TOP > 国内特許検索 > ウシの優良産肉形質判定方法

ウシの優良産肉形質判定方法

国内特許コード P09A015158
掲載日 2010年3月5日
出願番号 特願2006-140503
公開番号 特開2007-306869
登録番号 特許第4863266号
出願日 平成18年5月19日(2006.5.19)
公開日 平成19年11月29日(2007.11.29)
登録日 平成23年11月18日(2011.11.18)
発明者
  • 相川 勝弘
  • 柴田 昌宏
  • 松本 和典
  • 林 孝
  • 寺田 文典
  • 岡 章生
出願人
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
  • 兵庫県
発明の名称 ウシの優良産肉形質判定方法
発明の概要

【課題】ウシPPARγ2遺伝子の遺伝的変異を利用したウシの優良産肉形質判定方法を提供する。
【解決手段】ウシがウシPPARγ2遺伝子の遺伝的変異(Ala18Val)を有するヘテロ変異体であるとき、月齢28~31ヶ月の範囲内のウシが出荷月齢逆依存的に冷屠体重の増加及び/又はバラ厚の増加を示すという特性を活用して、飼養期間の短縮を目標とした場合のウシの優良産肉形質を判定する。
【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


従来では、遺伝情報を活用したマイクロサテライトマーカーやAFLP(Amplified fragment length polymorphism)等の手法を用いて、ウシ産肉形質と関連するマーカーやプライマーの組合わせについて探索が行われている。



上述のマイクロサテライトマーカーを利用した手法では、マーカーの数を増加させることによって、精度の向上は望めるものの、染色体レベルから遺伝子レベルに到達することに多大な労力と費用を要し、産肉形質を制御する遺伝子を特定することは著しく困難である。また、AFLPを用いた手法では、適当な選択プライマーの数を増加させることによって、良好な産肉形質を持つ個体の識別精度が増すものの、原理的に産肉形質を制御する遺伝子に関する情報を得ることはできない。このように、遺伝情報を活用したマイクロサテライトマーカーやAFLP等の手法では、産肉形質に関与する遺伝子に関する情報を得ることは難しい。



一方、ウシ産肉形質に関与する遺伝子について、成長ホルモン遺伝子の多型(変異)と産肉形質との関連について報告がなされている(非特許文献1)。しかしながら、当該多型によって全てのウシが何れかに分類されることから、区分けが大きすぎ、優良なウシの特殊性を十分に説明することができない。



ところで、PPARγ2タンパク質は、転写因子として機能する脂肪細胞分化の主要な調節因子であり、脂肪細胞の分化を強く促進する(非特許文献2~4)。



非特許文献5には、ウシPPARγ2遺伝子の遺伝的変異(第18番目アミノ酸のアラニンからバリンへの置換:「Ala18Val」)をヘテロ変異で有する黒毛和種のウシは、バラ厚の有意な増加並びに冷屠体重及び脂肪交雑基準値の増加傾向を示すことが開示されている。また、ウシPPARγ2遺伝子の前記変異体の検出方法は特許文献1に開示されている。



しかしながら、当該遺伝的変異と出荷月齢逆依存的な冷屠体重又はバラ厚の増加との関連は知られていなかった。

【特許文献1】特許第3174854号公報

【非特許文献1】岡 章生ら, 「兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告(畜産編)」, 2005年, 第41号, p.6-9

【非特許文献2】Rosen EDら, 「Genes and Development」, 2000年, 第14巻, p.1293-1307

【非特許文献3】高田 伊知男ら, 「最新医学」, 1997年, 第52巻, p.12-19

【非特許文献4】Tontonoz Pら, 「Cell」, 1994年, 第7巻, p.1147-1156

【非特許文献5】相川 勝弘ら, 「日本畜産学会報」, 2004年, 第75巻, p.25-29

産業上の利用分野


本発明は、例えば、ウシ脂肪細胞分化制御因子(PPARγ2)遺伝子の遺伝的変異を利用したウシの優良産肉形質判定方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ウシ由来の生物学的サンプルにおいて、配列番号2に示されるアミノ酸配列における第18番目のアラニンがバリンに置換されたアミノ酸配列を含むタンパク質をコードする遺伝子の存在を検出する工程を含み、前記ウシが前記第18番目のアラニンからバリンへの置換についてヘテロ変異体であるとき、月齢28~31ヶ月の範囲内の前記ウシが出荷月齢逆依存的に冷屠体重の増加及び/又はバラ厚の増加を示すと評価する、ウシの優良産肉形質判定方法。

【請求項2】
上記第18番目のアラニンからバリンの置換は、配列番号1に示される塩基配列における第53番目の塩基がCからTに置換されることによるものであることを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項3】
上記ウシは、図3に示す家系図に属するウシ又はその子孫であることを特徴とする、請求項1記載の方法。
産業区分
  • 微生物工業
  • 食品
  • 試験、検査
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

24990_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close