TOP > 国内特許検索 > 新規ルテニウム系触媒およびそれを用いた1,1-ジチオ-1-アルケンの製造方法

新規ルテニウム系触媒およびそれを用いた1,1-ジチオ-1-アルケンの製造方法 コモンズ

国内特許コード P09A014487
整理番号 1551
掲載日 2009年5月8日
出願番号 特願2007-288167
公開番号 特開2008-155201
登録番号 特許第5328135号
出願日 平成19年11月6日(2007.11.6)
公開日 平成20年7月10日(2008.7.10)
登録日 平成25年8月2日(2013.8.2)
優先権データ
  • 特願2006-321644 (2006.11.29) JP
発明者
  • 近藤 輝幸
  • 福田 崇
  • 和田 健司
  • 光藤 武明
出願人
  • 国立大学法人京都大学
発明の名称 新規ルテニウム系触媒およびそれを用いた1,1-ジチオ-1-アルケンの製造方法 コモンズ
発明の概要

【課題】新規触媒及び当該触媒を用いた1,1-ジチオ-1-アルケンの製造方法を提供する。
【解決手段】式(I):

で表される錯体に、式(II):

で表される配位子を加えることにより得られるルテニウム系触媒、並びに、該触媒及びルテニウム上の配位子X基の交換を可能とする化合物の存在下、溶媒中にてアルキン及びジスルフィド類を反応させる1,1-ジチオ-1-アルケンの製造方法。
【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


末端アルキンへのジスルフィド類の付加反応については古くから研究が行われており、PdおよびRh錯体触媒を用いる1,2-cis付加反応(非特許文献1、2)により、ま
たラジカル反応条件下やGaCl触媒を用いる1,2-trans付加反応(非特許文献3
)により、それぞれ対応する(Z)-1,2-ジチオ-1-アルケン((Z)-3)、および(E)-1,2-ジチオ-1-アルケン((E)-3)が高立体選択的に高収率で得られることが報告されている(スキーム1、上式)。



一方、末端アルキンへのジスルフィド類の1,1-付加反応が進行すれば、複素環化合物等の構築に有用な合成中間体である1,1-ジチオ-1-アルケン、すなわちケテンジチオアセタール(4)が得られると考えられるが、(4)の合成については、目的とする(4)と等モル量のケイ素、リンおよびホウ素の酸化物を副生成物として排出するという問題を有する化学量論的な合成法(非特許文献4)しか知られておらず、これまで(4)の触媒的合成に関する成功例は報告されていない(スキーム1、下式)。



【化学式1】




1,1-ジチオ-1-アルケン(ケテンジチオアセタール)は、医農薬や機能性材料の合成において、重要な基本骨格となり得る化合物であり、例えば、1,1-ジチオ-1-アルケンを医薬中間体であるβ-ラクタム合成に用いたり(特許文献1)、ケテンモノアセタールを各種糖類の合成中間体として用いたり(特許文献2)、さらにジチオアセタール骨格(部分骨格)を有するポリチオール類をチオウレタン系光学材料の原料として用いること(特許文献3)等が知られている。



したがって、副生成物を一切排出することのない、原子効率100%で進行する高選択的かつ高収率な1,1-ジチオ-1-アルケンの触媒的製造方法が現在所望されている。

【特許文献1】特開平7-61966号公報

【特許文献2】特開平5-86020号公報

【特許文献3】特開2004-2820号公報

【非特許文献1】Kuniyasu H. et al, J. Am. Chem. Soc., 113, 9796 (1991)

【非特許文献2】Arisawa M. et al, Org. Lett., 3, 763 (2001)

【非特許文献3】Usugi S. et al, Org. Lett., 6, 601 (2004)

【非特許文献4】Kolb M., Synthesis 171 (1990)

産業上の利用分野


本発明は、新規ルテニウム系触媒、当該触媒を用いる1,1-ジチオ-1-アルケンの製造方法、および当該製造方法により得られる1,1-ジチオ-1-アルケンに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
以下の式(I):
【化学式1】


(式中、Cp*はペンタメチルシクロペンタジエニルを示し、Xは塩素基、臭素基、ヨウ素基またはヒドリド基を示し、codは1,5-シクロオクタジエンを示す)
で表される錯体に、以下の式(II):
【化学式2】


(式中、
1およびR2は、水素であるか、または4、5員環または6員環の環状を形成していてもよく、
3およびR4は同一または異なって、水素、アルキル基、アリール基、ハロゲン基、アルコキシ基、メチルチオ基、アミノ基である)
で表される配位子を加えることにより得られる、末端アルキンへのジスルフィド類の1,1-付加反応に用いるためのルテニウム系触媒。

【請求項2】
式(II)で表される配位子が、2,2’-ビピリジン、4,4’-ジメチル-2,2’-ビピリジン、5,5’-ジメチル-2,2’-ビピリジン、6,6’-ジメチル-2,2’-ビピリジン、4,4’-ビス(ヒドロキシメチル)-2,2’-ビピリジン、4,4’-ジ(メチルチオ)-2,2’-ビピリジン、4,4’-ジフェニル-2,2’-ビピリジン、4,4’-ジ(1-ピロリジル)-2,2’-ビピリジン、4,4’-ビス(1,3-ジオキソラン-2-イル)-2,2’-ビピリジン、4,4’-ジヒドロキシ-2,2’-ビピリジン、4,4’-ジカルボキシ-2,2’-ビピリジン、6,6’-ジアミノ-2,2’-ビピリジン、1,10-フェナントロリン、2,9-ジクロロ-1,10-フェナントロリンからなる群より選ばれるものである、請求項1に記載のルテニウム系触媒。

【請求項3】
以下の式(III’)
【化学式3】


(式中、Xは塩素基、臭素基、ヨウ素基またはヒドリド基を示す)または、
式(III’’):
【化学式4】


(式中、Xは塩素基、臭素基、ヨウ素基またはヒドリド基を示す)
で表される、末端アルキンへのジスルフィド類の1,1-付加反応に用いるためのルテニウム系触媒。

【請求項4】
請求項1~3のいずれかに記載のルテニウム系触媒、およびルテニウム上の配位子X基の交換を可能とする化合物の存在下、溶媒中にて以下の式(IV):
【化学式5】


(式中、Rは、アリール基、アルキル基、シクロアルキル基、アルケニル基、シクロアルケニル基、アラルキル基、複素環基を示す)
で表される末端アルキンと以下の式(V):
【化学式6】


(式中、R’は同一または異なって、アリール基、アルキル基、シクロアルキル基、アルケニル基、シクロアルケニル基、アラルキル基、複素環基を示す)
で表されるジスルフィド類とを反応させることを特徴とする、1,1-ジチオ-1-アルケンの製造方法。

【請求項5】
ルテニウム上の配位子X基の交換を可能とする化合物が、ヘキサフルオロリン酸ナトリウム、ヘキサフルオロリン酸アンモニウム、ヘキサフルオロリン酸銀、テトラフルオロボウ酸ナトリウム、テトラフルオロホウ酸アンモニウム、テトラフルオロホウ酸銀、トリフルオロメタンスルホン酸銀からなる群より選ばれるものである、請求項4に記載の方法。

【請求項6】
溶媒が、アルコール、芳香族炭化水素、エーテル、アミドからなる群より選択される少なくとも1種である、請求項4または5に記載の方法。

産業区分
  • その他無機化学
  • 有機化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

23519_29SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close