TOP > 国内特許検索 > 動物の汚染調査方法

動物の汚染調査方法

国内特許コード P07A013073
掲載日 2008年2月1日
出願番号 特願2005-074245
公開番号 特開2006-254743
登録番号 特許第5589185号
出願日 平成17年3月16日(2005.3.16)
公開日 平成18年9月28日(2006.9.28)
登録日 平成26年8月8日(2014.8.8)
発明者
  • 石井 利明
  • 西村 和彦
出願人
  • 国立大学法人帯広畜産大学
発明の名称 動物の汚染調査方法
発明の概要 【課題】環境化学物質を計測しようとする場合、煩雑な操作と莫大な費用と時間がかかり、しかも、特定されていない新種の環境化学物質に適応出来ない点を解消する。
【解決手段】被検動物の雌雄と逆の性ホルモンによって誘導される逆性誘導型遺伝子群を当該動物について調べることを特徴とするものである。ここで、前記逆性誘導型遺伝子群は肝細胞に誘導発現された遺伝子群であってもよい。また、前記逆性誘導型遺伝子群はcytochrome P450(CYP)アイソザイム遺伝子群であってもよい。また、前記逆性誘導型遺伝子群の誘導発現量を測定することによって汚染の程度を知るようにしてもよい。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



人類は多種多様な化学物質を合成し、その生活をより豊かに、より快適にしてきた。しかし、その結果、多種多様な化学物質が環境中に廃棄物、排水、廃ガス、農薬等の形で大量に拡散し、蓄積してきている。





近年、これら化学物質の中には生物の体内に入ると微量でも生物の内分泌系を撹乱し、生殖障害など健康や生態系に悪影響を与えるものが有ることが指摘されている。





これらの化学物質は環境ホルモンと呼ばれており、例えば、メスでは性成熟の遅れ、生殖可能齢の短縮、妊娠維持困難及び流産などが、オスでは、精巣萎縮、精子減少、性行動の異常などが報告されている。





我々人類やその他の生物はこの環境ホルモンに汚染された環境の中で生活しており、人類やその他の生物に対する環境ホルモンの悪影響が懸念されている。そこで、化学物質による環境汚染の程度を早急に調べ、その対策を取ることが急務になってきている。





現在、化学物質による環境汚染の程度は、土壌、河川、農作物を含めた植物、あるいは動物体内における環境化学物質の残留濃度を化学分析で個別に計測して調べている。

【特許文献1】

開2003-262630号公報

【特許文献2】

開2001-194297号公報

【特許文献3】

開2000-171393号公報

【非特許文献1】

境省 総合環境政策局 環境保健部 環境安全課編「化学物質と環境」環境省 2003年

産業上の利用分野



本発明は、ほ乳類動物の環境汚染を簡単に知ることのできる動物の汚染調査方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
環境汚染を調査したい地域に棲息する成体ほ乳類動物(ヒトを除く)について、当該ほ乳類動物の雌雄と逆性の性ホルモンによって誘導されるチトクロームP450遺伝子を分析することにより該チトクロームP450遺伝子の発現を調べて環境汚染を知ることを特徴とする動物の汚染調査方法。

【請求項2】
前記チトクロームP450遺伝子が肝細胞に誘導発現された遺伝子であることを特徴とする請求項1に記載の汚染調査方法。

【請求項3】
前記チトクロームP450遺伝子がCYP2C11遺伝子及び/又はCYP3A2遺伝子であることを特徴とする請求項1又は2に記載の汚染調査方法。

【請求項4】
前記チトクロームP450遺伝子の発現量を測定することによって汚染の程度を知ることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の汚染調査方法。

【請求項5】
前記成体ほ乳類動物が家畜又は野生動物であることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の汚染調査方法。

【請求項6】
環境汚染を調査したい地域に棲息する雌成体イエネズミを複数匹捕獲し、捕獲した複数匹の該雌成体イエネズミの肝臓を取り出し、取り出した該肝臓についてCYP2C11遺伝子及び/又はCYP3A2遺伝子を調べ、捕獲した複数匹の該雌成体イエネズミの総数に対するCYP2C11遺伝子及び/又はCYP3A2遺伝子を発現している雌成体イエネズミの数の割合を求め、該特定地域の環境汚染の程度を求めることを特徴とする動物の汚染調査方法。

【請求項7】
環境汚染を調査したい地域に棲息する雌成体イエネズミを捕獲し、肝臓におけるCYP2C11遺伝子及び/又はCYP3A2遺伝子の発現量を調べ、該発現量によって環境汚染の程度を求めることを特徴とする動物の汚染調査方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005074245thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close