慣性力を該舟体の弾性変形を考慮した上で求め、別途求めた該舟体にかかっている力から該慣性力を差し引きすることにより、上記接触力を求めることを特徴とするパンタグラフの接触力測定方法。
【請求項2】トロリ線(給電線)とパンタグラフ(集電装置)との間に作用する接触力を測定する方法であって;パンタグラフの舟体の慣性力を該舟体の摺り板を含む2ヶ所の縦断面間の弾性変形を考慮した上で求め、別途求めた上記2ヶ所の縦断面の剪断力から上記慣性力を差し引きすることにより、上記接触力を求めることを特徴とするパンタグラフの接触力測定方法。
【請求項3】トロリ線(給電線)とパンタグラフ(集電装置)との間に作用する接触力を測定する方法であって;上記パンタグラフの舟体にn(n≧2)個の加速度計を取り付け、該加速度計により舟体のn次の振動モードを把握した上で該舟体の慣性力を求め、別途求めた該舟体にかかっている力から該慣性力を差し引きすることにより、上記接触力を求めることを特徴とするパンタグラフの接触力測定方法。
【請求項4】トロリ線(給電線)とパンタグラフ(集電装置)との間に作用する接触力を測定する装置であって;上記パンタグラフの舟体に設けられたn(n≧2)個の加速度計と、該加速度計の検出値から上記舟体のn次の振動モードを把握した上で、該舟体にかかる慣性力を推定する慣性力推定手段と、上記舟体の摺り板を含む2ヶ所の縦断面の歪みを検出する歪み検出手段と、該歪み検出手段の検出値から該縦断面の剪断力を算出する剪断力算出手段と、該剪断力算出手段の算出値から上記慣性力推定手段の推定値を差し引きすることにより、上記接触力を算出する接触力算出手段と、を備えることを特徴とするパンタグラフの接触力測定装置。
【請求項5】トロリ線(給電線)とパンタグラフ(集電装置)との間に作用する接触力を測定する装置であって;上記パンタグラフの舟体に設けられたn(n≧2)個の加速度計と、該加速度計の検出値から上記舟体のn次の振動モードを把握した上で、該舟体にかかる慣性力を推定する慣性力推定手段と、上記舟体底部を上方に付勢する復元ばねと、該復元ばねの振動に伴う上記舟体の変位を計測するレーザ変位計と、該レーザ変位計の計測値と上記復元ばねのばね定数とを掛けることにより復元ばね荷重を算出する荷重算出手段と、該荷重算出手段の算出値から上記慣性力推定手段の推定値を差し引きすることにより、上記接触力を算出する接触力算出手段と、を備えることを特徴とするパンタグラフの接触力測定装置。
【請求項6】トロリ線(給電線)とパンタグラフ(集電装置)との間に作用する接触力を測定する装置であって;上記パンタグラフの舟体に設けられたn(n≧2)個の加速度計と、該加速度計の検出値から上記舟体のn次の振動モードを把握した上で、該舟体にかかる慣性力を推定する慣性力推定手段と、上記舟体底部を上方に付勢する復元ばねと、該復元ばねと上記舟体底部間に設けられた、該舟体にかかっている力を検出するロードセルと、該ロードセルにより検出された検出値から上記慣性力推定手段の推定値を差し引きすることにより、上記接触力を算出する接触力算出手段と、を備えることを特徴とするパンタグラフの接触力測定装置。
産業区分
  • 電力応用
  • 鉄道
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close