TOP > 国内特許検索 > セキュリティレベル制御ネットワークシステム

セキュリティレベル制御ネットワークシステム 新技術説明会

国内特許コード P10P006893
整理番号 TDU-155
掲載日 2010年4月30日
出願番号 特願2008-262704
公開番号 特開2010-092337
登録番号 特許第4385111号
出願日 平成20年10月9日(2008.10.9)
公開日 平成22年4月22日(2010.4.22)
登録日 平成21年10月9日(2009.10.9)
発明者
  • 宮保 憲治
  • 上野 洋一郎
  • 鈴木 秀一
  • 田窪 昭夫
  • 和田 雄次
  • 森 建二
出願人
  • 東京電機大学
発明の名称 セキュリティレベル制御ネットワークシステム 新技術説明会
発明の概要 【課題】本発明は、データファイルを分割し、当該分割されたデータピースを複数のクライアント端末に分散転送するバックアップ技術を用い、データファイルを保有する管理ユーザのサービス要求に見合ったセキュリティレベルでのバックアップを可能にすることを目的とする。
【解決手段】本発明に係るセキュリティレベル制御ネットワークシステムは、データファイル保有サーバ10に保有されているデータファイルを分割し、当該分割したデータピースを複数のクライアント端末30に分散して送信するデータ配信サーバ20に、データファイル保有サーバ10から通知されたセキュリティレベルに応じてデータファイルの分割数を制御するセキュリティレベル決定手段を設けたことを特徴とする。<EMI LX=1100 HE=054 WI=069 ID=000002 LY=1742>
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要 【背景技術】
【0002】 現在、使用される社会インフラを構成するための各種システム構築に係る情報や各種の個人情報等のデータベース化が進んでいる。地方自治体や病院などの公共施設においても例外ではなく、住民の個人情報や医療情報といった各種のデータファイルを格納するデータベースを、災害時に迅速に復旧するためのバックアップが求められ、システムの障害がもたらす損失を減らすために、種々のバックアップシステムが提案されている。
【0003】 例えば、主及び副の2つのサイトを用意し、通信ネットワークを介して副サイトへデータファイルをバックアップするためのシステムや、GRID技術を用いて大規模データファイルをバックアップするためのシステムが提案されている(例えば、特許文献1参照。)。また、データファイルを分割し、当該分割されたデータピースを暗号化した後に、非常に多くのクライアント端末に分散転送するバックアップ技術が提案されている。
【特許文献1】特開2006-67412号公報
産業上の利用分野 本発明は、データファイルをバックアップするネットワークシステムに関し、特に、ディザスタリカバリ技術を用いて暗号レベル及びデータファイルの復元確率を管理ユーザが随意に変更できるネットワーク技術に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 通信ネットワークで接続されたデータファイル保有サーバ及びデータ配信サーバと、前記データ配信サーバと通信ネットワークで接続された複数のクライアント端末と、を備えるセキュリティレベル制御ネットワークシステムであって、 前記データファイル保有サーバは、 保有しているデータファイルのセキュリティレベルを前記データ配信サーバに通知するセキュリティレベル通知手段と、 前記データファイルを前記データ配信サーバに送信するデータファイル送信手段と、を備え、 前記データ配信サーバは、 前記データファイル送信手段からのデータファイルを受信するデータ配信サーバ受信手段と、 前記データ配信サーバ受信手段の受信するデータファイルを格納するデータ配信サーバ格納手段と、 前記セキュリティレベル通知手段からセキュリティレベルを取得すると、取得したセキュリティレベルに応じた前記データファイルの分割数を決定するセキュリティレベル決定手段と、 前記データ配信サーバ格納手段から前記データファイルを取得し、取得した前記データファイルを前記セキュリティレベル決定手段の決定する分割数に分割する分割手段と、 前記分割手段の分割したデータピースを前記複数のクライアント端末に分散して送信するデータピース送信手段と、を備え、 前記複数のクライアント端末は、 前記データピース送信手段からのデータピースを受信するクライアント端末受信手段と、 前記クライアント端末受信手段の受信するデータピースを格納するクライアント端末格納手段と、を備えることを特徴とするセキュリティレベル制御ネットワークシステム。
