TOP > 国内特許検索 > 前回り受け身補助機能付き上衣

前回り受け身補助機能付き上衣 実績あり

国内特許コード P08A013347
掲載日 2008年4月18日
出願番号 特願2006-259856
公開番号 特開2008-081851
登録番号 特許第4051450号
出願日 平成18年9月26日(2006.9.26)
登録日 平成19年12月14日(2007.12.14)
発明者
  • 濱田 初幸
出願人
  • 鹿屋体育大学
発明の名称 前回り受け身補助機能付き上衣 実績あり
発明の概要 【課題】初心者が、視覚や体感を通じて、前回り受け身の全体動作を正確に把握することができ、スムーズで正しい前回り受け身を速やかに習得できる、前回り受け身補助機能付き上衣を提供する。
【解決手段】柔道の前回り受け身の動作の際に畳Tに対する着用者Mの身体の接地箇所および接地順序を示す接地ライン9、10を上衣1の外面に表示する。前記接地ライン9、10は、一方が右前回り受け身用で他方が左前回り受身用であり、上衣1の両袖部2、3の袖口付近から両肩部の後ろ側まで真っ直ぐに延びて、そこから斜め下方に曲がり、背中の略中央で交差して、反対側の臀部の脇まで達する。前記接地ライン9、10には、接地順序を意味する矢印マーク12又は番号を重ねて表示する。前記接地ライン9、10は、凸状に形成し、畳Tに対する接地ライン部分を体感させることも可能である。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要 【背景技術】柔道の基本動作として受け身がある。受け身は、技を掛けられたときに、受け手が体に受ける衝撃をやわらげる動作をするものであり、特に初心者にとって、この受け身を正しく習得することは、練習や試合の際の怪我を防ぐためにも、極めて大切である。受け身は、大きく分けて、後ろ受け身、横受け身、前受け身、前回り受け身の4種類に分けられるが、中でも前回り受け身は、技能レベルが高いとされ、顎を引き体を丸めて、半身の姿勢で、円を描くように前方に回転する。ところが、前回り受け身を正しく習得できないことや、誤った方向や誤った順序で前回り受け身をすることにより、腰を打撲したり肩の鎖骨を損傷したりする等の事故が発生するケースが少なくなかった。このような前回り受け身に伴う事故の原因は、主に畳やマット上に正しい方向や正しい順序での身体の接地が行われないことが考えられる。一方、小学校や中学校の体育において、近年の運動能力の低下にともない、生徒が転んで骨折したりする等の事故が少なくなく、近年、小中学生への怪我予防に関する安全教育の必要性が、従来より増して叫ばれている。ところで、柔道の前回り受け身の補助用具として、柔道受け身練習用マットが提案されている(例えば、特許文献1参照)。この柔道受け身練習用マットは、マット上に受け身動作前の腕、手及び足の位置並びに体位の移動方法を示すマークを表示したもので、受け身動作前に、マット上に表示された腕、手及び足の位置に腕、手及び足を置き、しかる後、体位の移動方向を示すマークに沿ってマット上を前方に回転するものである。
【特許文献1】実用新案登録第3071495号公報
産業上の利用分野 本発明は、柔道の受け身の中でも技能レベルが高いとされる前回り受け身を正しく習得するための、前回り受け身補助機能付き上衣に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 柔道の前回り受け身の動作の際に畳またはマットに対する着用者の身体の接地箇所および接地順序を示す接地ラインが上衣の外面に表示されていることを特徴とする前回り受け身補助機能付き上衣。
【請求項2】 前記接地ラインは、上衣の外面と異なる色彩が施されていることを特徴とする請求項1記載の前回り受け身補助機能付き上衣。
【請求項3】 前記接地ラインは、右前回り受け身および左前回り受身の各動作に対応して複数表示されていることを特徴とする請求項1または請求項2記載の前回り受け身補助機能付き上衣。
【請求項4】 前記接地ラインは、連続または断続して表示されていることを特徴とする請求項1ないし請求項3記載の前回り受け身補助機能付き上衣。
【請求項5】 前記接地ラインには、接地順序を意味する矢印マーク又は番号が重ねて表示されていることを特徴とする請求項1ないし請求項4記載の前回り受け身補助機能付き上衣。
【請求項6】 前記接地ラインは、凸状に形成されていることを特徴とする請求項1ないし請求項5記載の前回り受け身補助機能付き上衣。
【請求項7】 前記接地ラインは、ライン構成体が上衣の外面に対し着脱可能に取り付けられていることを特徴とする請求項1ないし請求項6記載の前回り受け身補助機能付き上衣。
産業区分
  • 被服、身のまわり品
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

20892_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
鹿児島TLOでは鹿児島大学、鹿屋体育大学から特許に関する技術移転を受託しています。
上記の特許・技術に興味を持たれた方はお問合せ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close