TOP > 国内特許検索 > セルラーゼ基質としてのセルロースの改質への対向衝突処理の利用

セルラーゼ基質としてのセルロースの改質への対向衝突処理の利用

国内特許コード P08A013606
整理番号 50085
掲載日 2008年8月22日
出願番号 特願2006-003885
公開番号 特開2007-185117
登録番号 特許第4296279号
出願日 平成18年1月11日(2006.1.11)
公開日 平成19年7月26日(2007.7.26)
登録日 平成21年4月24日(2009.4.24)
発明者
  • 森田 光博
  • 近藤 哲男
出願人
  • 国立大学法人九州大学
発明の名称 セルラーゼ基質としてのセルロースの改質への対向衝突処理の利用
発明の概要

【課題】新規なセルロース繊維の分解方法を提供する。
【解決手段】セルロース繊維を対向衝突処理し、得られた処理物にセルラーゼを作用させる。対向衝突処理の際、セルロース繊維を水に分散させて得た分散液を、一対のノズルから70~250MPaの高圧でそれぞれ噴射させると共に、その噴射流を互いに衝突させて粉砕する。従って、セルロース水溶液の酵素反応特性を高めることができる。対向衝突処理工程は、乳酸生産、メタン生産又はエタノール生産を目的とした、セルロース繊維を多く含有する有機性廃棄物の発酵に適用することができる。
【選択図】図1

特許請求の範囲 【請求項1】
セルラーゼの反応特性を高める方法であって:
セルラーゼの基質であるセルロース繊維を対向衝突処理する工程を含み;
対向衝突処理により改質されたセルロース繊維にセルラーゼを作用させることにより、セルラーゼの反応特性を高める、方法。

【請求項2】
セルロース繊維をセルラーゼで分解する方法において、セルロース繊維を対向衝突処理し、得られた処理物にセルラーゼを作用させることを特徴とする、セルロース繊維の分解方法。

【請求項3】
セルロース繊維を多く含む有機物を酵素又は微生物を用いて発酵する方法において、セルロース繊維を多く含有する有機物を対向衝突処理し、得られた処理物に酵素又は微生物を作用させることを特徴とする、有機物の発酵方法。

【請求項4】
酵素又は微生物が、メタン又はエタノールを生産するものである、請求項に記載の方法。

【請求項5】
セルロース繊維を多く含有する有機性廃棄物をメタン発酵する方法において、該有機性廃棄物、又は該有機性廃棄物をメタン発酵処理して得られた発酵残滓を対向衝突処理し、得られた処理物をメタン発酵工程に投入することを特徴とする、メタン発酵方法。

【請求項6】
有機性廃棄物が家畜排泄物である、請求項記載の方法。
産業区分
  • 微生物工業
  • 処理操作
  • 衛生設備
  • 廃棄物処理
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006003885thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
上記の特許・技術に関心のある方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close