TOP > 国内特許検索 > 地図情報処理装置、ナビゲーションシステム、およびプログラム

地図情報処理装置、ナビゲーションシステム、およびプログラム 新技術説明会

国内特許コード P07P005399
整理番号 KT06-04
掲載日 2008年2月22日
出願番号 特願2006-210641
公開番号 特開2008-039879
登録番号 特許第4431727号
出願日 平成18年8月2日(2006.8.2)
公開日 平成20年2月21日(2008.2.21)
登録日 平成22年1月8日(2010.1.8)
発明者
  • 角谷 和俊
  • 平元 綾子
出願人
  • 兵庫県
発明の名称 地図情報処理装置、ナビゲーションシステム、およびプログラム 新技術説明会
発明の概要 【課題】従来の地図情報処理装置においては、地図閲覧操作に応じて、自動的に適切な情報を提供できなかった。
【解決手段】地図についての情報である地図情報を格納し得る地図情報格納部と、前記地図を閲覧する操作である地図閲覧操作を受け付け受付部と、前記地図閲覧操作に対応する操作の情報である操作情報を取得する操作情報列取得部と、前記操作情報を用いて、前記地図情報から1以上のキーワードを取得するキーワード取得部と、前記1以上のキーワードを用いて、情報を検索する検索部と、前記検索部が検索した情報を出力する情報出力部を具備する地図情報処理装置により、地図閲覧操作に応じて、自動的に適切な情報を提供できる。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要 【背景技術】従来のカーナビゲーションシステムなどの地図情報処理装置において、画面上に提示されている地図上の領域に対する関連情報などを提示する機能が実現されている。例えば、現在地からある一定距離以内のガソリンスタンドを検索する機能などである。また、従来の第二の技術であるWeb上のオンライン地図などでも、現在提示されている地域に関する情報(レストラン情報,交通機関など)を付帯情報として提示する機能が提供されている(例えば、非特許文献1参照)。また、従来の第三の技術として、オンライン地図に対する操作により、ユーザは視聴する地図画面領域や縮尺を容易に変更させることができる技術がある(例えば、非特許文献2参照)。また、従来の第四の技術として、現存するWebページの内容に地理的構造を持たせ、実空間の地理座標と対応付けることにより地理的観点からのWeb検索を可能にしている技術がある(非特許文献3、4参照)。また、従来の第五の技術として、ユーザによってサーバへ送られた画像を、付加された位置情報を基に地図上に貼り付けることで情報分布を視覚的に表現している技術がある(非特許文献5参照)。また、従来の第六の技術として、地名・ランドマークと助詞との共起の関係によりBlog内のキーワードを多くの人が旅の目的にする「対象」と、人の「体験」に分けることによりBlog検索をより効率のよいものにしている(非特許文献6参照)。また、従来の第七の技術として、ユーザは地図上に経路を描くことによってその経路に沿ったWeb上の地域情報を受動的に閲覧できる技術がある。この技術を実装したシステムで表示されるWebページはあらかじめ計算された地理的重要度によって決定される。また、地図に対するユーザのズームイン、ズームアウト操作により提示するべき情報の詳細度を変化させている。もし、ユーザがズームアウト操作をしたとすれば,地理的重要度の高いキーワードが含まれるWebページが表示され、ズームイン操作をしたとすれば、ユーザはよりその地域の詳細情報が欲しいとし、地理的重要度の低いキーワードが含まれるWebページを表示している(非特許文献7、8参照)。本技術において、地図に対する単一のユーザ操作のみからユーザの意図を推定し、情報を検索している。また、従来の第八の技術として、ユーザの単一の地図操作から、個人の操作ごとに違う地図画面を提示するシステムがある(非特許文献9参照)。さらに、関連する技術として、後述するMBR(Minimum Bounding Rectangle)の技術がある(非特許文献10参照)。
【非特許文献1】いつもガイド,インターネット<URL:http://www.its-mo.com/>
【非特許文献2】高木悟、他1名,「地図情報を利用した情報検索」,情報処理,2000,Vol.41,No.4,pp.357-362
【非特許文献3】平松薫、他1名,「地域情報サービスのための拡張Web 空間」,情報処理学会論文誌、データベース、2000,Vol.41,No.SIG6(TOD7),pp.81-90
