TOP > 国内特許検索 > 変化領域抽出装置及び変化領域抽出方法

変化領域抽出装置及び変化領域抽出方法

国内特許コード P07A013225
整理番号 NUBIC-2005000060
掲載日 2008年3月14日
出願番号 特願2005-329042
公開番号 特開2007-139421
登録番号 特許第4963824号
出願日 平成17年11月14日(2005.11.14)
公開日 平成19年6月7日(2007.6.7)
登録日 平成24年4月6日(2012.4.6)
発明者
  • 松原 三人
  • 大内 宏友
  • 黒岩 孝
出願人
  • 学校法人日本大学
発明の名称 変化領域抽出装置及び変化領域抽出方法
発明の概要

【課題】 市街地の形態を定量的に解析し、分類する。
【解決手段】 所定の形態の市街地が撮影されている航空写真に基づいて生成された画像データが格納されている比較画像データ格納部10と、任意の市街地が撮影されている航空写真に基づいて生成された入力画像データの全体のフラクタルシーケンスを算出し、比較画像データ格納部10に格納されている格納画像データの全体のフラクタルシーケンスを算出するフラクタルシーケンス演算部11と、フラクタルシーケンス演算部11により算出された、入力画像データの全体のフラクタルシーケンスと、格納画像データの全体のフラクタルシーケンスとに基づいて、画像特徴距離dを算出する画像特徴距離演算部12と、画像特徴距離演算部12により算出された画像特徴距離dに基づいて、任意の市街地の形態を分類する形態分類部13とを備える。
【選択図】 図2

従来技術、競合技術の概要


都市計画を実施する際は、周辺の環境への影響を考慮した事前の評価が必要であり、そのためには複雑な都市の構造を定量的に解析することが必要である。また、該当地域における建物や道路の工事、災害による建物の倒壊などによる環境の変化も迅速に把握する必要がある。そのような場合、従来から広く用いられているのは、市街地を撮影した航空写真を人間の目視により判別する人的手法である。この場合、莫大な時間と労力が必要となるため効率が悪く、多大なコストが必要となる。そこで最近では、パターン認識を応用した手法が提案されており、計算機による自動化の試みがなされている(例えば、特許文献1を参照)。




【特許文献1】特開平11-83478号公報

産業上の利用分野


本発明は、任意の市街地を撮影した航空写真に基づき、当該市街地の変化領域の抽出を行う変化領域抽出装置及び変化領域抽出方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
所定の形態の市街地を撮影した航空写真に基づいて生成された画像データが格納されている画像データ格納手段と、
上記航空写真が撮影された時期とは異なる時期に撮影された上記市街地の航空写真に基づいて生成された入力画像データを所定のサイズの小領域に分割し、上記画像データ格納手段に格納されている上記画像データを上記所定のサイズと同等サイズの小領域に分割する小領域分割手段と、
上記小領域分割手段により小領域に分割された上記入力画像データを、小領域ごとにフラクタルシーケンスを算出し、上記小領域分割手段により小領域に分割された上記画像データを、小領域ごとにフラクタルシーケンスを算出するフラクタルシーケンス演算手段と、
上記フラクタルシーケンス演算手段により算出された、上記入力画像データの小領域ごとのフラクタルシーケンスと、上記画像データの小領域ごとのフラクタルシーケンスとに基づいて、対応する小領域ごとに画像特徴距離を算出する画像特徴距離演算手段と、
上記画像特徴距離演算手段により算出された上記画像特徴距離に基づいて、上記市街地の変化領域を抽出する変化領域抽出手段とを備えることを特徴とする変化領域抽出装置。

【請求項2】
上記変化抽出手段は、変化領域の抽出を画像データの光強度分布を走査することにより行うことを特徴とする請求項1記載の変化領域抽出装置。

【請求項3】
画像データ格納部に格納されており、所定の形態の市街地が撮影されている航空写真に基づいて生成された格納画像データを所定のサイズの小領域に分割し、
上記航空写真が撮影された時期とは異なる時期に撮影された上記市街地の航空写真に基づいて生成された入力画像データを所定のサイズの小領域に分割し、
小領域に分割された上記入力画像データを、小領域ごとにフラクタルシーケンスを算出し、
小領域に分割された上記格納画像データを、小領域ごとにフラクタルシーケンスを算出し、
上記入力画像データの小領域ごとのフラクタルシーケンスと、上記格納画像データの小領域ごとのフラクタルシーケンスとに基づいて、対応する小領域ごとに画像特徴距離を算出し、
算出された上記画像特徴距離に基づいて、上記市街地の変化領域を抽出することを特徴とする変化領域抽出方法。
産業区分
  • 写真映画
  • 運動娯楽用
  • 計算機応用
  • 測定
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005329042thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close