TOP > 国内特許検索 > 教育支援装置、コンピュータプログラム、プログラム格納媒体

教育支援装置、コンピュータプログラム、プログラム格納媒体

国内特許コード P07A012843
整理番号 PA16-064
掲載日 2008年1月18日
出願番号 特願2004-361468
公開番号 特開2006-171202
登録番号 特許第4599149号
出願日 平成16年12月14日(2004.12.14)
公開日 平成18年6月29日(2006.6.29)
登録日 平成22年10月1日(2010.10.1)
発明者
  • 得永 義則
  • 村井 好博
  • 多田 治夫
  • 藤本 元啓
  • 加藤 聰
  • 宮本 紀男
  • 山岸 徹
  • 北村 貴志
出願人
  • 学校法人金沢工業大学
発明の名称 教育支援装置、コンピュータプログラム、プログラム格納媒体
発明の概要

【課題】個人に潜在する人間力を的確に発掘し、その人間力を伸長するためのコンピュータシステムを実現する。
【解決手段】1台以上のコンピュータにより構成され、情報通信ネットワークを介して他のコンピュータと通信する手段と、多数の学生のそれぞれに対応してポートフォリオ情報を記憶する手段と、認証を経てアクセスしてきた他のコンピュータを学生コンピュータとして、当該コンピュータに前記認証情報に基づいて特定される該当学生のポートフォリオ情報へのアクセスを許可する手段と、学生コンピュータからの要求に従って、該当学生のポートフォリオ情報を閲覧可能にして当該学生コンピュータに送付する手段と、ポートフォリオ情報を送付した学生コンピュータからの要求に従って、該当学生のポートフォリオ情報を更新する手段と、ポートフォリオ情報の更新履歴を記憶する手段と、を備えた教育支援装置としている。
【選択図】 図2

従来技術、競合技術の概要


学歴偏重主義は過去のものとなり、現在の一般社会においては、成果・実力が評価の対象となっている。しかし、実力とは学力、すなわち学校での成績だけを言っているのではない。そして、学力が優秀なだけでは大きな成果を期待することもできない。テストの得点のように学力の評価基準を当てはめることができない能力、あるいは客観的な評価を下すことが難しい能力(以下、人間力と呼ぶ)こそ重要な実力である。



人間力には、例えば、思いやり、知的好奇心、協調性、誠実さ、勤勉さ、活力、自律性、リーダーシップ、自己表現能力などの要素があり、その人間力を十分に発揮できれば自ずと成果が得られる。もちろん、1人の人間が人間力に含まれる全ての要素を備えている必要はない。個々の要素を最大限に発揮できる人材が集まれば、その集団は総体的に極めて高い能力を持つエキスパート集団になる可能性を秘めている。

産業上の利用分野


この発明は、学校などの教育現場において、学生の学力以外の潜在能力を評価するのを支援するコンピュータにより構成される教育支援装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
1台以上のコンピュータにより構成され、
他のコンピュータと情報通信ネットワークを介して通信する手段と、
多数の学生のそれぞれに対応してポートフォリオ情報を記憶するポートフォリオ記憶手段と、
認証を経てアクセスしてきた他のコンピュータを学生コンピュータとして、当該コンピュータに前記認証情報に基づいて特定される該当学生のポートフォリオ情報へのアクセスを許可する学生認証手段と、
前記学生コンピュータからの要求に従って、テキストの入力欄を含んだ画面の情報を当該学生コンピュータに送付する雑記帳送付手段と、
前記テキストの入力欄を含んだ画面の情報を送付した学生コンピュータから、当該テキスト欄に入力されたテキストが送付されてくると、当該テキストを該当学生のポートフォリオ情報に追記するポートフォリオ更新手段と、
ポートフォリオ更新手段によるポートフォリオ情報の更新履歴をポートフォリオ記憶手段に記憶するポートフォリオ履歴記録手段と、
特定のテストや特定のアンケートに対する解答結果と、各種要素ごとの評点との対応関係を記憶する客観的評点記憶手段と、
前記各種要素のそれぞれに多数の単語や複数の単語からなる単語群を対応付けして記憶する辞書手段と、
適時にアンケートやテストの設問を学生コンピュータに送付し、当該学生コンピュータから設問に対する解答が返送されてくると、当該解答結果を前記客観的評点記憶手段に照会し、対応する各種要素ごとの評点を特定するとともに、当該各種要素ごとの評点に基づく客観的評価結果を出力する客観的評価手段と、
各学生のポートフォリオ情報に含まれるテキストを前記辞書手段に照会し、当該テキストに含まれる単語や単語群に対応付けされた要素と、前記テキストにおける当該単語や単語群の出現状況に応じた評点とによって特定される各種要素ごとの評点に基づく主観的評価結果を出力する主観的評価手段と、
前記客観的評価結果と前記主観的評価結果とを比較し、その比較結果に基づくアドバイス情報を作成し、当該アドバイス情報を学生コンピュータに提示するアドバイス手段と、
を備えたことを特徴とする教育支援装置。

