TOP > 国内特許検索 > ヘッドホン装置

ヘッドホン装置 実績あり

国内特許コード P09A014837
掲載日 2009年11月20日
出願番号 特願2007-047650
公開番号 特開2008-211642
登録番号 特許第4910146号
出願日 平成19年2月27日(2007.2.27)
公開日 平成20年9月11日(2008.9.11)
登録日 平成24年1月27日(2012.1.27)
発明者
  • 佐藤 寧
  • 龍 敦子
出願人
  • 学校法人九州工業大学
発明の名称 ヘッドホン装置 実績あり
発明の概要

【課題】ヘッドホン装置からの外部に対する音響の漏れを生じないようにする。
【解決手段】本発明が適用されたいわゆるインナー型のヘッドホン装置では、人の耳に挿入される円筒状の匣体1を有し、この円筒状の匣体1の挿入方向側の開放端に向けて匣体1の内径にほぼ沿う形状の小型スピーカ2が設けられる。そしてこの小型スピーカ2の背面側、すなわち匣体1の耳への挿入方向とは逆の側に、匣体1の内径にほぼ沿う形状のリング状の圧電素子(例えばピエゾ素子)3が設けられ、この圧電素子3に膜材4が貼着される。この膜材4を小型スピーカ2に対して逆相で駆動することによって、小型スピーカ2から放出された音波を相殺し、外部である小型スピーカ2の背面側(外部)への音響の漏れを防止する。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


例えば携帯音響装置と共に使用されるヘッドホン装置においては、従来から内蔵スピーカで放出される音響が外部に漏れることが問題とされている。



これに対して、ヘッドホンを装着した状態における外部への音漏れを少なくする装置として、音漏れする周波数帯域を予め予想し、当該音漏れ周波数帯域を減衰する減衰フィルタを設けることが提案されている(例えば、特許文献1参照。)。この特許文献1に記載された発明は、音漏れする音響そのものがスピーカから放出されないようにするものであるが、これでは放出される音響自体の品質の劣化を招くなどの問題が生じる。



一方、ヘッドホン装置において、周囲の音響を内臓スピーカの近傍に設けたマイクロホンで収音し、その収音された音響と逆相の信号を内蔵スピーカに供給することによって、周囲の音響を相殺しているものがある(例えば、特許文献2参照。)。この特許文献2の発明では、周囲の音響を相殺しているので、スピーカから放出される音響を明瞭に聴取することができるが、外部への音漏れに対しては何ら考慮してはいない。




【特許文献1】特許第2745753号公報

【特許文献2】特開平5-145985号公報

産業上の利用分野


本発明は、例えば携帯音響装置と共に使用して好適なヘッドホン装置に関する。詳しくは、内蔵スピーカと外部との間に振動板を設け、この振動板を内蔵スピーカと逆相で駆動することによって、内蔵スピーカから放出される音響が外部に漏れないようにするものである。

特許請求の範囲 【請求項1】 [手続補正20111101]  人の耳に挿入される円筒状の匣体を有し、 前記円筒状の匣体の一方の開放端に向けて設けられた前記円筒状の内径にほぼ沿う形状のスピーカと、 前記スピーカの背面側に設けられ前記円筒状の内径にほぼ沿う形状のリング状の圧電素子及び該圧電素子に貼着され、音波を通過させる透孔が設けられた膜材からなる振動発生手段とからなり、 前記振動発生手段の前記圧電素子に貼着された膜材を前記スピーカと逆相で駆動する ことを特徴とするヘッドホン装置。
【請求項2】 [手続補正20111101]  前記振動発生手段の前記圧電素子に貼着された膜材の駆動は、前記スピーカに供給される駆動信号を前記圧電素子に供給して行う ことを特徴とする請求項記載のヘッドホン装置。
【請求項3】 [手続補正20111101]  前記圧電素子への前記駆動信号の供給路にオンオフスイッチを設ける ことを特徴とする請求項記載のヘッドホン装置。
産業区分
  • 電子応用機器
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2007047650thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
詳細は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close