【非特許文献4】平松薫、他2名,「時空間構造に基づくWeb 検索の拡張」,第1 回人工知能学会セマンティックWeb とオントロジー研究会,2002,No.SIG-SWO-A201-08 人工知能学会
【非特許文献5】上松大輝、他4名,「場log:Weblog環境における位置情報利用の提案」,第6回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2004,No. SIG-SWO-A401-07 人工知能学会
【非特許文献6】倉島健、他2名,「街Blog からの体験表現抽出とその空間的提示手法の提案」,情報処理学会研究報告,2005,Vol.2005,No.67,2005-DBS-137,pp.47-53
【非特許文献7】Taro Tezuka、他1名,「Trajectory-based Presentation of Heterogeneous Spatio-temporal Content」,Web and Wireless Geographical Information Systems - W2GIS2005, Lecture Notes in Computer Science 3833, pp.235-245, Springer-Verlag
【非特許文献8】手塚太郎、他1名,「ウェブからのランドマーク抽出に基づくクエリフリーな地域情報閲覧」DBSJ Letters,2005,Vol.4,No.1,pp.141-144
【非特許文献9】Joe Weakliam、他2名,「Implicit interaction profiling for recommending spatial content」ACM GIS 2005,pp.285-294
【非特許文献10】馬強、他2名,「 ページ内容と位置情報に基づくWeb コンテンツのローカル度検出とその応用」,情報処理学会研究報告,2002,Vol.2002,No.67,2002-DBS-128-69,pp.515-522
産業上の利用分野 本発明は、地図の閲覧操作に対応して、情報を検索する地図情報処理装置等に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】地図についての情報である地図情報を格納し得る地図情報格納部と、前記地図を出力する指示、および前記地図を閲覧する複数の操作である地図閲覧操作列を受け付ける受付部と、前記受付部が地図を出力する指示を受け付けた場合に、前記地図情報を読み出し、地図を出力する地図出力部と、前記地図閲覧操作列に対応する複数の操作の情報である操作情報列を取得する操作情報列取得部と、前記操作情報列を用いて、前記地図情報から1以上のキーワードを取得するキーワード取得部と、前記1以上のキーワードを用いて、情報を検索する検索部と、前記検索部が検索した情報を出力する情報出力部と、前記受付部が地図閲覧操作列を受け付けた場合に、前記地図閲覧操作列に応じて地図の出力を変更する地図出力変更部とを具備し、前記キーワード取得部は、操作情報列と、取得するキーワードの地図上での範囲についての情報である検索範囲情報の対である検索範囲管理情報を2組以上格納している検索範囲管理情報格納手段と、前記操作情報列取得部が取得した2以上の操作情報である操作情報列に対応する検索範囲情報を前記検索範囲管理情報格納手段から取得する検索範囲情報取得手段と、前記検索範囲情報取得手段が取得した検索範囲情報に従って、前記地図情報から1以上のキーワードを取得するキーワード取得手段を具備し、前記地図閲覧操作は、ズームイン操作(記号[i])、ズームアウト操作(記号[o])、移動操作(記号[m])、センタリング操作(記号[c])を含み、前記操作情報列は、m*c+i+([*]は0回以上の繰り返し、[+]は1回以上の繰り返し)の操作列を示す情報であり、任意の一点を指定する操作情報列である単点指定操作情報列、または、m+o+の操作列を示す情報であり、任意の二以上の点を指定する操作情報列である複数点指定操作情報列、または、i+c[c*m*]*の操作列を示す情報であり、複数の地点を順に選択する操作情報列である選択指定操作情報列、または、c+m*o+の操作列を示す情報であり、複数の地点の位置関係を調べる操作情報列である周辺指定操作情報列、または、o+m+の操作列を示す情報であり、複数地点を移動させていく操作情報列である広域指定操作情報列、または、前記5種類の操作情報列の組み合わせのいずれかであり、前記5種類の操作情報列の組み合わせは、単点指定操作情報列の後に単点指定操作情報列が続き、その後に、当該後の単点指定操作情報列の一部が重