TOP > 国内特許検索 > ユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステム

ユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステム コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P10P007136
掲載日 2010年7月2日
出願番号 特願2008-313793
公開番号 特開2010-140119
登録番号 特許第5327668号
出願日 平成20年12月9日(2008.12.9)
公開日 平成22年6月24日(2010.6.24)
登録日 平成25年8月2日(2013.8.2)
発明者
  • 山口 亨
  • 藤本 泰成
出願人
  • 公立大学法人首都大学東京
発明の名称 ユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステム コモンズ 新技術説明会
発明の概要

【課題】ユーザが自主的に運動機能の維持や心身の活動活性を行って介護予防を図ることができるとともに、住居内の事故の際には迅速な通報が可能なユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステムを提供すること。
【解決手段】ユーザの身体情報を取得するユーザ情報入力部2と、取得した身体情報からユーザの意思又は状態を分析するユーザ認識部10、意思又は状態を判別する認定部11、把握したユーザの意思又は状態に対して対応すべき動作パターンを決定するサーバ側動作処理部13を有する総合制御部15と、決定された動作パターンに基づく動作をユーザに対して動きを通して表現するロボット(表現部)5と、を備え、ユーザ情報入力部2が、ユーザの画像を取得するカメラ6を備え、ユーザ認識部10が、画像からユーザの顔の向き、指差し方向を算出するジェスチャ認識部16を備えている。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


近年、高齢者を中心とした要介護者の増大に伴い、様々な施策が提案されている。そのような状況下、介護を要する状態を引き起こさないために、また,介護を要する状態の進展を防ぎその軽減を図るために自助努力を基軸としつつ、保険・医療・福祉等の視点からなされる多面的なアプローチである介護予防という考え方が広がりつつある。



介護予防の流れとして,(1)健康増進・生活習慣改善,(2)生活習慣病予防・健康診断(検診),(3)疾病の早期発見・早期医療,(4)早期リハビリ・自助自立,そして、(5)廃用症候予防・寝たきり予防,という順に行われるという見方がある。これによれば、介護予防のためには、正しい生活リズムの維持、自分自身の健康状態に対する自覚、運動機能を維持するリハビリテーションとその持続が必要になる.そして,転倒などの事故を生じたときには、迅速な対応が図られるよう、見守りが必要になる。



こうした介護予防や見守りをできるだけ人手を介さずに実現するため、様々な方法が提案されている。例えば、特許文献1に示すように、音声認識ならびに音声合成可能なロボットを介してユーザの在宅健康管理を行うことが提案されている。

【特許文献1】特開2004-337556号公報

産業上の利用分野


本発明は、ユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ユーザの身体情報を取得するユーザ情報入力部と、
取得した前記身体情報からユーザの意思又は状態を分析するユーザ認識部、
前記意思又は状態を判別する認定部、
把握したユーザの前記意思又は状態に対して対応すべき動作パターンを決定する動作処理部を有する総合制御部と、
決定された前記動作パターンをユーザに認識させて実行させるために該動作パターンと同じ動作をユーザに実演して見せる表現部と、
を備え、
前記ユーザ情報入力部が、ユーザの画像を取得するカメラ、ユーザの生体情報を取得する生体情報測定部及び個人を特定する情報を取得する個人データ取得部を備え、
前記身体情報は、前記カメラから得られるユーザの顔の向き及び指さし方向に関する情報、前記生体情報測定部から得られるユーザの生体情報、並びに個人データ取得部から得られる個人を特定する情報であり、
前記ユーザ認識部が、前記画像からユーザの顔の向き、指差し方向を算出するジェスチャ認識部を備えていることを特徴とするユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステム。

【請求項2】
前記ユーザ情報入力部が、ユーザの住居内の移動の有無及び住居内制御機器のオンオフ状態を検出するセンサ部を備えていることを特徴とする請求項1に記載のユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステム。


【請求項3】
前記総合制御部が、
予め入力された基準に対して把握した前記意思又は状態が正常又は異常であるかを判定する判定部と、
異常と判定した場合、予め許可された第三者にその旨を連絡する通知部と、
を備えていることを特徴とする請求項に記載のユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステム。
産業区分
  • 計算機応用
  • 工業用ロボット
  • その他通信
  • 入出力装置
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008313793thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close