TOP > 国内特許検索 > 画像処理による稜線・尾根線の判定方法とその装置

画像処理による稜線・尾根線の判定方法とその装置 UPDATE

国内特許コード P08P006186
整理番号 A-011
掲載日 2008年11月14日
出願番号 特願2007-118007
公開番号 特開2008-276436
登録番号 特許第4904449号
出願日 平成19年4月27日(2007.4.27)
公開日 平成20年11月13日(2008.11.13)
登録日 平成24年1月20日(2012.1.20)
発明者
  • 竹下 伸一
出願人
  • 国立大学法人 宮崎大学
発明の名称 画像処理による稜線・尾根線の判定方法とその装置 UPDATE
発明の概要 【課題】衛星や航空機などから撮影した単一画像による稜線・尾根線の判定方法とその装置を提供する。
【解決手段】コンピュータに入力された衛星や航空機などから撮影した画像上の任意の位置を矩形の領域で指定する領域指定ステップと、該領域を等間隔に複数のラインを作成するステップと、該ライン上の画像の輝度値を抽出する輝度抽出ステップと、抽出された輝度値を平滑化及び基準化するステップと、基準化された輝度値を用いて前記ライン上の陵点・尾根点を判定し、該判定された陵点・尾根点を連結して前記領域内の稜線・尾根線の判定するステップから構成される。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要


従来、資源調査・環境調査を実施する際には、まず対象とする地域の地形情報を把握することが基本となる。しかしながら地形図や標高データの入手が困難な地域、とくに途上国などにおいてはこれらの情報の把握には非常な困難を伴った。そのため航空写真や人工衛星からの画像を使用する技術が注目され、数々の方法が提案されている。



例えば、空中写真を基本地図画像に変換し、この写真から特徴的な領域を抽出する工程と、3次元情報または勾配とを合成する工程から特徴的地形の判別を行なう方法が提案されている(特許文献1参照。)。また、高度上空から地表を撮影した観察画像に基づいて、農地等の土地区画のデータを作成する土地区画データ作成方法も提案されている(特許文献2参照。)。



【特許文献1】
特開2003-140544号公報
【特許文献2】
特開2003-256807号公報

産業上の利用分野


本発明は、コンピュータを用いた画像処理による稜線・尾根線の判定方法とその装置に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
コンピュータに入力された画像上の任意の位置を領域指定する領域指定ステップと、該領域内に等間隔のラインを複数作成するステップと、該ライン上の画像の輝度値を抽出する輝度抽出ステップと、抽出された輝度値を平滑化及び基準化するステップと、基準化された輝度値を用いて前記ライン上の陵点・尾根点を判定し、該判定された陵点・尾根点を連結して前記領域内の稜線・尾根線を判定するステップと、から構成され、前記ライン上の陵点・尾根点の判定は、前記基準化した輝度値のうち輝度値の高いグループから輝度値の低いグループへの変位点のうち最後に出現する高い輝度値の変位点を選択することを特徴とする画像処理による稜線・尾根線の判定方法。

【請求項2】
コンピュータに入力された画像は衛星や航空機などによって上空から対象地を撮影した画像であることを特徴とする請求項1記載の画像処理による稜線・尾根線の判定方法。

【請求項3】
コンピュータに入力された画像は単一画像であることを特徴とする請求項1又は2に記載の画像処理による稜線・尾根線の判定方法。

【請求項4】
コンピュータに入力された画像はデジタル画像であることを特徴とする請求項1ないし3に記載の画像処理による稜線・尾根線の判定方法。

【請求項5】
画像上の任意の位置を領域指定する領域指定手段と、該領域内に等間隔のラインを複数作成する手段と、該ライン上の画像の輝度値を抽出する輝度抽出手段と、抽出された輝度値を平滑化及び基準化する手段と、基準化された輝度値を用いて前記ライン上の陵点・尾根点を判定し、該判定された陵点・尾根点を連結して前記領域内の稜線・尾根線を判定する手段と、から構成され、前記ライン上の陵点・尾根点の判定は、前記基準化した輝度値のうち輝度値の高いグループから輝度値の低いグループへの変位点のうち最後に出現する高い輝度値の変位点を選択することを特徴とする画像処理による稜線・尾根線の判定装置。

【請求項6】
画像は、稜線・尾根線の判定対象地を上空から撮影した画像であることを特徴とする請求項5に記載の画像処理による稜線・尾根線の判定装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2007118007thum.jpg
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close