【請求項2】 前記セキュリティレベル通知手段は、データファイルの復元確率を、前記セキュリティレベルとして前記データ配信サーバにさらに通知し、 前記セキュリティレベル決定手段は、前記セキュリティレベルとしてデータファイルの復元確率を取得すると、取得した復元確率に応じたデータピースの複製数をさらに決定し、 前記データ配信サーバは、前記分割手段から前記データピースを取得し、取得した前記データピースのそれぞれを前記セキュリティレベル決定手段の決定する複製数に複製する複製手段をさらに備え、 前記データピース送信手段は、前記複製手段の複製したデータピースを、前記複数のクライアント端末に分散して送信することを特徴とする請求項1に記載のセキュリティレベル制御ネットワークシステム。
【請求項3】 前記複数のクライアント端末及び前記データ配信サーバと通信ネットワークで接続された監視サーバをさらに備え、 前記複数のクライアント端末は、 前記データ配信サーバからのデータピースを格納可能であるか否かの判定を指示する応答要求を前記監視サーバから受けると、前記データ配信サーバからのデータピースを格納可能であるか否かを判定し、当該判定結果を前記監視サーバに返信する応答手段をさらに備え、 前記監視サーバは、 前記複数のクライアント端末に、前記応答要求を送信し、前記応答手段からの判定結果を収集して、前記クライアント端末のそれぞれがデータピースを受信可能な状態であるか否かをリスト化するクライアント端末リスト作成手段と、 前記クライアント端末リスト作成手段の作成するクライアント端末リストを、前記データ配信サーバから参照可能な状態で格納するクライアント端末リスト格納手段と、を備え、 前記データ配信サーバにおける前記セキュリティレベル決定手段は、 前記クライアント端末リスト格納手段の格納するクライアント端末リストからデータピースを受信可能な状態の前記クライアント端末の数を取得し、 取得したデータピースを受信可能な状態の前記クライアント端末の数が自己の決定した前記分割数及び前記複製数によって生成されるデータピースの総数以上であるか否かを判定し、 取得したデータピースを受信可能な状態の前記クライアント端末の数が自己の決定した前記データピースの総数以上である場合は、前記分割手段に前記分割数を出力するとともに前記複製手段に前記複製数を出力し、 取得したデータピースを受信可能な状態の前記クライアント端末の数が自己の決定した前記データピースの総数未満である場合は、前記データファイル保有サーバに、セキュリティレベルが十分でない旨又はセキュリティレベルが十分でない旨及びその時点で対応可能なセキュリティレベルを通知することを特徴とする請求項2に記載のセキュリティレベル制御ネットワークシステム。
【請求項4】 前記データファイル保有サーバ及び前記データ配信サーバと通信ネットワークで接続されたウェブサーバをさらに備え、 前記データファイル保有サーバは、前記データファイル保有サーバ固有の情報及び予め定められたセキュリティレベルを格納するデータファイル保有サーバ認証手段をさらに備え、 前記セキュリティレベル通知手段は、前記データファイル保有サーバ認証手段に格納されている前記データファイル保有サーバ固有の情報及び前記セキュリティレベルを前記ウェブサーバに通知し、 前記ウェブサーバは、 前記データファイル保有サーバ固有の情報を予め格納する固有情報格納手段と、 前記セキュリティレベル通知手段からの前記データファイル保有サーバ固有の情報を受信すると、受信した前記固有の情報が前記固有情報格納手段に格納されているか否かを判定するウェブサーバ認証手段と、 前記セキュリティレベル通知手段からの前記データファイル保有サーバ固有の情報が前記固有情報格納手段に格納されていると前記ウェブサーバ認証手段が判定すると、前記セキュリティレベル通知手段からの前記セキュリティレベルを、前記データ配信サーバに通知するセキュリティレベル転送手段と、を備え、 前記セキュリティレベル決定手段は、前記セキュリティレベル転送手段からセキュリティレベルを取得することを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載のセキュリティレベル制御ネットワークシステム。
産業区分
  • その他情報処理
  • 記憶装置
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

25566_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
ライセンスご希望の方、またシーズの詳細に関することについては、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせくださいますよう,お願い申し上げます。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close