複する選択指定操作情報列を有する操作情報列である絞込検索操作情報列と、選択指定操作情報列の後に複数点指定操作情報列が続き、その後に、当該複数点指定操作情報列の一部が重複する広域指定操作情報列を有する操作情報列である比較検索操作情報列と、周辺指定操作情報列の後に、選択指定操作情報列が続く操作情報列である経路検索操作情報列のいずれかであり、前記検索範囲管理情報格納手段は、絞込検索操作情報列と、ズームイン操作後にセンタリング操作を受け付けた場合またはズームイン操作後に移動操作を受け付けた場合に出力されている地図の中心地点と近傍にある地点である目的地点のキーワードを取得する旨の情報である絞込検索対象情報を対に有する検索範囲情報を少なくとも格納し、前記検索範囲情報取得手段は、前記操作情報列取得部が取得した2以上の操作情報である操作情報列が絞込検索操作情報列に対応すると判断した場合に、前記絞込検索対象情報を取得し、前記キーワード取得手段は、前記検索範囲情報取得手段が取得した絞込検索対象情報に対応する目的地点のキーワードを少なくとも取得する地図情報処理装置。
【請求項2】前記絞込検索対象情報は、ズームイン操作前にセンタリング操作を受け付けた場合に出力されている地図の中心地点と近傍にある地点である目印地点のキーワードを取得する旨の情報も含み、前記キーワード取得手段は、前記検索範囲情報取得手段が取得した絞込検索対象情報に対応する目印地点のキーワードをも取得する請求項1記載の地図情報処理装置。
【請求項3】前記検索範囲管理情報格納手段は、比較検索操作情報列と、ズームアウト操作後に出力されている地図の領域とズームアウト操作前に出力されている地図の領域の差の領域を示す情報である比較検索対象情報を対に有する検索範囲情報を少なくとも格納し、前記検索範囲情報取得手段は、前記操作情報列取得部が取得した2以上の操作情報である操作情報列が比較検索操作情報列に対応すると判断した場合に、前記比較検索対象情報を取得し、前記キーワード取得手段は、前記検索範囲情報取得手段が取得した比較検索対象情報に対応するキーワードを少なくとも取得する請求項1記載の地図情報処理装置。
【請求項4】前記検索範囲管理情報格納手段は、比較検索操作情報列と、移動操作後に出力されている地図の領域から移動操作前に出力されている地図の領域を除いた領域を示す情報である比較検索対象情報を対に有する検索範囲情報を少なくとも格納し、前記検索範囲情報取得手段は、前記操作情報列取得部が取得した2以上の操作情報である操作情報列が比較検索操作情報列に対応すると判断した場合に、前記比較検索対象情報を取得し、前記キーワード取得手段は、前記検索範囲情報取得手段が取得した比較検索対象情報に対応するキーワードを少なくとも取得する請求項1記載の地図情報処理装置。
【請求項5】前記検索部が検索する情報は、インターネット上の複数のWebページであり、前記キーワード取得手段は、前記検索範囲情報取得手段が取得した比較検索対象情報に対応するキーワードを取得した場合に一のキーワードのみを取得した場合、さらに、当該一のキーワードと共起度の最大となるキーワードを前記複数のWebページから検索し、取得する請求項3記載の地図情報処理装置。
【請求項6】前記検索範囲管理情報格納手段は、経路検索操作情報列と、ズームイン操作またはズームアウト操作を受け付けた場合に出力されている地図の中心地点と近傍にある地点である目的地点のキーワードを取得する旨の情報である経路検索対象情報を対に有する検索範囲情報を少なくとも格納し、前記検索範囲情報取得手段は、前記操作情報列取得部が取得した2以上の操作情報である操作情報列が経路検索操作情報列に対応すると判断した場合に、前記経路検索対象情報を取得し、前記キーワード取得手段は、前記検索範囲情報取得手段が取得した経路検索対象情報に対応する目的地点のキーワードを少なくとも取得する請求項1記載の地図情報処理装置。
【請求項7】前記経路検索対象情報は、ズームイン操作前にセンタリング操作を受け付けた場合に出力されている地図の中心地点と近傍にある地点である目印地点のキーワードを取得する旨の情報も含み、前記キーワード取得手段は、前記検索範囲情報取得手段が取得した経路検索対象情報に対応する目印地点のキーワードをも取得する請求項6記載の地図情報処理装置。
【請求項8】前記検索部の検索対象の情報は、インターネット上の1以上のWebページであり、前記検索部は、前記受付部が絞込検索操作情報列を受け付けた場合、前記目的地点のキーワードをタイトル内に有し、かつ、前記目印地点のキーワードをページ内に有するWebページを検索する請求項7記載の地図情報処理装置。
