TOP > 国内特許検索 > 防振型トロリ線ハンガ

防振型トロリ線ハンガ

国内特許コード P07A012301
整理番号 /NO32834
掲載日 2007年12月21日
出願番号 特願平09-219231
公開番号 特開平11-048832
登録番号 特許第3332815号
出願日 平成9年7月30日(1997.7.30)
公開日 平成11年2月23日(1999.2.23)
登録日 平成14年7月26日(2002.7.26)
発明者
  • 網干 光雄
  • 鈴木 隆
  • 中村 登
出願人
  • 財団法人鉄道総合技術研究所
  • 三和テツキ株式会社
発明の名称 防振型トロリ線ハンガ
従来技術、競合技術の概要 吊架線の下にハンガを介してトロリ線を吊る場合、パンタグラフの通過に伴ってトロリ線に波動が生じる。この波動は、トロリ線上のハンガの取付け個所においてトロリ線へ反射され、反射波と進行波が複合してトロリ線とパンタグラフとの離線率を高め、集電性能を低下させる。トロリ線の波動をトロリ線上のハンガの取付け個所において効率的に透過させると共に、これを減衰させるために、ハンガバーに取り付けられるゴム弾性体が知られている(実開平5-56571号公報)。このゴム弾性体は、ハンガバーの湾曲部(天頂部)を湾曲部に沿って一律に包囲するように固着されるゴム製のものである。この場合、ハンガバーの湾曲部は、ゴム弾性体を介在させて吊架線の外周上の保護カバーの筒状部に当接することになる。しかし、このゴム弾性体は、ハンガバーの湾曲部に沿って略一律にこれを包囲するように固着されているため、比較的ばね定数が大きく、所望の防振効果、波動透過効果を得にくい難点がある。
産業上の利用分野 吊架線の下方にトロリ線を吊るためのトロリ線ハンガに関し、さらに詳しくは、上端部にこの吊架線に掛けられる湾曲部を有するハンガバーと、このハンガバーの下端に取り付けられた把持部材と、ハンガバーの湾曲部に固着されたゴム弾性体とを備えた防振型のトロリ線ハンガに関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 吊架線の下方にトロリ線を吊るためのハンガであって、上端部にこの吊架線に掛けられる湾曲部を有するハンガバーと、このハンガバーの下端に取り付けられた把持部材と、前記湾曲部に加硫接着により一体に固着されたゴム弾性体とを備えた防振型トロリ線ハンガにおいて、前記ゴム弾性体が、前記ハンガバーの湾曲部をこの湾曲部に沿って略一律に包囲する基部と、この基部から徐々にその水平方向断面積を縮小させつつ前記吊架線に向かうように突出し、突出端が前記吊架線に取付けられた保護カバーの筒状部の外周表面に接する突出部とを具備していることを特徴とする防振型トロリ線ハンガ。
産業区分
  • 電力応用
  • 高分子化合物
国際特許分類(IPC)
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close