TOP > 国内特許検索 > 核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法

核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法 コモンズ

国内特許コード P08S000139
整理番号 A161P11
掲載日 2009年2月27日
出願番号 特願2002-572395
登録番号 特許第3956214号
出願日 平成13年3月13日(2001.3.13)
登録日 平成19年5月18日(2007.5.18)
国際出願番号 JP2001001974
国際公開番号 WO2002073183
国際出願日 平成13年3月13日(2001.3.13)
国際公開日 平成14年9月19日(2002.9.19)
発明者
  • 梅澤 喜夫
  • 青木 寛
出願人
  • 独立行政法人科学技術振興機構
発明の名称 核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法 コモンズ
発明の概要

任意の配列を有する核酸を特異的に検出できる簡便で汎用性の高い方法として、電極に少なくとも核酸単鎖を結合して得られる修飾電極を、分析物核酸単鎖と酸化還元マーカーを含有する溶液に接触させ、酸化還元マーカーの酸化還元反応を測定する。

特許請求の範囲 【請求項1】 電極に少なくとも核酸単鎖を結合して得られる修飾電極を、分析物核酸単鎖と酸化還元マーカーを含有する溶液に接触させ、酸化還元マーカーの酸化還元反応を測定することを特徴とする核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項2】 電極は、金ディスク電極である請求項1の核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項3】 修飾電極には核酸単鎖とともに、分析物核酸単鎖と相補性を有さない分子を結合する請求項1または2のいずれかの核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項4】 核酸単鎖および分析物核酸単鎖と相補性を有さない分子は、電極表面に混合単分子膜を形成している請求項3の核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項5】 分析物核酸単鎖と相補性を有さない分子が6-メルカプト-1-ヘキサノールである請求項3または4のいずれかの核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項6】 核酸単鎖がペプチド核酸単鎖である請求項1ないし5のいずれかの核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項7】 分析物核酸単鎖の濃度が10-11~10-2Mである請求項1ないし6のいずれかの核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項8】 分析物核酸単鎖がDNA単鎖である請求項1ないし7のいずれかの核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項9】 酸化還元マーカーが〔Fe(CN)64-/3-である請求項1ないし8のいずれかの核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項10】 〔Fe(CN)64-/3-の濃度が0.1~1mMである請求項9の核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
【請求項11】 酸化還元反応は、ボルタンメトリーにより測定する請求項1ないし10のいずれかの核酸塩基対相補性の電気化学的検出方法。
産業区分
  • 試験、検査
  • 微生物工業
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2002572395thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
参考情報 (研究プロジェクト等) CREST 内分泌かく乱物質 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close