【請求項9】前記地図情報は、地図の図柄を示す地図図柄情報と、地図上の用語と当該用語の位置を示す位置情報を有する用語情報を有し、前記検索部の検索対象の情報は、インターネット上の1以上のWebページであり、前記検索部は、前記目的地点のキーワードと前記目印地点のキーワードの両方が含まれる1以上のWebページを取得し、かつ、当該取得した1以上の各Webページから2以上の用語を検出し、当該2以上の用語の位置を示す2以上の位置情報を前記地図情報から取得し、当該2以上の位置情報を用いて、Webページの記述の地理的範囲を示す情報である地理的範囲情報をWebページごとに取得し、当該地理的範囲情報が最も狭い地理的範囲を示すWebページを少なくとも取得する請求項7記載の地図情報処理装置。
【請求項10】前記検索部は、前記目的地点のキーワードと前記目印地点のキーワードの両方が含まれる1以上のWebページを取得する場合、少なくともどちらか一方のキーワードをWebページのタイトル内に有する1以上のWebページを取得する請求項9記載の地図情報処理装置。
【請求項11】請求項1から請求項10いずれか記載の地図情報処理装置を具備するナビゲーションシステム。
【請求項12】記憶媒体に、地図についての情報である地図情報を格納しており、かつ、記憶媒体に、操作情報列と、取得するキーワードの地図上での範囲についての情報である検索範囲情報の対である検索範囲管理情報を2組以上格納しており、かつ、記憶媒体に、絞込検索操作情報列と、ズームイン操作後にセンタリング操作を受け付けた場合またはズームイン操作後に移動操作を受け付けた場合に出力されている地図の中心地点と近傍にある地点である目的地点のキーワードを取得する旨の情報である絞込検索対象情報を対に有する検索範囲情報を少なくとも格納しており、受付部、地図出力部、操作情報列取得部、キーワード取得部、検索部、情報出力部、および地図出力変更部とを用いて実現される地図情報出力方法であって、前記受付部により、前記地図を出力する指示、および前記地図を閲覧する複数の操作である地図閲覧操作列を受け付ける受付ステップと、前記地図出力部により、前記受付ステップで地図を出力する指示を受け付けた場合に、前記地図情報を読み出し、地図を出力する地図出力ステップと、前記操作情報列取得部により、前記地図閲覧操作列に対応する複数の操作の情報である操作情報列を取得する操作情報列取得ステップと、前記キーワード取得部により、前記操作情報列を用いて、前記地図情報から1以上のキーワードを取得するキーワード取得ステップと、前記検索部により、前記1以上のキーワードを用いて、情報を検索する検索ステップと、前記情報出力部により、前記検索部が検索した情報を出力する情報出力ステップと、前記地図出力変更部により、前記受付ステップで地図閲覧操作列を受け付けた場合に、前記地図閲覧操作列に応じて地図の出力を変更する地図出力変更ステップとを具備し、前記キーワード取得ステップは、前記操作情報列取得ステップで取得された2以上の操作情報である操作情報列に対応する検索範囲情報を前記記憶媒体から取得する検索範囲情報取得サブステップと、前記検索範囲情報取得サブステップで取得された検索範囲情報に従って、前記地図情報から1以上のキーワードを取得するキーワード取得サブステップを具備し、前記地図閲覧操作は、ズームイン操作(記号[i])、ズームアウト操作(記号[o])、移動操作(記号[m])、センタリング操作(記号[c])を含み、前記操作情報列は、m*c+i+([*]は0回以上の繰り返し、[+]は1回以上の繰り返し)の操作列を示す情報であり、任意の一点を指定する操作情報列である単点指定操作情報列、または、m+o+の操作列を示す情報であり、任意の二以上の点を指定する操作情報列である複数点指定操作情報列、または、i+c[c*m*]*の操作列を示す情報であり、複数の地点を順に選択する操作情報列である選択指定操作情報列、または、c+m*o+の操作列を示す情報であり、複数の地点の位置関係を調べる操作情報列である周辺指定操作情報列、または、o+m+の操作列を示す情報であり、複数地点を移動させていく操作情報列である広域指定操作情報列、または、前記5種類の操作情報列の組み合わせのいずれかであり、前記5種類の操作情報列の組み合わせは、単点指定操作情報列の後に単点指定操作情報列が続き、その後に、当該後の単点指定操作情報列の一部が重複する選択指定操作情報列を有する操作情報列である絞込検索操作情報列と、選択指定操作情報列の後に複数点指定操作情報列が続き、その後に、当該複数点指定操作情報列の一部が重複する広域指定操作情報列を有する操作情報列である比較検索操作情報列と、周辺指定操作情報列の後に、選択指定操作情報列が続く操作情報列である経路検索操作情報列のいずれかであり、前記検索範囲情報取得サブステップにおいて、前記操作情報列取得ステップで取得された2以上の操作情報である操作情報列が絞込検索操作情報列に対応すると判断した場合に、前記絞込検索対象情報を取得し、前記キーワード取得サブステップにおいて、前記検索範囲情報取得サブステップで取得された絞込検索対象情報に対応する目的地点のキーワードを少なくとも取得する地図情報処理方法。
