TOP > 国内特許検索 > 高圧タンクの製造装置並びに高圧タンクの製造方法

高圧タンクの製造装置並びに高圧タンクの製造方法

国内特許コード P08A013589
整理番号 QP050003
掲載日 2008年8月22日
出願番号 特願2005-121959
公開番号 特開2006-300194
登録番号 特許第4759729号
出願日 平成17年4月20日(2005.4.20)
公開日 平成18年11月2日(2006.11.2)
登録日 平成23年6月17日(2011.6.17)
発明者
  • 佐島 隆生
  • 鬼鞍 宏猷
出願人
  • 学校法人九州大学
発明の名称 高圧タンクの製造装置並びに高圧タンクの製造方法
発明の概要

【課題】大型の高圧タンクを低コストで製造可能とした高圧タンク、及びその製造装置、並びに高圧タンクの製造方法を提供する。
【解決手段】接着剤を付着した繊維をライナの外周面に巻き付けることによりシェルを形成した高圧タンク、及びその製造装置、並びに高圧タンクの製造方法において、シェルを形成する際に、ライナのボスに設けた貫通口からライナの内部に発熱手段を挿入して配設し、ライナを内部から加熱しながらライナの外周面に繊維を巻き付けることにより接着剤を漸次硬化させてシェルを形成する。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


昨今、燃料電池自動車などの燃料として使用する水素などの供給に用いるために、アルミニウムや高密度ポリエチレンからなるライナの外側面に、エポキシ樹脂等の接着剤を付着した炭素繊維等の強化繊維を巻き付けて耐圧シェルを形成した高圧タンクが用いられている。



このような高圧タンクではさらなる高耐圧化が要求されており、かかる高耐圧化の要求に応えるために、本発明者らは、ライナへの強化繊維の巻き付けの際に、強化繊維に加える張力を調整することによって高耐圧化した高圧タンクを提案している(例えば、特許文献1参照。)。



この高耐圧化した高圧タンクでは、ライナへの強化繊維の巻き付けの際にライナ内に水などの加圧媒体を注入し、この加圧媒体に加える圧力を調整しながら強化繊維の巻き付けを行っており、特に、加圧媒体を加温することによってライナを内部から加熱して、ライナの外周面に巻き付けた強化繊維に付着させている接着剤の加熱による硬化処理も同時に行うことができるようにもしている。

【特許文献1】国際公開第04/070258号パンフレット

産業上の利用分野


本発明は、水素ガスなどの気体を高圧状態で収容可能としている高圧タンク、及びその製造装置、並びに高圧タンクの製造方法に関するものであり、特に、比較的長尺で大容量としている高圧タンク、及びその製造装置、並びに高圧タンクの製造方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
支持したライナを所定の回転速度で回転させる支持手段と、
前記ライナの外周面に巻き付ける繊維を繰り出す繰出手段を備え、
接着剤を付着した前記繊維を前記ライナの外周面に巻き付けてシェルを形成する高圧タンクの製造装置において、
前記ライナを内部から加熱する発熱手段を前記ライナの内部に着脱自在に配設すると共に、同発熱手段は、高発熱領域と低発熱領域とを設けたワイヤ状の発熱体で構成し、
前記ライナの外周面に前記繊維を巻き付ける際に前記発熱手段で前記ライナを内部から加熱することにより前記接着剤を硬化させながら前記シェルを形成することを特徴とする高圧タンクの製造装置。

【請求項2】
前記繊維は、強化繊維にあらかじめエポキシ樹脂を付着含浸させたプリプレグであることを特徴とする請求項1に記載の高圧タンクの製造装置。

【請求項3】
接着剤を付着した繊維をライナの外周面に巻き付けることによりシェルが形成された高圧タンクの製造方法において、
前記ライナの内部には、同ライナの鏡板に設けたボスの貫通口から挿入され、前記ボスで支持されるように構成した前記ライナを内部から加熱する発熱手段を着脱自在に配設すると共に、同発熱手段は、高発熱領域と低発熱領域とを設けたワイヤ状の発熱体で構成し、
前記シェルを形成する際に、前記発熱手段で前記ライナを内部から加熱しながら前記ライナの外周面に前記繊維を巻き付けることを特徴とする高圧タンクの製造方法。

【請求項4】
前記繊維は、強化繊維にあらかじめエポキシ樹脂を付着含浸させたプリプレグであることを特徴とする請求項3に記載の高圧タンクの製造方法。

【請求項5】
前記ライナに前記繊維を巻き付ける際に前記ライナに向けて空気を送気していることを特徴とする請求項3又は請求項4に記載の高圧タンクの製造方法。
産業区分
  • 流体移送
  • 高分子化合物
  • 省エネルギー
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005121959thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
上記の特許・技術に関心のある方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close