TOP > 国内特許検索 > アンテナ

アンテナ

国内特許コード P09A015333
掲載日 2010年3月12日
出願番号 特願2007-306655
公開番号 特開2009-010909
登録番号 特許第5320635号
出願日 平成19年11月27日(2007.11.27)
公開日 平成21年1月15日(2009.1.15)
登録日 平成25年7月26日(2013.7.26)
優先権データ
  • 特願2007-144379 (2007.5.31) JP
発明者
  • 松永 真由美
  • 横田 康裕
出願人
  • 国立大学法人愛媛大学
発明の名称 アンテナ
発明の概要

【課題】この発明は、簡易な構成でありながらヌル角が小さく、しかも円偏波による通信を可能とするアンテナを提供することを目的とする。
【解決手段】上述の課題を解決するため、この発明のアンテナ1は、十字の形状を形成するように周回する導線2を有するものであり、中心部より外部へ突き出している2本の線分が直角をなしている箇所が周回経路中に含まれており、この部分によってアンテナ1は、全方向における電波の送受信が行え、さらに、円偏波特性を有する。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


電子回路および送受信装置を小型の基板に配置したICタグはすでに普及が始まっており、たとえば、鉄道の運賃支払い等のための電子マネーとして用いるカードなどがあらわれている。さらに、商品管理や狂牛病・鳥インフルエンザ対策として畜産の分野での応用も期待されている。普及しているカードにはダイポールアンテナやループアンテナが使用されている。これらのアンテナは指向性が強く、特定の方向における感度は高いが、それ以外の方向における感度は低い。



また、特許文献1には直行させて配置した2本のダイポールアンテナを切り替えて使用することによって、全方向に対しての通信を可能にすることが記載されている。

【特許文献1】特開2006-39899号公開特許公報

産業上の利用分野


この発明は、ICタグ、ICリーダライタ、地上デジタルテレビジョン受信装置、全地球測位システムなどに使用する通信用アンテナに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
十字の形状を形成するように周回する導線を有し、中心部に給電部を有するアンテナ。

【請求項2】
十字の形状を形成する周回をうずまき状に複数回有する請求項1に記載のアンテナ。
産業区分
  • 伝送回路空中線
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2007306655thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
四国TLOは四国内20大学・高専のシーズをご紹介しております。シーズの詳細内容につきましては下記までお問い合わせください。
お問い合わせをお待ちしております。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close