TOP > 国内特許検索 > 磁性体を用いた非接触磁気浮上方法及びこれを用いた非接触磁気浮上装置

磁性体を用いた非接触磁気浮上方法及びこれを用いた非接触磁気浮上装置

国内特許コード P09A014778
掲載日 2009年11月5日
出願番号 特願2006-211230
公開番号 特開2008-042995
登録番号 特許第4940428号
出願日 平成18年8月2日(2006.8.2)
公開日 平成20年2月21日(2008.2.21)
登録日 平成24年3月9日(2012.3.9)
発明者
  • 小森 望充
出願人
  • 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 磁性体を用いた非接触磁気浮上方法及びこれを用いた非接触磁気浮上装置
発明の概要

【課題】磁性を有する固定体と浮上体内に配置されている磁気発生要素を単独で又は組み合わせて相互の反発力及び振動に対する減衰力を制御する磁性体を用いた非接触磁気浮上方法及びこれを用いた非接触磁気浮上装置を提供する。
【解決手段】それぞれ磁性を有する固定体11と浮上体12aを対向配置し相互に働く磁気力によって浮上体12aを浮上させる非接触磁気浮上方法及びこれを用いた装置10において、固定体11及び浮上体12aは、それぞれ1又は2以上の磁極を有する磁気発生要素を単独で又は組み合わせて配置し、固定体11に対する浮上体12aの変位に対する磁気ばね定数Kと、振動に対する減衰係数Cを所定の範囲に入るように制御する。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


磁性体を用いた非接触磁気浮上方法は、機械軸受の代替、電力の貯蔵フライホールの浮上、搬送物体の浮上、リニアモータ等の分野で使用されている。これらの従来技術については、例えば、特許文献1(超電導体磁石装置)、特許文献2(超電導磁気浮上装置並びにその超電導体の磁化方法)等がある。




【特許文献1】特開平11-74114号公報

【特許文献2】特開平8-288124号公報

産業上の利用分野


本発明は、永久磁石又は超電導磁石を用い、物体が平面上を浮上、又は物体(軸)が軸受内で隙間を有して回転する磁性体を用いた非接触磁気浮上方法及びこれを用いた非接触磁気浮上装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
それぞれ磁性を有する固定体と浮上体を対向配置し相互に働く磁気力によって前記浮上体を浮上させる非接触磁気浮上方法において、
前記固定体及び前記浮上体は、それぞれ1又は2以上の磁極を有する磁気発生要素を単独で又は組み合わせて配置し、前記固定体の前記磁気発生要素によって発生する磁束と同一磁場方向又は逆向き磁場方向になるように、前記浮上体の磁気発生要素の磁化状態を静磁場着磁法若しくはパルス磁場着磁法により変えて、又は、前記固定体の磁気発生要素の磁化状態を静磁場着磁法若しくはパルス磁場着磁法により変えて、前記固定体に対する前記浮上体の磁気ばね定数Kと、振動に対する減衰係数Cを調整し、しかも、前記磁気発生要素は、それぞれ対向する面に磁極を有する複数の永久磁石、永久磁石と超電導磁石の組み合わせ、又は複数の超電導磁石からなることを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項2】
請求項記載の非接触磁気浮上方法において、前記磁気発生要素は、一つの磁極面にNS2つの極性を有することを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項3】
請求項1又は2記載の非接触磁気浮上方法において、前記固定体及び前記浮上体のいずれか一方又は双方は一つの分離不可分の剛体からなることを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項4】
請求項1又は2記載の非接触磁気浮上方法において、前記固定体及び前記浮上体の磁気発生要素は、それぞれ独立に着磁されていることを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項5】
請求項1~のいずれか1項に記載の非接触磁気浮上方法において、前記浮上体は回転体であり、前記固定体及び前記浮上体の磁気発生要素は、前記回転体の回転中心を基準に軸対称に配置されていることを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項6】
請求項1~のいずれか1項に記載の非接触磁気浮上方法において、前記浮上体は、前記固定体の上を横移動することを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項7】
請求項1~のいずれか1項に記載の非接触磁気浮上方法において、前記固定体と前記浮上体の間に良導体を配置したことを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項8】
請求項1~のいずれか1項に記載の磁性体を用いた非接触磁気浮上方法を使用した磁性体を用いた非接触磁気浮上装置。
産業区分
  • 発電、電動
  • 鉄道
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006211230thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
詳細は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close