TOP > 国内特許検索 > 入浴補助装置

入浴補助装置

国内特許コード P07A012880
整理番号 PA18-015
掲載日 2008年1月18日
出願番号 特願2006-118422
公開番号 特開2007-289289
登録番号 特許第4621626号
出願日 平成18年4月21日(2006.4.21)
公開日 平成19年11月8日(2007.11.8)
登録日 平成22年11月5日(2010.11.5)
発明者
  • 郭 清蓮
  • 永瀬 宏
  • 小林 伸明
  • 谷 正史
出願人
  • 学校法人金沢工業大学
発明の名称 入浴補助装置
発明の概要

【課題】入浴する際に背中を洗うことを手助けし、被洗者自身または介助者の負担を軽減する。
【解決手段】解析部70は、カメラ68から送信されてきた画像を用いて、洗浄装置50の各ブラシが被洗者の背中に与える押圧力が目標値になるように、ブラシの移動すべき距離を算出して洗浄装置50に出力する。洗浄装置50のコントローラは、解析部70から送信されてきた移動すべき距離通りに、ブラシを移動する。この移動によって、各ブラシが被洗者10の背中に当接する。洗浄装置50は、さらに、洗浄装置50に設けられたタッチセンサの測定値に応じて、ブラシの位置を微調整し、調整後、ブラシを回転させて洗浄を行う。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


高齢者や身体障害者などは、一人での入浴、特に自身の背中を洗うことが困難である。そのため、近親者に一緒に浴室に入ってもらい、近親者に背中を洗ってもらうか、福祉サービスを利用して介助ヘルパーに背中を洗ってもらうなどのことが行われている。



しかしながら、一緒に入浴する近親者がいない場合には、高齢者などは、入浴する際に無理をして自分で背中を洗うか、背中を洗うことを諦めるなど、不安全または不衛生の問題が生じうる。また、公的な福祉サービスを利用する場合には、制度上で毎日利用することができないという問題がある。さらに、軽度の障害の場合には公的な福祉サービスの対象にはならない。民間の福祉サービスを利用する場合においても、経済面の事情から頻繁な利用は非現実である。



また、体質の改善、医療技術の進歩にともなって、高齢者は日常生活において自立したい要望が高まり、入浴など自分自身で行いたい傾向がある。また、入浴の介助は、介助者にとっても重労働であり、負担が大きい。



そこで、器具を用いた背中洗浄に関する提案が種々行われている。たとえば、特許文献1に記載の装置は、椅子の背面にブラシロールが設けられ、回転しながら昇降運動することにより自動的に背中を洗うことができるようになっている。

【特許文献1】特開2003-265577号公報

産業上の利用分野


本発明は、入浴の際に使用する入浴補助装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
被洗者の背中を洗うための入浴補助装置であって、
洗浄時に前記背中の異なる部位にそれぞれ当接して使用される複数の洗浄部材と、
前記複数の洗浄部材を運動させることにより前記被洗者の背中を洗浄させるとともに、前記複数の洗浄部材のそれぞれを前記被洗者の背中に対して個別に前後移動させる作動機構と、
前記複数の洗浄部材が前記作動機構を介して取り付けられる洗浄台と、
前記被洗者の背中と前記複数の洗浄部材のそれぞれとの個別の距離を表す照準データを取得するデータ取得部と、
前記複数の洗浄部材を通じて前記背中に加わる押圧力が所定の値になるよう、前記照準データによって表される距離に応じて前記複数の洗浄部材のそれぞれが前後移動すべき量を取得して前記作動機構を制御する作動制御部と、
を備えることを特徴とする入浴補助装置。

【請求項2】
前記照準データから前記距離を求める解析部をさらに備え、
前記データ取得部は、前記照準データとして、前記被洗者の背中と前記複数の洗浄部材のそれぞれが含まれるように側面の方向から撮影した画像を示す画像データを取得し、
前記解析部は、該画像データから前記距離を求め、
前記作動制御部は、前記解析部により求められた距離に応じて前記制御を行うことを特徴とする請求項1に記載の入浴補助装置。

【請求項3】
前記洗浄部材が前記背中に当接するときの圧力を測定するタッチセンサをさらに備え、
前記作動制御部は、該タッチセンサによる測定値に応じて前記洗浄部材の移動量を微調整することを特徴とする請求項1または2に記載の入浴補助装置。

【請求項4】
前記洗浄台は、壁掛け機構を含むことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の入浴補助装置。

【請求項5】
前記壁掛け機構は、設置壁面に取り付けられるレールと、前記レールに沿って前記洗浄台を少なくとも上下方向に移動する滑走部と、を含むことを特徴とする請求項4に記載の入浴補助装置。
産業区分
  • 治療衛生
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006118422thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、「問合せ先」まで直接お問合せ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close