TOP > 国内特許検索 > バイオディーゼル燃料

バイオディーゼル燃料 新技術説明会

国内特許コード P08A013869
整理番号 NUBIC-2006010040
掲載日 2008年10月16日
出願番号 特願2007-174965
公開番号 特開2008-081730
登録番号 特許第5561452号
出願日 平成19年7月3日(2007.7.3)
公開日 平成20年4月10日(2008.4.10)
登録日 平成26年6月20日(2014.6.20)
優先権データ
  • 特願2006-235277 (2006.8.31) JP
発明者
  • 平野 勝巳
  • 月井 慎一
  • 菅野 元行
  • 真下 清
出願人
  • 学校法人日本大学
発明の名称 バイオディーゼル燃料 新技術説明会
発明の概要 【課題】原料に動物性油脂を含むような廃食物油を用いた場合であっても、目詰まり点が低く、寒冷地でも使用可能なバイオディーゼル燃料を提供することを課題とする。さらに、貯蔵安定性及び燃焼特性に優れたバイオディーゼル燃料を提供することを課題とする。
【解決手段】動物性油脂に含まれるパルミチン酸メチルとステアリン酸メチルを合計した含有率を10~25%にすることにより実用的な範囲で、低温特性にも優れ、かつ貯蔵安定性及び燃焼特性にも優れたバイオディーゼル燃料及びその製造方法を提供する。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要



近年、石油の確認可採年数が約40年とその枯渇が危惧されている中で、石油代替燃料
としてバイオディーゼル燃料(以下、単にBDFということがある)が注目されている。
BDFは油脂の主成分であるトリアシルグリセリドをメタノールとエステル交換した脂肪
酸メチルエステル(以下、単にFAMEということがある)である。BDFは軽油とほぼ
同等の発熱量と類似した物理性状を有するためにディーゼル燃料として有望であり、軽油
に比べてSOxや黒煙の排出量を大幅に低減できる特長を有する。現在、欧州を中心にバ
ージンの植物性油脂を原料とした大規模なBDF製造が一部実用化されている。一方、日
本ではバージンの植物性油脂のみならず、廃食物油を原料としたBDFの製造方法が検討
されているものの、植物性廃食物油が主であり、国内で排出される廃食物油の大部分であ
る動物性油脂からのBDFの製造方法に関しては、いまだ十分な検討はなされていない。
また、動物性油脂を含有している廃食物油を原料とする場合、原料が多様であることから
製造したBDFの燃料性状が不均一となり、石油代替燃料として実用化するには未だ問題
があった。従って、動物性油脂を含む廃食物油に対して燃料性状を均一化するBDF製造
プロセスの構築が必要である。本発明者らは、これまで動物性油脂が既存の植物性油脂B
DF製造法により植物性油脂とほぼ同収率でBDFを製造できることを報告した(非特許
文献1)。

【非特許文献1】

森秀紀、平野勝巳ら、第16回廃棄物学会研究発表会講演論文集、p702-704(2005)

産業上の利用分野



本発明はバイオディーゼル燃料に関する。特に動物性油脂を原料とし、動物性油脂本来
の目詰まり点よりも低い目詰まり点を有するバイオディーゼル燃料に関する。また、動物
性油脂由来の燃料の目詰まり点を予測する方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
動物性油脂を原料として、メチルエステル化して得られる脂肪酸エステルを含むバイオディーゼル燃料であって、バイオディーゼル燃料中におけるパルミチン酸メチルとステアリン酸メチルを合計した含有率が10重量%以上25重量%以下であることを特徴とするバイオディーゼル燃料。

【請求項2】
目詰まり点が5℃以下である請求項1に記載のバイオディーゼル燃料。

【請求項3】
さらに軽油を含む請求項1または2に記載のバイオディーゼル燃料。

【請求項4】
動物性油脂をメタノールとエステル交換反応してバイオディーゼル燃料を製造する方法において、バイオディーゼル燃料中におけるパルミチン酸メチルとステアリン酸メチルの合計の含有率を10重量%以上25重量%以下に調整することを特徴とするバイオディーゼル燃料の製造方法。

【請求項5】
パルミチン酸メチルとステアリン酸メチルの合計の含有率の調整が、晶析又は他の成分との混合によるものである請求項に記載のバイオディーゼル燃料の製造方法。

【請求項6】
動物性油脂を原料として、メチルエステル化して得られる脂肪酸エステルを含むバイオディーゼル燃料について、バイオディーゼル燃料中におけるパルミチン酸メチルとステアリン酸メチルの各含有量を測定し、合計した含有率を求め、下記式(1)に代入することによって目詰まり点を予測する方法。


国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

21947_11SUM.gif
出願権利状態 登録
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close