TOP > 国内特許検索 > 歩行型動力運搬車

歩行型動力運搬車

国内特許コード P09A015170
掲載日 2010年3月5日
出願番号 特願2006-288759
公開番号 特開2008-105501
登録番号 特許第5164035号
出願日 平成18年10月24日(2006.10.24)
公開日 平成20年5月8日(2008.5.8)
登録日 平成24年12月28日(2012.12.28)
発明者
  • 田中 宏明
  • 中元 陽一
  • 松崎 健文
  • 岡 信光
  • 角川 修
  • 畔柳 武司
出願人
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 歩行型動力運搬車
発明の概要

【課題】走行空間の狭い石積み階段果樹園等において、運搬作業の軽労働化を図るため、旋回動作が不要な歩行型動力運搬車を提供する。
【解決手段】荷台10と、荷台10の下方に配備される駆動部(図示省略)によって駆動される走行部11と、荷台10及び走行部11を支持する機体12と、機体12の進行方向(矢印方向)前後両側にそれぞれ設けられる操作盤支持部13A,13Bと、操作盤支持部13A又は13Bに着脱自在に取り付けられ、機体12の進行方向に沿った切り替え操作によって走行部11を前進又は後進駆動させる操作盤14と、操作盤14を一方の操作盤支持部13Aから他方の操作盤支持部13Bに平行移動させる操作盤移動機構20と、を備える。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


歩行作業者が機体の後側に付いて走行操作を行う歩行型動力運搬車は、特に農作業用として広く普及しており、果樹園等での収穫物運搬作業等に用いられている。



中山間のカンキツ園は、傾斜地に立地していることが多く、高品質な果実生産が可能な反面、平坦地に比べて労働条件は不利である。とりわけ石積み階段園をはじめとする急傾斜園地は、日当たりや排水が良好で、優良・有名な産地を形成しているものの、今後も後継者を確保し、産地を維持・発展させていくためには農作業労働の軽減を図ることが必須の課題である。とくに収穫した果実の運搬作業では、傾斜がきつく、テラス幅の狭い石積み階段園で利用できる機械がなく、簡易な手押し式台車による人力運搬か、直接コンテナをかかえての運搬をせざるを得ないのが現状であり、極めて重労働となっている。このため、クローラ式の動力運搬車など、機械による労働の改善が求められている。



このような作業条件では乗用型の運搬車は安全性とコストの面で採用できない場合が多く、果樹園等での運搬作業には歩行型の動力運搬車が利用されている。歩行型動力運搬車の従来技術としては、下記の特許文献1,2等に記載のものが知られている。




【特許文献1】特開2006-224773号公報

【特許文献2】実開平5-44697号公報

産業上の利用分野


本発明は、歩行型動力運搬車に関し、特には、スイッチバック機能を備えた歩行型動力運搬車に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
荷台と、
該荷台の下方に配備される駆動部によって駆動される走行部と、
前記荷台及び前記走行部を支持する機体と、
該機体の進行方向に沿った切り替え操作によって前記走行部を前進又は後進駆動させる操作盤と、
該操作盤を前記機体の進行方向に対する前後方向の一端側から他端側に移動させる操作盤移動機構と、
前記機体の進行方向に対する前後方向の一端側に設けられ、該一端側に前記操作盤が移動している場合に該操作盤が固定可能となる第1の操作盤支持部と、
前記機体の進行方向に対する前後方向の他端側に設けられ、該他端側に前記操作盤が移動している場合に該操作盤が固定可能となる第2の操作盤支持部と、
を備え、
前記操作盤の位置は、前記機体の進行方向に対する前後方向の機体長の範囲内に常に位置する
ことを特徴とする歩行型動力運搬車。

【請求項2】
前記操作盤移動機構は、前記操作盤を支持して前記機体の幅方向に跨る門型フレームを備え、該門型フレームの端部を前記機体の前後中心位置に回動自在に軸支した回動フレームによって前記機体の進行方向に対する前後方向の一端側から他端側に移動可能であり、 前記操作盤移動機構が、前記機体の進行方向に対する前後方向の一端側から他端側に移動する際に、前記回動フレームに対して前記門型フレームが屈曲した状態で移動することによって、前記荷台に積荷された荷物の近傍を移動可能であること
を特徴とする請求項1に記載の歩行型動力運搬車。

【請求項3】
前記操作盤移動機構は、前記機体の前後中心位置に回動自在に軸支され前記操作盤を前記機体の進行方向に対する前後方向の一端側から他端側に移動させる平行リンクを備えることを特徴とする請求項1に記載の歩行型動力運搬車。
産業区分
  • その他運輸
  • 農林
  • 自動車
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006288759thum.jpg
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close