【請求項13】記憶媒体に、地図についての情報である地図情報を格納しており、かつ、記憶媒体に、操作情報列と、取得するキーワードの地図上での範囲についての情報である検索範囲情報の対である検索範囲管理情報を2組以上格納しており、かつ、記憶媒体に、絞込検索操作情報列と、ズームイン操作後にセンタリング操作を受け付けた場合またはズームイン操作後に移動操作を受け付けた場合に出力されている地図の中心地点と近傍にある地点である目的地点のキーワードを取得する旨の情報である絞込検索対象情報を対に有する検索範囲情報を少なくとも格納しており、コンピュータに、地図を出力する指示、および地図を閲覧する複数の操作である地図閲覧操作列を受け付ける受付ステップと、前記受付ステップにおいて地図を出力する指示を受け付けた場合に、前記地図情報を前記記憶媒体から読み出し、地図を出力する地図出力ステップと、前記地図閲覧操作列に対応する複数の操作の情報である操作情報列を取得する操作情報列取得ステップと、前記操作情報列を用いて、格納されている地図情報から1以上のキーワードを取得するキーワード取得ステップと、前記1以上のキーワードを用いて、情報を検索する検索ステップと、前記検索ステップで検索した情報を出力する情報出力ステップと、前記受付ステップで地図閲覧操作列を受け付けた場合に、前記地図閲覧操作列に応じて地図の出力を変更する地図出力変更ステップとを実行させるためのプログラムであり、前記キーワード取得ステップは、前記操作情報列取得ステップで取得された2以上の操作情報である操作情報列に対応する検索範囲情報を前記記憶媒体から取得する検索範囲情報取得サブステップと、前記検索範囲情報取得サブステップで取得された検索範囲情報に従って、前記地図情報から1以上のキーワードを取得するキーワード取得サブステップを具備し、前記地図閲覧操作は、ズームイン操作(記号[i])、ズームアウト操作(記号[o])、移動操作(記号[m])、センタリング操作(記号[c])を含み、前記操作情報列は、m*c+i+([*]は0回以上の繰り返し、[+]は1回以上の繰り返し)の操作列を示す情報であり、任意の一点を指定する操作情報列である単点指定操作情報列、または、m+o+の操作列を示す情報であり、任意の二以上の点を指定する操作情報列である複数点指定操作情報列、または、i+c[c*m*]*の操作列を示す情報であり、複数の地点を順に選択する操作情報列である選択指定操作情報列、または、c+m*o+の操作列を示す情報であり、複数の地点の位置関係を調べる操作情報列である周辺指定操作情報列、または、o+m+の操作列を示す情報であり、複数地点を移動させていく操作情報列である広域指定操作情報列、または、前記5種類の操作情報列の組み合わせのいずれかであり、前記5種類の操作情報列の組み合わせは、単点指定操作情報列の後に単点指定操作情報列が続き、その後に、当該後の単点指定操作情報列の一部が重複する選択指定操作情報列を有する操作情報列である絞込検索操作情報列と、選択指定操作情報列の後に複数点指定操作情報列が続き、その後に、当該複数点指定操作情報列の一部が重複する広域指定操作情報列を有する操作情報列である比較検索操作情報列と、周辺指定操作情報列の後に、選択指定操作情報列が続く操作情報列である経路検索操作情報列のいずれかであり、前記検索範囲情報取得サブステップにおいて、前記操作情報列取得ステップで取得された2以上の操作情報である操作情報列が絞込検索操作情報列に対応すると判断した場合に、前記絞込検索対象情報を取得し、前記キーワード取得サブステップにおいて、前記検索範囲情報取得サブステップで取得された絞込検索対象情報に対応する目的地点のキーワードを少なくとも取得するように、コンピュータに実行させるためのプログラム。
産業区分
  • 運動娯楽用
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
FAX又はEメールでお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close