TOP > 国内特許検索 > シゾンを選択的に培養する培地

シゾンを選択的に培養する培地

国内特許コード P09A015121
整理番号 5
掲載日 2010年2月26日
出願番号 特願2005-048532
公開番号 特開2006-230267
登録番号 特許第4180060号
出願日 平成17年2月24日(2005.2.24)
公開日 平成18年9月7日(2006.9.7)
登録日 平成20年9月5日(2008.9.5)
発明者
  • 黒岩 常祥
  • 八木沢 芙美
  • 岡野 幸雄
  • 黒岩 晴子
  • 三角 修巳
出願人
  • 学校法人立教学院
発明の名称 シゾンを選択的に培養する培地
発明の概要

【課題】 この発明の目的は、他の生物の混入を防止して、シゾンのみを選択的に培養することが可能な培地を提供することである。
【解決手段】 培地は、サイトカラシンなどのアクチン重合阻害剤を含むとともに、シゾンが増殖可能な強酸性である。この培地に上記アクチン重合阻害剤を含有することによって、細胞分裂にアクチンリングを必要とする生物の増殖を阻害することができる。その結果、シゾンのみを、選択的に培養できることになる点に特徴を有する。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要


シゾンは、温泉に生息する単細胞の藻の一種であり、約20億年前に出現した真核生物の起源に最も近く位置する生物である。シゾンは、1つの細胞に核とミトコンドリアや葉緑体など真核生物に共通するオルガネラを最小単位で含んでいる単純な構造である。
このように、シゾンは、現在地球上に存在する全ての生物の生命の基になる物質を含んでいるとともに、構造が単純であるため、実験や解析がやりやすいという特徴を持っている。また、シゾンは、細胞壁を持っていないため、細胞内物質を取り出しやすいという生化学的な解析に有利であるとともに、本願の発明者らによってゲノム解読も完了しているので、その情報を基盤に応用的な研究に利用することも可能である。



つまり、シゾンは、真核細胞の基本原理の謎に迫るための実験材料として最適である。そこで、実験材料としてのシゾンを効率良く培養する必要性が生じる。
なお、シゾンは、pH1.5、温度45℃という極限環境に棲息するので、培養するためには強酸性の環境が必要である。このような強酸性の培地として、アレン培地を用いることがある。
上記アレン培地とは、強酸性の液体培地であり、その組成は、図8の表5に示すとおりである。なお、上記表5中のP4metalの組成を、図9の表6に示している。

産業上の利用分野


この発明は、シゾン(Cyanidioschyzon merolae)を選択的に培養するための培地に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
シゾンが増殖可能な強酸性であって、アクチン重合阻害剤を含んだことを特徴とするシゾンを選択的に培養する培地。

【請求項2】
上記アクチン重合阻害剤がサイトカラシンである請求項1に記載のシゾンを選択的に培養する培地。

【請求項3】
クエン酸を添加した請求項1または2に記載のシゾンを選択的に培養する培地。

【請求項4】
ゲル状を維持するための支持体を用いてプレート状にした請求項1~3のいずれか1に記載のシゾンを選択的に培養する培地。
産業区分
  • 微生物工業
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005048532thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
掲載情報について、詳しくお知りになりたい方は下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close