TOP > 国内特許検索 > 地図表示装置および地図表示方法

地図表示装置および地図表示方法

国内特許コード P09P006080
掲載日 2010年1月12日
出願番号 特願2008-186577
公開番号 特開2009-258583
登録番号 特許第5299993号
出願日 平成20年7月17日(2008.7.17)
公開日 平成21年11月5日(2009.11.5)
登録日 平成25年6月28日(2013.6.28)
優先権データ
  • 特願2007-185756 (2007.7.17) JP
  • 特願2008-072821 (2008.3.21) JP
発明者
  • 高橋 直久
  • 谷口 和也
出願人
  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • ヤフー株式会社
発明の名称 地図表示装置および地図表示方法
発明の概要

【課題】ある領域に多数の地物が存在する場合であっても、どのような地物が存在するかを利用者が把握することができる地図表示装置を提供する。
【解決手段】地図表示装置100は、情報記憶部であるデータベース140と、地図および表示アイコンを表示する地図表示部130と、アイコンが重畳するか否かを判定する重畳判定部110と、表示アイコンを作成するアイコン作成部120とから主に構成される。アイコン作成部120は、重畳判定部110が重畳すると判定した複数の葉ノードアイコンが複数の属性を有する場合、それら複数の属性を全て包含する上位の属性よりも下位であって、複数の葉ノードアイコンが有する属性よりも上位の属性を示す内部ノードアイコンを表示アイコンとして作成する。地図表示部130は、地図上において重畳アイコン群に対応する位置、すなわち重畳アイコンが表示されるべき位置に表示アイコンを表示する。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


従来、コンピュータの画面上に地図を表示する地図表示装置において、地図上に存在する地物を利用者に認知させるため、地物毎にアイコンを表示する構成が知られている。アイコンは、地図上における地物の位置および内容を示す画像である。この構成では、地図を複数の領域に分割し、表示すべきアイコンがその領域の中に多数存在する場合、全ての地物を代表するアイコンをその領域の中心に表示する(特許文献1)。

【特許文献1】特開2004-069561号公報

産業上の利用分野


本発明は、地物の存在を示すアイコンを地図上に表示する地図表示装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
地図を表示するために用いられる地図情報及び地物に関する情報である地物情報を記憶する情報記憶部と、
前記地図情報を用いて地図を表示し、そして前記地物情報に応じて前記地図上における地物の位置および内容を示すアイコンを表示する地図表示部と、
複数の地物の各々に対応する複数の葉ノードアイコンを前記地図表示部に表示した場合に、前記複数の葉ノードアイコンが重畳するか否かを判定する重畳判定部と、
重畳する複数の葉ノードアイコンから成る重畳アイコン群に異なる属性を有する葉ノードアイコンが含まれる場合、異なる属性を全て包含する上位の属性よりも下位であって、前記複数の葉ノードアイコンが有する属性よりも上位の属性を示す内部ノードアイコンを表示アイコンとして作成するアイコン作成部とを備え、
前記地図表示部は、前記重畳アイコン群に対応する位置に前記表示アイコンを表示する地図表示装置。

【請求項2】
前記アイコンは優先度を各々備え、
前記アイコン作成部は、内部ノードアイコンのうち、最も高い優先度を有する内部ノードアイコンを表示アイコンとして作成する請求項1に記載の地図表示装置。

【請求項3】
前記アイコン作成部は、前記表示アイコンが有する属性に含まれる地物の数を表す示度表示を、前記表示アイコンと併せて作成する請求項1に記載の地図表示装置。

【請求項4】
前記示度表示は、数値、色彩、または棒グラフである請求項3に記載の地図表示装置。

【請求項5】
前記アイコン作成部は、
最上部に位置する根ノードアイコンと、最底部に位置する葉ノードアイコンと、前記根ノードアイコンと前記葉ノードアイコンとの間に位置する内部ノードアイコンとに分類されるノードから構成されるツリー構造に従って、
前記地図表示部に表示すべき表示アイコンの数である表示アイコン数を予め定め、
前記表示アイコン数に応じて、下位の属性を示す内部ノードアイコンを表示アイコンとして作成する
請求項1に記載の地図表示装置。

【請求項6】
前記アイコン作成部は、前記地図表示部に表示された地図を複数の領域に区分し、1つの領域内に表示される複数の表示アイコンが重畳しているとみなして、表示アイコンを作成する請求項1に記載の地図表示装置。

【請求項7】
前記地図表示部は、人間が通行可能、又は交通手段を介して通行可能な経路であるパスを地図として表示し、
前記アイコン作成部は、前記地図表示部に表示されたパスを任意の範囲に区分し、1つの範囲内に表示される複数の表示アイコンが重畳しているとみなして、表示アイコンを作成する請求項6に記載の地図表示装置。

【請求項8】
前記アイコン作成部は、前記パスの通行路の両側各々に対して、表示アイコンを作成する請求項7に記載の地図表示装置。

【請求項9】
前記アイコン作成部は、前記任意の範囲に所定の高さ以上の建物が一定の割合以上で存在する場合、ビル街を表す表示アイコンを作成する請求項7に記載の地図表示装置。