【請求項2】
請求項1において、
学生コンピュータからの要求に従って、該当学生のポートフォリオ情報を閲覧可能にして当該学生コンピュータに送付するポートフォリオ提示手段と
ポートフォリオ情報を閲覧可能に送付した学生コンピュータから、ポートフォリオの掲示指示を受け付け、当該閲覧中のポートフォリオ情報を他の学生コンピュータにて閲覧可能にする掲示板手段
を備えたことを特徴とする教育支援装置。

【請求項3】
請求項1または2において、前記ポートフォリオ情報と、前記客観的評価結果と、前記主観的評価結果とに基づいて、自己の能力を表現するための資料を各学生ごとに作成する自己表現資料作成手段を備えたことを特徴とする教育支援装置。


【請求項4】
請求項1~3のいずれかにおいて、前記客観的評価手段は、前記客観的評価結果として,前記各種要素ごとの評点を出力し、前記主観的評価手段は、前記主観的評価結果として、前記各種要素ごとの評点を出力し、前記アドバイス手段は、客観的評価手段と前記主観的評価手段のそれぞれが出力した各種要素ごとの評点の差に応じて所定のアドバイス情報を作成することを特徴とする教育支援装置。

【請求項5】
請求項1~3のいずれかにおいて、各種要素ごとの目標評点を人間力指標値として、前記客観的評価手段が特定した各種要素ごとの評点に基づいて前記人間力指標値を設定する目標設定手段を備え、前記アドバイス手段は、前記客観的評価手段が特定した前記各種要素ごとの評点と前記人間力指標値との比較、あるいは前記主観的評価手段が特定した前記各種要素ごとの評点と前記人間力指標値との比較、あるいは前記客観的評価手段と前記主観的評価手段がそれぞれ特定した前記各種要素ごとのそれぞれの評点と前記人間力指標値との比較に基づいてアドバイス情報を作成することを特徴とする教育支援装置。

【請求項6】
請求項1~5のいずれかにおいて、各学生についての前記客観的評価結果と前記主観的評価結果とを比較し、その比較結果に基づいてアンケートやテストの設問を取捨選択する設問設定手段を備えたことを特徴とする教育支援装置。

【請求項7】
請求項1~5のいずれかにおいて、各種要素ごとの目標評点を人間力指標値として、前記客観的評価手段が特定した各種要素ごとの評点に基づいて前記人間力指標値を設定する目標設定手段と、前記客観的評価手段が特定した前記各種要素ごとの評点と前記人間力指標値との比較、あるいは前記主観的評価手段が特定した前記各種要素ごとの評点と前記人間力指標値との比較、あるいは前記客観的評価手段と前記主観的評価手段がそれぞれ特定した前記各種要素ごとのそれぞれの評点と前記人間力指標値との比較に基づいて前記アンケートやテストの設問を取捨選択する設問設定手段とを備えることを特徴とした教育支援装置。

【請求項8】
他のコンピュータと情報通信ネットワークを介して通信する手段と、多数の学生のそれぞれに対応してポートフォリオ情報を記憶するポートフォリオ記憶手段と、特定のテストや特定のアンケートに対する解答結果と各種要素ごとの評点との対応関係を記憶する客観的評点記憶手段と、前記各種要素のそれぞれに多数の単語や複数の単語からなる単語群を対応付けして記憶する辞書手段とを備えたコンピュータにインストールされて、当該コンピュータに、
認証を経てアクセスしてきた他のコンピュータを学生コンピュータとして、当該コンピュータに前記認証情報に基づいて特定される該当学生のポートフォリオ情報へのアクセスを許可する学生認証ステップと、
前記学生コンピュータからの要求に従って、テキストの入力欄を含んだ画面の情報を当該学生コンピュータに送付する雑記帳送付ステップと、
前記テキストの入力欄を含んだ画面の情報を送付した学生コンピュータから、当該テキスト欄に入力されたテキストが送付されてくると、当該テキストを該当学生のポートフォリオ情報に追記するポートフォリオ更新ステップと、
ポートフォリオ更新ステップによるポートフォリオ情報の更新履歴をポートフォリオ記憶手段に記憶するポートフォリオ履歴記録ステップと、
適時にアンケートやテストの設問を学生コンピュータに送付し、当該学生コンピュータから設問に対する解答が返送されてくると、当該解答結果を前記客観的評点記憶手段に照会し、対応する各種要素ごとの評点を特定するとともに、当該各種要素ごとの評点に基づく客観的評価結果を出力する客観的評価ステップと、
各学生のポートフォリオ情報に含まれるテキストを前記辞書手段に照会し、当該テキストに含まれる単語や単語群に対応付けされた要素と、前記テキストにおける当該単語や単語群の出現状況に応じた評点とによって特定される各種要素ごとの評点に基づく主観的評価結果を出力する主観的評価ステップと、
前記客観的評価結果と前記主観的評価結果とを比較し、その比較結果に基づくアドバイス情報を作成し、当該アドバイス情報を学生コンピュータに提示するアドバイスステップと、
を実行させることを特徴とするコンピュータプログラム。

【請求項9】
請求項8に記載のコンピュータプログラムを記憶したプログラム格納媒体。
産業区分
  • 運動娯楽用
  • 計算機応用
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2004361468thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、「問合せ先」まで直接お問合せ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close