TOP > 国内特許検索 > 往復機械用振動除去装置

往復機械用振動除去装置

国内特許コード P09P006659
整理番号 E-037
掲載日 2009年10月9日
出願番号 特願2008-067238
公開番号 特開2009-222135
登録番号 特許第5103653号
出願日 平成20年3月17日(2008.3.17)
公開日 平成21年10月1日(2009.10.1)
登録日 平成24年10月12日(2012.10.12)
発明者
  • 岡部 匡
出願人
  • 国立大学法人 宮崎大学
発明の名称 往復機械用振動除去装置
発明の概要

【課題】単一のスライダ・クランク機構で駆動される往復機械において、発生する振動を除去する装置を提供する。
【解決手段】クランク機構のクランク軸に設けられたつり合い錘と、該クランク軸と平行に配設され、第一の回転伝達機構によって夫々前記クランク軸の回転数と同一回転数、且つ逆方向に回転する一対の1次バランスシャフトと、該1次バランスシャフトの軸方向中央部に保持され、第二の回転伝達機構によって前記クランク軸の回転数の2倍の回転数で1次バランスシャフトと逆方向に回転する一対の2次バランスシャフトを備え、前記1次バランスシャフトと2次バランスシャフトの夫々の重心位置が、クランク機構のスライダ部重心軸に対して対称位置であり、且つ前記クランク機構のコンロッドとクランクの運動平面と同一平面上とされる。
【選択図】 図2

従来技術、競合技術の概要


エンジン、ポンプ、空気圧縮機など、回転運動を往復運動へ、または往復運動を回転運動に変換する機構として、スライダ・スランク機構が広く利用されている。この機構においては、往復運動部(スライダ)、クランク、コネクティングロッド(以下コンロッドと呼ぶ)の運動に起因した不つり合い慣性力を励振力として、有害な振動や騒音が発生する。この不つり合い慣性力は、クランクのクランク軸の回転と同期した1次成分以外に、クランク軸1回転あたり偶数回変動する高次成分を有する。



例えば、自動車用の多気筒エンジンのように、複数個のスライダ・クランク機構を直列に連結した機械の場合、各気筒の位相をずらすことによって、上記の不つり合い慣性力の1次成分のつり合わせを行なうことが可能であり、振動を低減することができる。



しかしながら、単気筒エンジンのように単一のスライダ・クランク機構のみで構成される往復機械の場合、上記の不つり合い慣性力の1次および高次成分をつり合わせを行なうことは困難である。



そこで、エンジンのクランクケースとリコイルスタータとの間に、クランク軸に連動して、互いに反対方向に、かつ回転位相に対称に回転する一対の重錘をクランク軸と等しい回転速度で回転して設け、エンジンの往復運動部分の運動と、この往復運動方向における重錘の運動を互いに反対方向に設けたバランサー付エンジンが提案されている(特許文献1参照。)。




【特許文献1】特開平05-149387号公報

産業上の利用分野


本発明は、スライダ・クランク機構で駆動される往復機械の振動除去装置であって、とくに単一のスライダ・クランク機構の振動を防止する往復機械用振動除去装置に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
スライダ・クランク機構を用いた往復機械において、該クランク機構のクランク軸に設けられた一対のつり合い錘と、該クランク軸と平行に配設され、該クランク軸と1次バランスシャフトに設けられた歯車対、又はプーリーとタイミングベルトから構成される第一の回転伝達機構によって夫々前記クランク軸の回転数と同一回転数、且つ逆方向に回転する一対の1次バランスシャフトと、該1次バランスシャフトの軸方向中央部に保持され、前記2次バランスシャフトの端部に設けられた外歯車と、該外歯車と歯合すると同時に前記1次バランスシャフトを挿通し、架台に固定された内歯車とから構成される第二の回転伝達機構によって前記クランク軸の回転数の2倍の回転数で1次バランスシャフトと逆方向に回転する一対の2次バランスシャフトを備え、前記1次バランスシャフトと2次バランスシャフトの夫々の重心位置が、クランク機構のスライダ部重心軸に対して対称位置であり、且つ前記クランク機構のコンロッドとクランクの運動平面と同一平面上とされたことを特徴とする往復機械用振動除去装置。

【請求項2】
前記1次バランスシャフトおよび2次バランスシャフトは、柱状部材の重心位置を回転軸から径方向にずらして形成されたことを特徴とする請求項1記載の往復機械用振動除去装置。
産業区分
  • 機構・伝動
  • 内燃機関
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008067238thum.jpg
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close