TOP > 国内特許検索 > オルソ・パラ変換促進方法および水素液化促進方法

オルソ・パラ変換促進方法および水素液化促進方法 コモンズ

国内特許コード P07A012633
整理番号 Q02E1-01
掲載日 2008年1月11日
出願番号 特願2002-327405
公開番号 特開2004-161517
登録番号 特許第4128070号
出願日 平成14年11月11日(2002.11.11)
公開日 平成16年6月10日(2004.6.10)
登録日 平成20年5月23日(2008.5.23)
発明者
  • 笠井 秀明
  • 中西 寛
  • 三浦 良雄
  • リフキ ムヒダ
出願人
  • 科学技術振興機構
発明の名称 オルソ・パラ変換促進方法および水素液化促進方法 コモンズ
発明の概要 【課題】高効率にオルソ・パラ変換を促進し、その結果水素液化を促進することができる、オルソ・パラ変換促進方法および水素液化促進方法を提供する。
【解決手段】水素供給源(1)から動的量子フィルター効果を有する基板へ水素を供給してその基板表面(2)で散乱させ、カートホイール型回転水素分子(4)、ヘリコプター型回転水素分子(5)および中間型回転水素分子(6)を空間的に分離し、それら散乱された水素分子の散乱角度方向に設置されたオルソ・パラ変換触媒(3)の触媒表面(3A)、(3B)、(3C)、(3D)に対しカートホイール型回転水素分子(4)とヘリコプター型回転水素分子(5)を配向が揃った状態で衝突させ、オルソ・パラ変換表面反応の回転軸選択性を利用してオルソ・パラ変換を促進する。
【選択図】 図1
産業上の利用分野 この出願の発明は、オルソ・パラ変換促進方法および水素液化促進方法に関するものである。さらに詳しくはこの出願の発明は、動的量子フィルター効果およびオルソ・パラ変換触媒表面の回転軸選択性を利用してオルソ・パラ変換効率を向上させるオルソ・パラ変換促進方法および水素液化促進方法に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】水素供給源から動的量子フィルター効果を有する基板へ水素を供給して基板表面で散乱させ、回転軸が基板表面に平行な状態で回転するカートホイール型回転水素分子、回転軸が基板表面に垂直な状態で回転するヘリコプター型回転水素分子および回転軸がそれらの間の角度に傾いた状態で回転する中間型回転水素分子を空間的に分離し、散乱された水素分子の各々の散乱角方向に設置された複数のオルソ・パラ変換触媒の触媒表面に対し、カートホイール型回転水素分子とヘリコプター型回転水素分子を配向が揃った状態で衝突させてオルソ・パラ変換させることを特徴とするオルソ・パラ変換促進方法。
【請求項2】基板表面で散乱されたカートホイール型回転水素分子とヘリコプター型回転水素分子を、オルソ・パラ変換触媒の触媒表面に対し、回転軸が触媒表面に平行な状態で回転する状態で衝突させることを特徴とする請求項1に記載のオルソ・パラ変換促進方法。
【請求項3】カートホイール型回転水素分子が最も強く散乱される散乱角方向では触媒表面が基板表面と平行になるようにオルソ・パラ変換触媒を設置し、ヘリコプター型回転水素分子が最も強く散乱される散乱角方向では触媒表面が基板表面と垂直になるようにオルソ・パラ変換触媒を設置し、それらオルソ・パラ変換触媒の間には、散乱された中間型回転水素分子の散乱角度を算出して触媒表面の法線方向が中間型回転水素分子の散乱角方向と一致するようにオルソ・パラ変換触媒を設置することを特徴とする請求項1または2に記載のオルソ・パラ変換促進方法。
【請求項4】動的量子フィルター効果を有する基板が、Cu、Al、Ag、Pd、Pt、IrおよびNiからなる群から選択される金属又はそれら金属をベースとする合金で構成されていることを特徴とする請求項1ないし3のいずれかに記載のオルソ・パラ変換促進方法。
【請求項5】請求項1ないし4のいずれかに記載のオルソ・パラ変換促進方法を用い、パラ水素を高い純度で含む水素ガスを確保し液化プロセスに供給することで、液化水素の蒸発を促すオルソ・パラ変換熱を除外することを特徴とする水素液化促進方法。
産業区分
  • 無機化合物
  • 処理操作
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close