TOP > 国内特許検索 > 電動車椅子の方向操作用の操作装置

電動車椅子の方向操作用の操作装置 新技術説明会

国内特許コード P10P007311
掲載日 2010年4月23日
出願番号 特願2008-242633
公開番号 特開2010-069220
登録番号 特許第4512702号
出願日 平成20年9月22日(2008.9.22)
公開日 平成22年4月2日(2010.4.2)
登録日 平成22年5月21日(2010.5.21)
発明者
  • 米田 和彦
出願人
  • 島根県
発明の名称 電動車椅子の方向操作用の操作装置 新技術説明会
発明の概要

【課題】車椅子等の足操作式方向操作を行い易くする。
【解決手段】この発明は車椅子等の足操作式の方向操作装置において、二次元方向に駆動操作される足載せ台3と、該足載せ台3の操作方向と操作量に応じて制御出力する制御装置と、該制御装置の制御出力により駆動制御されるモータその他のアクチュエータとを備えた方向操作用の操作装置において、足載せ台3に載せた足を左右方向に回動させることにより足載せ台3を回動操作する機構としたものである。
上記足載せ台3の両側に足載せ台3に対する足の回動操作時の横移動を規制する規制部材62を設け、規制部材62の左右幅を足幅に応じて調節可能に構成している。また足載せ台3の回動中心を足の踵部側に設け、足載せ台3の踵部側に足の踵側周面を当接する踵当て32を設け、爪先側に足の爪先側を当接する爪先当て29を設けた。
【選択図】図2

従来技術、競合技術の概要


従来、電動走行型車椅子のフットレスト部に装着され、二次元方向に駆動操作される足載せ台と、該足載せ台の操作方向と操作量に応じて制御出力する制御装置と、該制御装置の制御出力により移動方向と移動速度又は移動量を駆動制御されるモータその他のアクチュエータ等を備えた方向操作用の操作装置(方向操作装置)が公知である(例えば特許文献1)。
上記方向操作装置の足載せ台は、足の踵を位置決めする踵ストッパ(踵当て)と、足先を位置決めする足先ストッパ(爪先当て)の間隔を調節し、使用者毎に異なる足を大きさに合わせて固定することができ、方向操作時に踵ストッパと足先ストッパにより足の滑り外れを防止することができる構成となっている。

【特許文献1】特開2007-283089号公報

産業上の利用分野


本発明は、足載せ台を平面的に方向操作する電動車椅子の方向操作用の操作装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
電動走行する車椅子(2)のフットレスト(2a)上に取付けて設けられ、上下方向の回動支点軸(34)を回動支点とした左右水平方向に回動操作される足載せ台(3)と、該足載せ台(3)の回動操作方向と操作量に応じて車椅子(2)の操向を制御出力する制御装置と、該制御装置の制御出力により駆動制御されるモータその他のアクチュエータとを備えた電動車椅子の方向操作用の操作装置において、上記足載せ台(3)の回動中心を足載せ台(3)に載せられる使用者の足の踵部側に設け、足載せ台(3)に載せた足の踵を支点にして爪先側を左右水平方向に回動させることにより足載せ台(3)を回動操作するとともにその回動角に応じて操向する機構とした電動車椅子の方向操作用の操作装置。

【請求項2】
足載せ台(3)の爪先側の両側に足載せ台(3)に対する足の左右水平方向の回動操作時の横移動を規制する規制部材(62)を上方に突出させて設けた請求項1の電動車椅子の方向操作用の操作装置。

【請求項3】
規制部材(62)の左右幅を足の爪先側の足幅に応じて調節可能に構成した請求項1又は2の電動車椅子の方向操作用の操作装置。

【請求項4】
足載せ台(3)の踵部側に足の踵側周面を当接する踵当て(32)を設け、爪先側に足の爪先側を当接する爪先当て(29)を設けた請求項1又は2又は3の電動車椅子の方向操作用の操作装置。

【請求項5】
足載せ台(3)を、踵部側を中心に左右方向に回動する左右操作体(28)と、前部で左右操作体(28)の上面に前後方向に移動調節可能に設けられ、規制部材(62)と爪先当て(29)とを備えた足調節プレート(31)とによって構成する請求項1又は2又は3又は4の電動車椅子の方向操作用の操作装置。

【請求項6】
足載せ台(3)の下方に、左右方向にスライド駆動されることにより制御装置に対して左右の移動方向の入力をし、前後方向にスライド駆動されることにより前後進入力を行う入力部(6)を備えた操作ユニット(1a)と、該操作ユニット(1a)を下面側に固定的に取付けるベースプレート(7)と、該ベースプレート(7)上にベースプレート(7)に対する左右水平方向の回動の規制を受けながら前後方向スライド移動自在に取付けられ上記入力部(6)を前後方向に駆動させる前後操作体(27)と、該前後操作体(27)上に前後操作体(27)に対する前後方向の移動を規制されて所定範囲内で左右回動可能に支持され、左右回動によって入力部(6)を左右方向に駆動させる左右操作体(28)とを重ね合わせて配置してなる請求項1又は2又は3又は4又は5の電動車椅子の方向操作用の操作装置。

【請求項7】
足載せ台(3)を弾力的に左右方向及び前後方向の中立位置に保持するスプリング(48)を前後操作体(27)に設けた左右復帰ガイド溝(44)内に収容して設けた請求項6の電動車椅子の方向操作用の操作装置。

【請求項8】
足載せ台(3)を弾力的に前後方向の中立位置に保持させる復帰スプリング(48),(47)を、前後操作体(27)に穿設した復帰ガイド溝(44),(37)内に収容して設けた請求項6又は7の電動車椅子の方向操作用の操作装置。
産業区分
  • 治療衛生
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008242633thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close