TOP > 国内特許検索 > 注釈表示装置およびこれを用いた注釈表示システム

注釈表示装置およびこれを用いた注釈表示システム

国内特許コード P08P005390
整理番号 GI-H18-50
掲載日 2009年1月9日
出願番号 特願2006-242148
公開番号 特開2008-065567
登録番号 特許第4972738号
出願日 平成18年9月6日(2006.9.6)
公開日 平成20年3月21日(2008.3.21)
登録日 平成24年4月20日(2012.4.20)
発明者
  • 木島 竜吾
出願人
  • 国立大学法人岐阜大学
発明の名称 注釈表示装置およびこれを用いた注釈表示システム
発明の概要 【課題】対象物と、この対象物に対応した注釈情報とを一体的に認識可能とすると共に、構成を簡略化することで可搬性を高め、取り扱い性を向上させ得る注釈表示装置およびこれを用いた注釈表示システムを提供する。
【解決手段】光学的に認識した対象物に対応する注釈情報を出力する注釈表示装置において、出力光ORを出力する光線出力手段30と、この光線出力手段30からの出力光ORを対象物で反射した反射光RRが入力される光線入力手段40と、この光線入力手段40に入力された反射光RRから認識される対象物に対応する注釈情報を表示するように光線出力手段30を制御する制御手段50とを備えるようにした。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


携帯電話等を使用して、自分(以下、ユーザーと云う)が興味を持つ対象物についての情報を取得する方法が知られている。この方法は、対象物を認識するための情報を符号化したコード等を、対象物に予め付与し、該コードを携帯電話の撮影機能により読み取り、更に携帯電話の通信機能を利用した検索によって、この対象物(対象物情報)に対応的に関連付けられた情報(以下、注釈情報と云う)を取得して携帯電話画面上に表示するものである。このように、物や場所等の注釈情報を取得して表示するシステムは注釈表示システムと呼ばれ、一般に(1)注釈情報を取得したい対象物の認識、(2)認識した対象物に対応する注釈情報の検索、(3)検索された注釈情報の表示の各段階から構成される。

産業上の利用分野


この発明は、物等を認識し、これに関連付けられた情報を表示する注釈表示装置およびこれを用いた注釈表示システムに関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
光学的に認識した対象物(O)に対応する注釈情報(AI)を出力する注釈表示装置において、
出力光(OR)を出力する光線出力手段(30)と、
前記光線出力手段(30)に設けられ、前記出力光(OR)を偏向させ走査する偏向手段(34)と、
前記光線出力手段(30)からの出力光(OR)を前記対象物(O)で反射した反射光(RR)が入力される光線入力手段(40)と、
前記光線入力手段(40)に入力された反射光(RR)から認識される対象物(O)に対応する注釈情報(AI)を表示するよう前記光線出力手段(30)を制御する制御手段(50)と
前記光線出力手段(30)の運動を計測する運動計測手段(70)とを備える
ことを特徴とする注釈表示装置。

【請求項2】
前記光線出力手段(30)から出力される出力光(OR)の経路上に、該出力光(OR)および反射光(RR)を分離する入出力光分離手段(32)で分離した反射光(RR)を前記光線入力手段(40)に入力するようにした請求項1記載の注釈表示装置。

【請求項3】
前記光線出力手段(30)は、前記対象物(O)の光学的読み取り時の出力光(OR)の強度と、前記注釈情報(AI)の表示時の出力光(OR)の強度とが異なるように制御手段(50)で制御される請求項1または2記載の注釈表示装置。

【請求項4】
前記光線出力手段(30)は、前記偏向手段(34)によって前記出力光(OR)を沿わせた方向の直交方向に分割された複数の情報を、連続して出力することにより注釈情報(AI)を表示するように制御される請求項1~3の何れか一項に記載の注釈表示装置。

【請求項5】
請求項1~の何れか一項に記載の注釈表示装置を備えると共に、光線出力手段(30)からの出力光(OR)を対象物(O)に付与したIDタグ(TG)で反射させた反射光(RR)を光線入力手段(40)に入力させることで対象物(O)を認識する
ことを特徴とする注釈表示システム。

【請求項6】
請求項1~4の何れか一項に記載の注釈表示装置を備えると共に、光線出力手段(30)からの出力光(OR)を対象物(O)に付与したIDタグ(TG)で反射させた反射光(RR)を光線入力手段(40)に入力させることで対象物(O)を認識する該注釈表示装置(20)が備える偏向手段(34)は、該偏向手段(34)によって一定方向に沿わせた出力光(OR)の向きと、前記IDタグ(TG)を読み取る向きとが一致するようにした
ことを特徴とする注釈表示システム。

【請求項7】
前記IDタグ(TG)には、再帰反射性が付与されている請求項5または6記載の注釈表示システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006242148thum.jpg
出願権利状態 登録
岐阜大学産官学連携推進本部では、岐阜大学における知的財産の創出・管理・活用のマネジメントをしています。上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先に整理番号とともにご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close