【請求項10】
前記地図表示部は、前記地図において、前記複数の葉ノードアイコンに対応する地物上に前記表示アイコンを表示し、
前記アイコン作成部は、前記表示アイコンが表示される地物以外の地物であって、前記表示アイコンと同じ属性を有する地物に対して、前記表示アイコンよりも小さな縮小アイコンを作成し、
前記地図表示部は、前記表示アイコンが表示される地物以外の地物であって、前記表示アイコンと同じ属性を有する地物上に、前記縮小アイコンを表示する請求項1に記載の地図表示装置。

【請求項11】
前記縮小アイコンは円形、または矩形である請求項10に記載の地図表示装置。

【請求項12】
前記アイコン作成部は、
最上部に位置する根ノードアイコンと、最底部に位置する葉ノードアイコンと、前記根ノードアイコンと前記葉ノードアイコンとの間に位置する内部ノードアイコンとに分類されるノードから構成され、かつ前記ノードが自らの下位に属する全てのノードの数に応じた重みを備えるツリー構造に従って、
前記地図表示部に表示すべき表示アイコンの数である表示アイコン数を予め定め、
前記根ノードアイコンに前記表示アイコン数を割り当て、
前記表示アイコン数が割り当てられたノードの子ノードのうち重みが0でない子ノードの数が前記割り当てられた表示アイコン数以下であるときには、前記子ノードの重みに応じて前記表示アイコン数を割り当て、
重みが0でない子ノードの数が前記割り当てられた表示アイコン数よりも大きいとき、前記表示アイコン数が割り当てられたノードを表すアイコンを表示アイコンとして作成する
請求項1に記載の地図表示装置。

【請求項13】
前記アイコン作成部は、
前記地図表示部に表示された地図を複数の領域に区分し、1つの領域内に表示される複数の表示アイコンが重畳しているとみなし、
前記領域の面積に応じて、前記表示アイコン数を定める請求項12に記載の地図表示装置。

【請求項14】
クライアントに設けられた地図表示部に地図を表示するため用いられる地図情報及び地物に関する情報である地物情報を記憶する情報記憶部と、
複数の地物の各々に対応する複数の葉ノードアイコンを前記地図表示部に表示した場合に、前記複数の葉ノードアイコンが重畳するか否かを判定する重畳判定部と、
重畳する複数の葉ノードアイコンから成る重畳アイコン群に異なる属性を有する葉ノードアイコンが含まれる場合、異なる属性を全て包含する上位の属性よりも下位であって、前記複数の葉ノードアイコンが有する属性よりも上位の属性を示す内部ノードアイコンを表示アイコンとして作成するアイコン作成部とを備え、
前記地図表示部は、前記重畳アイコン群が表示されるべき位置に前記表示アイコンを表示する地図表示サーバ。

【請求項15】
請求項14に記載の地図表示サーバと、
前記地図情報を用いて地図を表示し、そして前記地物情報に応じて前記地図上における地物の位置および内容を示すアイコンを表示する地図表示部を有するクライアントとを備える地図表示システム。

【請求項16】
地図表示部に地図を表示するために用いられる地図情報及び地物に関する情報である地物情報を情報記憶部から読み出すステップと、
複数の地物の各々に対応する複数の葉ノードアイコンを前記地図表示部に表示した場合に、前記複数の葉ノードアイコンが重畳するか否かを判定するステップと、
重畳する複数の葉ノードアイコンから成る重畳アイコン群に異なる属性を有する葉ノードアイコンが含まれる場合、異なる属性を全て包含する上位の属性よりも下位であって、前記複数の葉ノードアイコンが有する属性よりも上位の属性を示す内部ノードアイコンを表示アイコンとして作成するステップと、
前記地図情報を用いて地図を前記地図表示部に表示するステップと、
前記重畳アイコン群が表示されるべき位置に前記表示アイコンを表示するステップとを備える地図表示方法。

【請求項17】
前記アイコンに優先度を各々与えるステップと、
前記アイコン作成部は、内部ノードアイコンのうち、最も高い優先度を有する内部ノードアイコンを表示アイコンとするステップとをさらに備える請求項16に記載の地図表示方法。

【請求項18】
最上部に位置する根ノードアイコンと、最底部に位置する葉ノードアイコンと、前記根ノードアイコンと前記葉ノードアイコンとの間に位置する内部ノードアイコンとに分類されるノードから構成されるツリー構造を用意するステップと、
作成する前記表示アイコンの表示アイコン数を定めるステップと、
自らの下位に属する全てのノードの数に応じた重みを前記ノードに与えるステップと、
前記根ノードアイコンに前記表示アイコン数を割り当てるステップと、
前記表示アイコン数が割り当てられたノードの子ノードのうち重みが0でない子ノードの数が前記割り当てられた表示アイコン数以下であるときには、前記子ノードの重みに応じて前記表示アイコン数を割り当てるステップと、
重みが0でない子ノードの数が前記割り当てられた表示アイコン数よりも大きいとき、前記表示アイコン数が割り当てられたノードを表すアイコンを表示アイコンとするステップとをさらに備える請求項16に記載の地図表示方法。

【請求項19】
請求項16から18に記載の地図表示方法を地図表示装置に実行させるためのプログラム。
産業区分
  • 運動娯楽用
  • 入出力装置
  • 測定
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008186577thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close