TOP > 国内特許検索 > ターピリジン型モノマー、ビスターピリジン型モノマー、および、その製造方法

ターピリジン型モノマー、ビスターピリジン型モノマー、および、その製造方法

国内特許コード P08A013765
掲載日 2008年9月26日
出願番号 特願2005-308290
公開番号 特開2007-112769
登録番号 特許第5062711号
出願日 平成17年10月24日(2005.10.24)
公開日 平成19年5月10日(2007.5.10)
登録日 平成24年8月17日(2012.8.17)
発明者
  • 樋口 昌芳
  • 大塚 雄紀
  • クルス ディルク ジー
出願人
  • 独立行政法人物質・材料研究機構
発明の名称 ターピリジン型モノマー、ビスターピリジン型モノマー、および、その製造方法
発明の概要

【課題】金属と強固に配位可能なポリマーを合成するモノマー及びその製造方法を提供する。
【解決手段】式(1)で表されるターピリジン型モノマー。(ただし、X1およびX2は、ハロゲン元素、Rは、ベンゼン環を含むスペーサーである。)

【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


近年、新たな特性を有する機能性材料の研究が盛んに行われている。有機高分子と金属とを組み合わせることによって、これらの特性を利用した光、電子、磁気、触媒機能の発現が期待されている。このような有機高分子-金属複合材料は、発光素子、エネルギー変換材料、薬剤輸送、センサ、高機能触媒、太陽電池等に応用可能である。



有機高分子は、ソフトマテリアルと呼ばれており、極めて自由度の高いスパゲッティ状分子構造を有する。有機高分子は、また、分子量分布を有するので、単純に金属と複合化させても、統計的な混合物を与えるに過ぎない。そのため上記のような機能を発現させた有機高分子-金属複合材料を得るための有機高分子として、金属と配位可能な配位子ポリマーが必要である。このような配位性ポリマーとして、ビピリジル誘導体を用いた技術がある(例えば、特許文献1を参照。)。




【特許文献1】特開2005-200384号公報

産業上の利用分野


本発明は、ターピリジン型モノマー、ビスターピリジン型モノマーおよびこれらの製造方法に関する。より詳細には、本発明は、金属に対して強い配位性能を有するターピリジン型モノマー、ビスターピリジン型モノマーおよびこれらの製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
有機高分子に金属原子Mが配位しており、
前記有機高分子は、式(19)で示され、ここで、Rは、少なくとも1つのベンゼン環を含むスペーサであり、R、R、RおよびRは、同一または異なる、水素原子、アリール基またはアルキル基であり、nは2以上の整数であり、
【化学式1】



前記有機高分子の主鎖であるターピリジル基のそれぞれが前記金属原子Mを包括している、有機高分子-金属複合材料。

【請求項2】
前記スペーサは、
【化学式2】



式(3)~式(6)からなる群から選択される、請求項1に記載の有機高分子-金属複合材料。

【請求項3】
前記有機高分子は、式(10)~(13)のいずれかのビスターピリジン型モノマーの縮合によって得られ、
【化学式3】









ここで、X、X、XおよびXは、同一または異なるハロゲン元素である、請求項1に記載の有機高分子-金属複合材料。

【請求項4】
前記X、X、XおよびXは、それぞれ、末端ピリジンの窒素原子に隣接して位置する、請求項3に記載の有機高分子-金属複合材料。

【請求項5】
前記X、X、XおよびXは、臭素である、請求項3に記載の有機高分子-金属複合材料。

【請求項6】
有機高分子に金属原子Mが配位しており、
前記有機高分子は、式(18)で示され、ここで、Rは、少なくとも1つのベンゼン環を含むスペーサであり、RおよびRは、同一または異なる、水素原子、アリール基またはアルキル基であり、nは2以上の整数であり、
【化学式4】



前記有機高分子の主鎖であるターピリジル基のそれぞれが前記金属原子Mを包括している、有機高分子-金属複合材料。

【請求項7】
前記スペーサは、
【化学式5】



式(3)~式(6)からなる群から選択される、請求項6に記載の有機高分子-金属複合材料。

【請求項8】
前記スペーサは、前記式(3)または(4)のアリール基である、請求項7に記載の有機高分子-金属複合材料。

【請求項9】
前記有機高分子は、式(1)または(2)のいずれかのターピリジン型モノマーの縮合によって得られ、
【化学式6】





ここで、X、XおよびXは、同一または異なるハロゲン元素である、請求項6に記載の有機高分子-金属複合材料。

【請求項10】
前記X、XおよびXは、それぞれ、末端ピリジンの窒素原子に隣接して位置する、請求項9に記載の有機高分子-金属複合材料。
産業区分
  • 有機化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

21780_41SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
特許についてのご質問及びご相談等については、公開特許番号、ご質問内容・ご相談内容等、お名前、会社名、ご連絡先(電話番号、FAX番号、メールアドレス)をご記入の上、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close