TOP > 国内特許検索 > 極細繊維の製造方法

極細繊維の製造方法 コモンズ

国内特許コード P08A014287
整理番号 NI0600042
掲載日 2009年3月13日
出願番号 特願2006-248272
公開番号 特開2007-262644
登録番号 特許第4876252号
出願日 平成18年9月13日(2006.9.13)
公開日 平成19年10月11日(2007.10.11)
登録日 平成23年12月9日(2011.12.9)
優先権データ
  • 特願2006-052741 (2006.2.28) JP
発明者
  • 大越 豊
  • 高崎 緑
  • 木村 睦
  • 平井 利博
出願人
  • 国立大学法人信州大学
発明の名称 極細繊維の製造方法 コモンズ
発明の概要

【課題】溶媒を用いることなく、極めて細径でありながら径の均一性が高く、また物性的にも優れた極細繊維を提供する。
【解決手段】極細繊維製造方法は、原料繊維1である熱可塑性高分子に赤外線11を照射して溶融させ、熱可塑性高分子1とターゲット9の間に高電圧を印加し、高電圧の電場の引力により熱可塑性高分子をターゲット9上に曳いて細化する。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要


熱可塑性の原料樹脂を溶融紡糸により繊維化し、その繊維を高速の気体によって吹き飛ばして捕集板上でシート状に捕集して不織布を一貫連続して製造する方法は、メルトブローン法といわれて、例えば特許文献1に開示されている。また、例えば特許文献2に示されているエレクトロスピニング法は、溶液紡糸法を採用して繊維化し、不織布を連続して製造する方法である。




【特許文献1】特開昭49-10258号公報

【特許文献2】特開2005-330624号公報

産業上の利用分野


本発明は、溶媒を使用することなく、極めて細径でありながら径の均一性が高く、また物性的にも優れた極細繊維、およびその製造方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
ノズルから吐き出された熱可塑性高分子融液に、赤外線を照射して該熱可塑性高分子融液の温度を該熱可塑性高分子の結晶融解温度もしくは軟化温度よりも50~500K高い温度まで昇温させて充分に低粘度化した熱可塑性高分子融液とターゲットとの間に高電圧を印加するとともに、空気流を付与することで該低粘度化した熱可塑性高分子融液を加速させ、該高電圧の電場の引力により該熱可塑性高分子融液を該ターゲットに曳いて5μm以下に細化することを特徴とする極細繊維を製造する方法。

【請求項2】
該熱可塑性高分子融液の温度を該熱可塑性高分子の結晶融解温度もしくは軟化温度よりも100~300K高い温度まで昇温させることを特徴とする請求項1に記載の極細繊維を製造する方法。

【請求項3】
ノズルがエクストルーダのノズルであること特徴とする請求項1に記載の極細繊維を製造する方法。

【請求項4】
ノズルと該ターゲットとの距離が2~300mmであることを特徴とする請求項に記載の極細繊維を製造する方法。

【請求項5】
該赤外線がレーザービームであることを特徴とする請求項1に記載の極細繊維を製造する方法。

【請求項6】
該レーザービームが炭酸ガスレーザーであることを特徴とする請求項に記載の極細繊維を製造する方法。

【請求項7】
該ノズルの先端部が挿入された筒状空間部に、その一端と他端近傍とに空気流入口を設けるとともに、該ノズルの下方にレーザビームの照射口と電極とを順次設けたメルトブローダイを用い、該ノズルから吐き出された熱可塑性高分子融液に、該照射口からレーザビームを照射し、該空気流入口から空気流を流入しつつ、該電極と該ノズルとの間に直流電流を印加して電場を形成することを特徴とする請求項1に記載の極細繊維を製造する方法。

【請求項8】
該高電圧が1~40kVであり、かつ該高電圧の平均電場が0.05~1.0kV/mmであることを特徴とする請求項1に記載の極細繊維を製造する方法。

【請求項9】
該ターゲットが捕集板であり、その捕集板の上に、前記により細化した該極細繊維が無秩序に捕捉されることを特徴とする請求項1に記載の極細繊維を製造する方法。

【請求項10】
該ターゲットがボビンであり、そのボビンに、前記により細化した該極細繊維が巻き取られることを特徴とする請求項1に記載の極細繊維を製造する方法。

【請求項11】
該空気流の速度が0.1~500m/secであり、該空気流の温度が0~600℃であることを特徴とする請求項に記載の極細繊維を製造する方法。
産業区分
  • 高分子化合物
  • 布製品
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006248272thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close