TOP > 国内特許検索 > 遠隔制御システム

遠隔制御システム

国内特許コード P08P005870
整理番号 TDU-124
掲載日 2008年5月16日
出願番号 特願2006-291311
公開番号 特開2008-108121
登録番号 特許第5070590号
出願日 平成18年10月26日(2006.10.26)
公開日 平成20年5月8日(2008.5.8)
登録日 平成24年8月31日(2012.8.31)
発明者
  • 宮保 憲治
  • 小濱 隆司
  • 今野 紀子
  • 黒川 悟
出願人
  • 学校法人東京電機大学
発明の名称 遠隔制御システム
発明の概要

【課題】本発明は、通信ネットワークを介して医療提供サービス又は香り提供サービスを提供するための安全かつ信頼性の高い遠隔制御システムを目的とする。
【解決手段】本発明に係る遠隔制御システムは、医療提供サービスに利用する薬剤又は香り提供サービスに利用する香料の調剤を規定するレシピに関連した情報を含んだデータベース20に基づき、遠隔制御端末82が通信ネットワークを介してクライアント端末81を制御してクライアント端末81に医療提供サービス又は香り提供サービスを実行させる遠隔制御システム91において、遠隔制御端末82及びクライアント端末81の現在の地理的な位置情報を相互に認証することを特徴とする。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


従来、患者の個人的な医療・診断情報は、一部の医療機関に閉じた状態で活用されてきた。このため、患者が遠隔の医療機関から遠隔医療サービスを受ける場合には、診療の正当性を事前にチェックできる手段がなかった。



しかし、通信ネットワークを介した医療提供サービスが求められている。例えば、患者の住居や居住する施設が、信頼のおける病院から離れた遠隔地にある場合である。又、歩行障害を伴っているために病院への通院が困難な場合である。さらに、1人の患者が複数の医療機関で同時に受診することによる、薬剤の相互的副作用も問題になりつつある。このような場合に、通信ネットワークを介して患者を診断し、診断結果に応じて調剤した薬剤を提供できれば、多くの患者の通院の目的を果たすことができる。



医療サービスではないが、医療機関の診療情報を患者自身が管理できる医療支援システムが開示されている(例えば、特許文献1参照。)。この医療支援システムでは、通信ネットワークに接続された管理サーバを設け、当該管理サーバが患者と医療機関に対して認証を行うことで、患者による診療情報の登録及び参照を可能としている。



しかし、通信ネットワークを介した医療提供サービスでは、医療機関側だけでなく、患者側でも認証が求められる。例えば、医療機関には、個人情報の流出を防ぐために、患者の認証を行うことが求められる。患者側でも、医療機関による患者の取り違えを防ぐなどの安全性を確保するために、契約等を行っている信頼性のある予め定められた医療機関であるかどうかを判断するための認証が求められる。さらに、病院相互間においても、個人情報の流出を防ぐために、患者の診療データを安全かつ確実に共用しなければならない。



一方で、医療提供サービスに付随するサービスは広がっている。例えば、アロマテラピーが補完・代替医療として利用される場合がある。アロマテラピーのような香り提供サービスにおいても、患者の健康状態や精神状態に応じて香料の調剤を行うので、医療提供サービスと同様に、医療機関側だけでなく、患者側でも当該の医療機関の認証を行うことが求められる。

