TOP > 国内特許検索 > ヘキサヒドロキシジフェノイル化合物

ヘキサヒドロキシジフェノイル化合物 コモンズ

国内特許コード P09A014821
整理番号 KG0060
掲載日 2009年11月13日
出願番号 特願2008-287597
公開番号 特開2009-132707
登録番号 特許第5448420号
出願日 平成20年11月10日(2008.11.10)
公開日 平成21年6月18日(2009.6.18)
登録日 平成26年1月10日(2014.1.10)
優先権データ
  • 特願2007-292231 (2007.11.9) JP
発明者
  • 山田 英俊
出願人
  • 学校法人関西学院
発明の名称 ヘキサヒドロキシジフェノイル化合物 コモンズ
発明の概要 【課題】本発明は、文献未記載の新規ヘキサヒドロキシジフェノイル化合物を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明のヘキサヒドロキシジフェノイル化合物は、一般式(I)



[式中、Rは、フェノール性水酸基の保護基を示す。Rは、RO-基又はROCH-基を示す。R及びRは、共に水酸基の保護基を示す。nは1又は0を示す。但し、nが1を示す場合、RはRO-基を示し、nが0を示す場合、RはROCH-基を示すものとする。]
で表される光学活性な化合物である。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要



ヘキサヒドロキシジフェノイル(HHDP)基は、エラジタンニン類に共通して含まれる化学構造の一部を構成している。エラジタンニン類については、ポリフェノール類に関する最近のブームに乗って、抗酸化性、抗菌性、抗腫瘍性等の種々の薬理作用が報告されている(例えば、非特許文献1、非特許文献2、非特許文献3、非特許文献4等)。

【非特許文献1】

. S. Feldman, Phytochemistry, 2005, 66, 1984-2000

【非特許文献2】

. Taniguchi, Yakugaku Zasshi, 2005, 125, 499-507

【非特許文献3】

. Ito, Natural Medicines, 2005, 59, 57-62

【非特許文献4】

. Yoshida, T. Hatano, H. Ito, Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi, 2004, 62, 500-507

産業上の利用分野



本発明は、ヘキサヒドロキシジフェノイル化合物に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
一般式(I)
【化1】


[式中、Rは、フェノール性水酸基の保護基を示す。Rは、RO-基又はROCH-基を示す。R及びRは、各々水酸基の保護基を示す。nは1又は0を示す。但し、nが1を示す場合、RはRO-基を示し、nが0を示す場合、RはROCH-基を示すものとする。]
で表される、光学活性なヘキサヒドロキシジフェノイル化合物。

【請求項2】
前記R、R及びRは、アリールアルキル基、アルキル基、アルコキシアルキル基、アリールアルキルオキシアルキル基、アルケニル基、アルキニル基、シリル基、アルカノイル基、アリールカルボニル基、又はテトラヒドロピラニル基である、請求項1に記載のヘキサヒドロキシジフェノイル化合物。

【請求項3】
前記R、R及びRは、ベンジル基、p-メトキシベンジル基、p-ニトロベンジル基、メチル基、tert-ブチル基、メトキシメチル基、エトキシエチル基、ベンジルオキシメチル基、アリル基、プロパルギル基、tert-ブチルジメチルシリル基、アセチル基、ベンゾイル基、又はテトラヒドロピラニル基である、請求項1又は2に記載のヘキサヒドロキシジフェノイル化合物。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

24354_29SUM.gif
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close