TOP > 国内特許検索 > 描画制御装置

描画制御装置

国内特許コード P08P005358
整理番号 5042
掲載日 2008年12月12日
出願番号 特願2005-300325
公開番号 特開2007-109069
登録番号 特許第4701395号
出願日 平成17年10月14日(2005.10.14)
公開日 平成19年4月26日(2007.4.26)
登録日 平成23年3月18日(2011.3.18)
発明者
  • 尾下 真樹
出願人
  • 学校法人九州工業大学
発明の名称 描画制御装置
発明の概要

【課題】使用者の操作感覚と合致した入力手段の操作に基づいて、操作対象オブジェクトと目標オブジェクトとの動作が使用者の意図通りに描画制御することができる描画制御装置を提供する。
【解決手段】ストロークの始点座標と終点座標に位置するオブジェクトに基づき動作が決定され、決定された動作が描画されるので、使用者はマウス、ペンタブレッド等の入力機器でストロークを描くだけで、直感的に操作対象のオブジェクト及び操作目標のオブジェクトを相互作用的に動作させるために操作することができる。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


背景技術となる情報処理装置が、特開2004-102719号公報に開示されている。以下、この背景技術の情報処理装置について説明する。



背景技術の情報処理装置は、使用者の入力位置及び入力距離を検出する二次元入力手段と、ディスプレイに表示されている操作対象となるキャラクタの現在の表示位置を記録する表示位置記憶手段と、この表示位置記憶手段に記録されているキャラクタの現在位置と、二次元入力手段で検出した入力位置及び入力距離に基づいて決定したディスプレイ上の表示位置にキャラクタを表示制御する制御手段とを備える構成である。



この情報処理装置によれば、二次元入力手段で検出した入力位置及び入力距離に基づき使用者の入力に合致するようにキャラクタを動かすことができる。

【特許文献1】特開2004-102719号公報

産業上の利用分野


本発明は、入力機器から取得可能な情報に基づきキャラクタ等のオブジェクトの動作を描画制御する描画制御装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
マウス等の入力機器からストロークの始点座標及び終点座標を取り込む入力部と、
画面上に表示され、前記入力部で取り込まれた始点座標を含むオブジェクトを、操作対象物の動作を決定するための操作対象オブジェクトとして特定する操作対象オブジェクト特定部と、
画面上に表示され、前記入力部で取り込まれた終点座標を含むオブジェクトを、操作対象物の動作を決定するための操作目標オブジェクトとして特定する操作目標オブジェクト特定部と、
前記操作対象オブジェクトと前記操作目標オブジェクトとの組み合わせに応じて、当該組み合わせの各要素に関連付いた前記操作対象物の動作の内容を記憶する動作条件ファイルと、
前記操作対象オブジェクト特定部が特定した操作対象オブジェクトと前記操作目標オブジェクト特定部が特定した操作目標オブジェクトとの組み合わせに基づいて、前記動作条件ファイルから該当する動作の内容を決定する動作決定部と、
前記動作の内容に応じた複数動作データを記録する動作データ記憶手段と、
前記動作決定部で決定された動作の内容に基づき、前記動作データ記憶手段から対応する動作データを読み出して、前記動作決定部が決定した動作の内容に対応する前記操作対象物の動作データを生成する動作データ生成部と、
前記動作データ生成部で生成された動作データを描画する動作描画部とを備える描画制御装置。


【請求項2】
請求項1に記載の描画制御装置において、
前記入力部が前記ストロークの軌跡及び/又は速度を取り込み、
前記動作条件ファイルが前記操作対象オブジェクトと前記操作目標オブジェクトとの組み合わせ、並びに前記ストロークの軌跡及び/又は速度に応じて、前記組み合わせの各要素、並びにストロークの軌跡及び/又は速度に関連付いた前記操作対象物の動作の内容を記憶し、
前記動作決定部が前記操作対象オブジェクトと前記操作目標オブジェクトとの組み合わせ、並びに前記ストロークの軌跡及び/又は速度に基づいて、前記動作条件ファイルから該当する動作の内容を決定することを特徴とする描画制御装置。


【請求項3】
コンピュータを、
マウス等の入力機器からストロークの始点座標及び終点座標を取り込む入力部と、
画面上に表示され、前記入力部で取り込まれた始点座標を含むオブジェクトを、操作対象物の動作を決定するための操作対象オブジェクトとして特定する操作対象オブジェクト特定部と、
画面上に表示され、前記入力部で取り込まれた終点座標を含むオブジェクトを、操作対象物の動作を決定するための操作目標オブジェクトとして特定する操作目標オブジェクト特定部と、
前記操作対象オブジェクトと前記操作目標オブジェクトとの組み合わせに応じて、当該組み合わせの各要素に関連付いた前記操作対象物の動作の内容が記憶された動作条件ファイルと、
前記操作対象オブジェクト特定部が特定した操作対象オブジェクトと前記操作目標オブジェクト特定部が特定した操作目標オブジェクトとの組み合わせに基づいて、前記動作条件ファイルから該当する動作の内容を決定する動作決定部と、
前記動作の内容に応じた複数動作データを記録する動作データ記憶手段と、
前記動作決定部で決定された動作の内容に基づき、前記動作データ記憶手段から対応する動作データを読み出して、前記動作決定部が決定した動作の内容に対応する前記操作対象物の動作データを生成する動作データ生成部と、
前記動作データ生成部で生成された動作データを描画する動作描画部として機能させるための描画制御プログラム。


【請求項4】
マウス等の入力機器からストロークの始点座標及び終点座標を取り込む入力ステップと、
画面上に表示され、前記入力ステップで取り込まれた始点座標を含むオブジェクトを、操作対象物の動作を決定するための操作対象オブジェクトとして特定する操作対象オブジェクト特定ステップと、
画面上に表示され、前記入力ステップで取り込まれた終点座標を含むオブジェクトを、操作対象物の動作を決定するための操作目標オブジェクトとして特定する操作目標オブジェクト特定ステップと、
前記操作対象オブジェクトと前記操作目標オブジェクトとの組み合わせに応じて、当該組み合わせの各要素に関連付いた前記操作対象物の動作の内容が記憶された動作条件ファイルから、前記操作対象オブジェクト特定ステップで特定された操作対象オブジェクトと前記操作目標オブジェクト特定ステップで特定された操作目標オブジェクトとの組み合わせに基づいて、該当する動作の内容を決定する動作決定ステップと、
前記動作の内容に応じた複数動作データを記録する動作データ記憶手段から、前記動作決定ステップで決定された動作の内容に基づき、対応する動作データを読み出して、前記動作決定ステップが決定した動作の内容に対応する前記操作対象物の動作データを生成する動作データ生成ステップと、
前記動作データ生成ステップで生成された動作データを描画する動作描画ステップとを含む描画制御方法。
産業区分
  • 計算機応用
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005300325thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
詳細は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close