【特許文献1】特開2004-133727号公報

産業上の利用分野


本発明は、通信ネットワークを介して医療や香りを提供するサービスを高い信頼性と安全性で提供する遠隔制御システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
医療提供サービスに利用する薬剤又は香り提供サービスに利用する香料の調剤を規定するレシピに関連した情報を含んだデータベースに基づき、複数の遠隔制御端末が通信ネットワークを介してクライアント端末を制御して前記クライアント端末に前記医療提供サービス又は前記香り提供サービスを実行させる遠隔制御システムにおいて、
前記遠隔制御端末のうちの1つである第1遠隔制御端末は、
自己の地理的な位置情報を取得する第1端末位置情報取得手段と、
前記第1端末位置情報取得手段の取得した自己の地理的な位置情報を前記遠隔制御端末のうちの他の第2遠隔制御端末に送信する第1端末相互送信手段と、
前記第2遠隔制御端末の送信する地理的な位置情報を認証する第1端末相互認証手段と、
前記データベースを格納する第1端末記憶手段と、
前記第1端末相互認証手段による認証が成立した場合に、前記第2遠隔制御端末の送信する送信記録を前記第1端末記憶手段に記録する第1端末送信記録手段と、
前記第1端末位置情報取得手段の取得した自己の地理的な位置情報を前記クライアント端末に送信する第1端末位置情報送信手段と、
前記クライアント端末の送信する地理的な位置情報を認証する第1端末クライアント認証手段と、
前記第1端末クライアント認証手段による認証が成立した場合に、前記データベースに基づき、前記第2遠隔制御端末の送信する送信記録と重複しないように、または不適切な組み合わせのレシピとならないように、前記医療提供サービス又は前記香り提供サービスを実行するための制御信号を発生する第1端末サービス制御手段と、を備え、
前記遠隔制御端末のうちの他の第2遠隔制御端末は、
自己の地理的な位置情報を取得する第2端末位置情報取得手段と、
前記第2端末位置情報取得手段の取得した自己の地理的な位置情報を前記第1遠隔制御端末に送信する第2端末相互送信手段と、
前記第1遠隔制御端末の送信する地理的な位置情報を認証する第2端末相互認証手段と、
前記データベースを格納する第2端末記憶手段と、
前記データベースに基づいて薬剤又は香料の調剤及び患者への提供を行う制御信号を発生し、当該制御信号を前記クライアント端末に送信し、当該制御信号を前記第2端末記憶手段に記録する第2端末制御信号送信手段と、
前記第2端末相互認証手段による認証が成立した場合に、前記第2端末記憶手段の記録している前記送信記録を前記第1遠隔制御端末に送信する第2端末送信記録送信手段と、
を備え
前記クライアント端末は、
自己の地理的な位置情報を取得するクライアント端末位置情報取得手段と、
前記クライアント端末位置情報取得手段の取得した前記位置情報を前記第1遠隔制御端末に送信するクライアント端末送信手段と、
前記第1遠隔制御端末からの制御により前記医療提供サービス又は前記香り提供サービスを実施するための制御信号を受信する制御信号受信手段と、
前記第1遠隔制御端末の送信する地理的な位置情報を認証するクライアント端末認証手段と、
前記クライアント端末認証手段による認証が成立した場合に、前記薬剤を調剤して提供する医療提供サービス又は前記香料を調剤して提供する香り提供サービスを実行するサービス実行手段と、
を備えることを特徴とする遠隔制御システム。

【請求項2】
前記クライアント端末送信手段は、自己の地理的な位置情報を前記第1遠隔制御端末に繰り返し送信し、
前記第1端末位置情報送信手段は、自己の地理的な位置情報を前記クライアント端末に繰り返し送信することを特徴とする請求項に記載の遠隔制御システム。

【請求項3】
医療提供サービスに利用する薬剤又は香り提供サービスに利用する香料の調剤を規定するレシピに関連した情報を含んだデータベースに基づき、遠隔制御端末が通信ネットワークを介してクライアント端末を制御して前記クライアント端末に前記医療提供サービス又は前記香り提供サービスを実行させる遠隔制御システムにおいて、
前記クライアント端末は、
移動端末であり、
自己の地理的な位置情報を取得するクライアント端末位置情報取得手段と、
前記クライアント端末位置情報取得手段の取得した前記位置情報を前記遠隔制御端末に送信するクライアント端末送信手段と、
前記遠隔制御端末からの制御により前記医療提供サービス又は前記香り提供サービスを実施するための制御信号を受信する制御信号受信手段と、
前記遠隔制御端末の送信する地理的な位置情報を認証するクライアント端末認証手段と、
前記クライアント端末認証手段による認証が成立した場合に、前記制御信号受信手段の受信した制御信号に従い、前記薬剤を調剤して提供する医療提供サービス又は前記香料を調剤して提供する香り提供サービスを実行するサービス実行手段と、を備え、
前記遠隔制御端末は、
自己の地理的な位置情報を取得する遠隔制御端末位置情報取得手段と、
前記遠隔制御端末位置情報取得手段の取得した自己の地理的な位置情報を前記クライアント端末に送信する遠隔制御端末送信手段と、
前記クライアント端末に前記医療提供サービス又は前記香り提供サービスを実行させるための制御信号を送信する制御信号送信手段と、
予め定められた複数の経路のいずれかの経路上であることによって、前記クライアント端末の送信する地理的な位置情報を認証する遠隔端末認証手段と、
前記遠隔端末認証手段による認証が成立した場合に、前記データベースに基づいて薬剤又は香料の調剤及び患者への提供を行う制御信号を発生することによって、前記医療提供サービス又は前記香り提供サービスを実行するサービス制御手段と、を備えることを特徴とする遠隔制御システム。

【請求項4】
前記クライアント端末送信手段は、自己の地理的な位置情報を前記遠隔制御端末に繰り返し送信し、
前記遠隔制御端末送信手段は、自己の地理的な位置情報を前記クライアント端末に繰り返し送信することを特徴とする請求項に記載の遠隔制御システム。
産業区分
  • その他通信
  • 治療衛生
  • 電話
  • 計算機応用
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006291311thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスご希望の方、またシーズの詳細に関することについては、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせくださいますよう,お願い申し上げます。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close