Top > Search of Japanese Patents > SWIMMING IMPLEMENT WITH SCREW

SWIMMING IMPLEMENT WITH SCREW meetings

Patent code P08P005884
Posted date Jul 18, 2008
Application number P2006-352615
Publication number P2008-161341A
Patent number P4945754
Date of filing Dec 27, 2006
Date of publication of application Jul 17, 2008
Date of registration Mar 16, 2012
Inventor
  • (In Japanese)田口 信教
  • (In Japanese)内川 学
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿屋体育大学
Title SWIMMING IMPLEMENT WITH SCREW meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a swimming implement with a screw capable of accumulating as kinetic energy a leg force which gives fullest play to power of one's legs of the body, stably taking it out as the kinetic energy, and obtaining a propulsive force of the body by rotation of the screw.

SOLUTION: The swimming implement is provided with: a rotating shaft rotating mechanism part 20 for engaging one end a wire 22 down the ankle 3a to rotate a rotating shaft 25 in one direction by a tensile strength of the wire 22 by simultaneous bending exercises of both legs or alternative stepping exercises of right and left legs; an energy storage part 30 for accumulating a dynamic energy by rotation of the rotating shaft 25 in one direction; and a screw propelling mechanism part 50 for rotating a screw 52 placed near the waist part 2 of the body 1 by the dynamic energy supplied by the energy storage part 30 to obtain the propulsive force of the body 1 by the rotation of the screw 52. Each of the rotating shaft rotating mechanism part 20, the energy storage part 30, and the screw propelling mechanism part 50 are installed to a waist part belt 71 fitted to the waist part 2 of the body 1.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、この種の泳具としては、足ヒレ(フィン)がある。足ヒレは、足を上下に動作することで泳ぐことを助け、生身で泳ぐよりも速く泳ぐことを可能とするものである。しかし、足ヒレ(フィン)は脚の持つ力の約1割程度しか、推進力に活用されていない。また、そのフィンの形状も様々な形、デザインを凝らした製品が生み出されているが、それらは水性生物が持つ足ヒレを単に真似したものに過ぎない。



また、水中の推進力をより増すための水中プロペラを身体の両脇に装備したもの、すなわち、自転車用のペダル型の踏板に紐を取り付け、左右の足による交互の屈伸運動を該紐の張力の往復運動として取り出し、これを一定方向のみの回転に変換する動力伝達装置と一体化した滑車を介して水中プロペラを回転させて遊泳方向の推力を発現させるように構成した足動遊泳具が提案されている(特許文献1参照)。

【特許文献1】特開2004-359117号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、身体に装着して、河川、海等で行われる水中活動、水中作業等を補助するために用いられるスクリュー付き泳具に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
身体に装着して使用する泳具であって、
足首より先にワイヤーの一端を係止し、両足同時屈伸運動又は左右交互踏み足運動による、前記ワイヤーの引張り力により回転軸を一方向に回転させる回転軸回転機構部と、
前記回転軸の一方向への回転により動力エネルギーを蓄積するエネルギー貯蔵部と、
前記エネルギー貯蔵部から供給される動力エネルギーにより身体の腰部付近に配置されるスクリューを回転させ、当該スクリューの回転により身体の推進力を得るスクリュー推進機構部と、
引張りによって伸長されたワイヤーを巻き戻すためのワイヤー巻き戻し機構部を具備してなり、
前記回転軸回転機構部、エネルギー貯蔵部、スクリュー推進機構部、ワイヤー巻き戻し機構部の各々が、身体の腰部に装着される腰部ベルトに取付けられていることを特徴とする、スクリュー付き泳具。

【請求項2】
 
前記エネルギー貯蔵部が、前記回転軸の一方向への回転によりゼンマイバネを巻回して動力エネルギーを蓄積し、蓄積された動力エネルギーが前記ゼンマイバネの戻り力により取り出される構成であることを特徴とする、請求項1記載のスクリュー付き泳具。

【請求項3】
 
前記ゼンマイバネの上流側にトルクリミッターが設けられていることを特徴とする、請求項2記載のスクリュー付き泳具。

【請求項4】
 
前記回転軸の一方向への回転力の一部を、動力エネルギーとしてエネルギー貯蔵部に蓄積すると同時に、前記回転力の残りを、スクリュー側に伝達し、スクリューを回転させる構成であることを特徴とする、請求項1ないし請求項3のいずれか一項に記載のスクリュー付き泳具。

【請求項5】
 
前記ワイヤーの他端側の前記回転軸回転機構部が、前記腰部ベルトの腹部側中央付近に配置されていることを特徴とする、請求項1ないし請求項4のいずれか一項に記載のスクリュー付き泳具。

【請求項6】
 
バッテリーから供給される電力により前記スクリューを回転させるモーターと、当該モーターからの動力伝達と前記動力伝達機構からの動力伝達を切り替える切り替え機構部とをさらに具備してなることを特徴とする、請求項1ないし請求項5のいずれか一項に記載のスクリュー付き泳具。
Industrial division
  • Athletics, amusement
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006352615thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close