TOP > 国内特許検索 > アルコール類の製造方法

アルコール類の製造方法 実績あり

国内特許コード P000000618
整理番号 E027P25
掲載日 2003年10月21日
出願番号 特願平09-359656
公開番号 特開平11-189559
登録番号 特許第4052703号
出願日 平成9年12月26日(1997.12.26)
公開日 平成11年7月13日(1999.7.13)
登録日 平成19年12月14日(2007.12.14)
発明者
  • 池平 秀行
  • 村田 邦彦
  • 碇屋 隆雄
  • 大熊 毅
  • 野依 良治
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構
  • 住友化学株式会社
  • 関東化学株式会社
  • JFEスチール株式会社
発明の名称 アルコール類の製造方法 実績あり
発明の概要 【課題】 高純度、高収率で光学活性アルコール類を製造する実用性に優れた方法を提供する。
【解決手段】 一般式
【化1】
(式中、R1 、R2 は水素原子、ハロゲン原子、置換基を有していてもよい炭化水素基または複素環基、もしくはRO-またはRO-CO-で、Rは、置換基を有していてもよい炭化水素基または複素環基を示し、R1 およびR2 は、結合して環を形成していてもよく、ただ、R1 およびR2 がともにハロゲン原子となることがないことを示す。)で表されるカルボニル化合物を遷移金属触媒と含窒素有機化合物と塩基の存在下に水素と反応させて水素化し、対応するアルコール類を製造する。
従来技術、競合技術の概要


均一系触媒を使用してカルボニル化合物類の水素化により対応するアルコール類を製造することは周知である。例えば(1) Comprehensive Organometallic Chemistry, Vol. 4,931頁(1982), Eds.G.Wilkinson, F.G.A.Stone and E.W.Abel に記載されたルテニウム錯体を用いる方法、(2)Inorg,Nucl.Chem.Letters,Vol.12,865頁(1976);J.Organomet. Chem., Vol.129, 239頁(1977);Chem.Letters,261頁(1982)およびTetrahedron Letters, Vol.35,4963頁(1994)に記載されたロジウム錯体を用いる方法、(3) J.Am.Chem.Soc.,Vol.115,3318頁(1993)に記載されたイリジウム錯体を用いる方法等が知られている。また、(4)J.Am.Chem.Soc.,Vol.117,2675-2676頁(1995)に記載されるホスフィンおよびジアミン配位子の存在下に水素化する方法なども知られている。



しかしながらこれらの従来の方法では、錯体触媒の水素化活性が低く、比較的高温あるいは高い水素圧を必要とするため実用的には必ずしも適さないという問題点がある。さらに、前記(4)文献記載との方法は、選択性および活性の点で優れているもののホスフィン-ルテニウム錯体を用いているので、毒性の観点から特に安全とは言えず、かつ、工業的に回収使用する場合にも難点がたった。



そこで、この出願の発明は、上記従来技術における欠点を克服し、安価で実用的なルテニウム錯体を使用し、極めて高活性な触媒系を提供し、この触媒系を用いてのアルコール類の製造方法を提供することを目的としている。

産業上の利用分野


この出願の発明は、カルボニル化合物を医薬、農薬あるいは多くの汎用化学品の合成中間体として有用なアルコー類に高収率にしかも高速に水素化することのできるアルコール類の製造方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
液体反応媒体中において、下式
RuX
(式中、Xは水素、ハロゲン原子、カルボキシル基、ヒドロキシ基、またはアルコキシ基を示し、Lは、オレフィン類配位子または芳香族化合物配位子を示し、m、nは、各々、1~6の整数を示す。)で表される遷移金属触媒と、一般式NR3 4 5 で示される第1級アミンまたは第2級アミン、および一般式NR6 7 N-Z-NR8 9 で示されるジアミン(R3 、R4 、R5 、R6 、R7 、R8 、R9 は、それぞれ独立に水素、炭素数1~10のアルキル基、シクロアルキル基、アリル基、またはアリール基を示す。Zは炭素数1~5のアルキル基、シクロアルキル基、またはアリール基を示す。)から選ばれる少なくとも1種の含窒素有機化合物と塩基と気体水素の存在下にカルボニル化合物を気体水素と反応させて対応するアルコール類に水素化することを特徴とするアルコール類の製造方法。

【請求項2】
遷移金属触媒の配位子Lは、オレフィン系環状化合物である請求項1のアルコール類の製造方法。

【請求項3】
オレフィン系環状化合物は、シクロヘキセン、1,3-シクロヘキサジエン、1,5-シクロオクタジエン、シクロオクタトリエン、またはノルボナジエンである請求項2のアルコール類の製造方法。

【請求項4】
遷移金属触媒の配位子Lは、ベンゼン、p-シメン、メシチレン、ナフタレン、またはアントラセンである請求項1のアルコール類の製造方法。

【請求項5】
塩基がアルカリ金属もしくはアルカリ土類金属の水酸化物または塩、あるいは四級アンモニウム塩である請求項1ないし4のいずれかのアルコール類の製造方法。

【請求項6】
カルボニル化合物が一般式
【化1】


(式中、R1 、R2 は水素原子、ハロゲン原子、置換基を有していてもよい炭化水素基または複素環基、もしくはRO-またはRO-CO-で、Rは、置換基を有していてもよい炭化水素基または複素環基を示し、R1 およびR2 は、結合して環を形成していてもよく、ただし、R1 およびR2 がともにハロゲン原子となることがないことを示す。)で表わされる請求項1ないし5のいずれかのアルコール類の製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

20518_06SUM.gif
出願権利状態 登録
ライセンス状況 通常実施権[S00-02]
参考情報 (研究プロジェクト等) ERATO 野依分子触媒プロジェクト 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close