TOP > 国内特許検索 > プラスチックの分解方法及び微生物

プラスチックの分解方法及び微生物 コモンズ

国内特許コード P08A013487
整理番号 ShIP-6008
掲載日 2008年6月13日
出願番号 特願2006-152728
公開番号 特開2007-319077
登録番号 特許第4982738号
出願日 平成18年5月31日(2006.5.31)
公開日 平成19年12月13日(2007.12.13)
登録日 平成24年5月11日(2012.5.11)
発明者
  • 徳山 真治
出願人
  • 国立大学法人静岡大学
発明の名称 プラスチックの分解方法及び微生物 コモンズ
発明の概要

【課題】プラスチックを効率よく分解可能なプラスチック分解方法及びこれに利用可能な微生物を提供する。
【解決手段】プラスチック分解能を有するサーモアクチノマイセス属に属する微生物、例えばサーモアクチノマイセス・ブルガリス、特にサーモアクチノマイセス・ブルガリスT7-1(FERM-A20919)、又はその破砕物を用いて、プラスチック、例えばポリヒドロキシカルボン酸系のような分子構造中にエステル結合を有するプラスチックを分解する。
【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


近年、プラスチックの使用量が増加するにつれて、環境への配慮から天然環境下で分解可能な生分解性プラスチックの開発が進められている。例えばポリ乳酸は、水系環境下で加水分解可能な高分子であり、その分解には酵素が用いられることもある。またポリ乳酸を直接分解する微生物についてもいくつか同定されている。
ポリ乳酸分解能を有する微生物としては、例えば、土中から30℃で分離されたアミコラトプシス属放線菌、サッカロスリクス属放線菌、ストレプトマイセス属放線菌が知られている(例えば、特許文献1~4)。また分子構造中にエステル結合を有するプラスチックの分解能を有するペニバチルス属細菌も、土中から30℃で分離されている(特許文献5)。これらの菌は、30℃2週間程度の処理でポリ乳酸を分解する。また、特許文献6~7には、土中から50℃で分離されたバチルス属細菌、アクチノマデュラ属放線菌、スタフィロコッカス属細菌が記載されている。これらの菌は、50℃における2週間程度の処理でポリ乳酸を分解する。

【特許文献1】特開平9-37776号公報

【特許文献2】特開2000-60540号公報

【特許文献3】特開2001-128693号公報

【特許文献4】特開平10-108669号公報

【特許文献5】特開2004-166542号公報

【特許文献6】特開平11-4680号公報

【特許文献7】特開平11-46755号公報

産業上の利用分野


本発明は、プラスチックの分解方法及び微生物に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
プラスチック分解能を有するサーモアクチノマイセス属に属する微生物又はその破砕物を用いて、生分解性プラスチックを分解することを特徴とするプラスチックの分解方法。

【請求項2】
前記生分解性プラスチックが、分子構造中にエステル結合を有する生分解性プラスチックであることを特徴とする請求項1記載のプラスチックの分解方法。

【請求項3】
前記サーモアクチノマイセス属に属する微生物が、サーモアクチノマイセス・ブルガリス、サーモアクチノマイセス・ディコトミカス、サーモアクチノマイセス・インターメディウス、サーモアクチノマイセス・プチダス、サーモアクチノマイセス・サッカリからなる群より選択された少なくとも一つであることを特徴とする請求項1又は2記載のプラスチックの分解方法。

【請求項4】
前記サーモアクチノマイセス属に属する微生物が、サーモアクチノマイセス・ブルガリスT7-1(FERM-20919)であることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項記載のプラスチックの分解方法。

【請求項5】
サーモアクチノマイセス・ブルガリスT7-1(FERM-20919)。
産業区分
  • 微生物工業
  • 高分子化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close