TOP > 国内特許検索 > 仮想感覚提示装置

仮想感覚提示装置 コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P10S000412
掲載日 2010年7月2日
出願番号 特願2009-503877
登録番号 特許第4445582号
出願日 平成19年9月12日(2007.9.12)
登録日 平成22年1月22日(2010.1.22)
国際出願番号 JP2007067709
国際公開番号 WO2008111245
国際出願日 平成19年9月12日(2007.9.12)
国際公開日 平成20年9月18日(2008.9.18)
優先権データ
  • 特願2007-065842 (2007.3.14) JP
発明者
  • 渡邊 淳司
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 仮想感覚提示装置 コモンズ 新技術説明会
発明の概要 仮想の皮膚感覚・力感覚や仮想の平衡感覚を、確実に提示することができる仮想感覚提示装置を提供する。関係継続期間検出手段9が、スクロール画像用画像データD1とポインタ画像用画像データD2とに基づいて、スクロール画像中の特定領域画像に対して、ポインタ画像が予め定めた位置関係になった後、特定領域画像に対してポインタ画像が予め定めた位置関係ではなくなるまでの関係継続期間を検出する。画像表示装置3は、関係継続期間においてスクロール変更指令発生手段11からスクロール変更指令Cが入力指令として入力されているときには、スクロール変更指令Cに応じて、スクロール画像のスクロール速度及び/またはスクロール方向を変更する。
従来技術、競合技術の概要


A. Lecuyer, J. Burkhardt, 及びL. Etenne,著の “Feeling bumps and holes without a haptic interface: the perception of pseudo-haptics textures”, SIGCHI, 2004.(非特許文献1)には、ユーザの操作で移動するポインタの移動速度を変化させることで、凹凸感をユーザに感じさせる触覚提示手法が提案されている。またA. Lecuyer, S. Coquillart, A. Kheddar, P. Richard 及びP. Coiffet,著の "Pseudo-Haptic Feedback: Can Isometric Input Devices Simulate Force Feedback?", IEEE International Conference on Virtual Reality (IEEE VR), pages 83-90, 2000.(非特許文献2)には、ユーザの操作によって変化する画像の、変化の割合を変化させることで、ユーザに力覚(重い、軽いの感覚)を感じさせる手法が提案されている。しかしながらこれらの公知技術では、マウスのような操作用コントローラでポインタ画像(カーソル)の動きを制御する場合のように、コントローラを使用する場合にしか適用することができない。なお画像上の特定の位置に対してカーソルの動作速度を遅くする技術は、特開2000-148350号公報(特許文献1)、特開2006-268662号公報(特許文献2)等にも記載されているように、操作者の意図に応じてカーソルの移動量を制御できるようにする目的でも採用されている技術である。
【非特許文献1】
“Feeling bumps and holes without a haptic interface: the perception of pseudo-haptics textures”, SIGCHI, 2004.
【非特許文献2】
"Pseudo-Haptic Feedback: Can Isometric Input Devices Simulate Force Feedback?", IEEE International Conference on Virtual Reality (IEEE VR), pages 83-90, 2000.
【特許文献1】
特開2000-148350号公報
【特許文献2】
特開2006-268662号公報

産業上の利用分野


本発明は、視覚情報に基づいて、実際には発生していない現象を、あたかも実際に発生しているかのごとくに感じることを可能にする仮想感覚提示装置を提供することにある。

特許請求の範囲 【請求項1】
画像データと入力指令とに基づいて画面に画像を表示する画像表示装置と、
前記画面に、スクロールするスクロール画像を表示するために必要なスクロール画像用画像データを前記画像データとして前記画像表示装置に提供するスクロール画像用画像データ提供手段と、
前記スクロール画像を見ている操作者が操作するコントローラの動き、前記操作者が操作面上を移動させるスタイラスの動き、または前記操作者が操作面上を移動させる指の動きに応じて、前記スクロール画像上をコントロール可能に移動するポインタ画像を前記スクロール画像上に表示するために必要なポインタ画像用画像データを前記画像データとして前記画像表示装置に提供するポインタ画像用画像データ提供手段と、
前記スクロール画像用画像データと前記ポインタ画像用画像データとに基づいて、前記スクロール画像中の特定領域画像に対して、前記ポインタ画像が予め定めた位置関係になった後、前記特定領域画像に対して前記ポインタ画像が前記予め定めた位置関係ではなくなるまでの関係継続期間を検出する関係継続期間検出手段と、
前記関係継続期間検出手段が前記関係継続期間を検出しているときに、前記スクロール画像のスクロール速度及び/またはスクロール方向を変更するスクロール変更指令を発生するスクロール変更指令発生手段とを備え、
前記画像表示装置は、前記スクロール変更指令が前記入力指令として入力されているときには、前記スクロール変更指令に応じて、前記スクロール画像の前記スクロール速度及び/またはスクロール方向を変更し、
前記スクロール変更指令発生手段は、前記スクロール変更指令と一緒に前記特定領域画像または前記スクロール画像全体を振動させる画像振動指令を発生する機能を有し、
前記画像表示装置は、前記画像振動指令が前記入力指令として入力されているときには、前記特定領域画像または前記スクロール画像全体を振動させることを特徴とする仮想感覚提示装置。

【請求項2】
画像データと入力指令とに基づいて画面に画像を表示する画像表示装置と、
前記画面に、スクロールするスクロール画像を表示するために必要なスクロール画像用画像データを前記画像データとして前記画像表示装置に提供するスクロール画像用画像データ提供手段と、
前記スクロール画像を見ている操作者が操作するコントローラの動き、前記操作者が操作面上を移動させるスタイラスの動き、または前記操作者が操作面上を移動させる指の動きに応じて、前記スクロール画像上をコントロール可能に移動するポインタ画像を前記スクロール画像上に表示するために必要なポインタ画像用画像データを前記画像データとして前記画像表示装置に提供するポインタ画像用画像データ提供手段と、
前記スクロール画像用画像データと前記ポインタ画像用画像データとに基づいて、前記スクロール画像中の特定領域画像に対して、前記ポインタ画像が予め定めた位置関係になった後、前記特定領域画像に対して前記ポインタ画像が前記予め定めた位置関係ではなくなるまでの関係継続期間を検出する関係継続期間検出手段と、
前記関係継続期間検出手段が前記関係継続期間を検出しているときに、前記スクロール画像のスクロール速度及び/またはスクロール方向を変更するスクロール変更指令を発生するスクロール変更指令発生手段とを備え、
前記画像表示装置は、前記スクロール変更指令が前記入力指令として入力されているときには、前記スクロール変更指令に応じて、前記スクロール画像の前記スクロール速度及び/またはスクロール方向を変更し、
前記スクロール変更指令発生手段は、前記スクロール変更指令と一緒に前記特定領域画像の視覚的特徴を変更させる視覚的特徴変更指令を発生する機能を有し、
前記画像表示装置は、前記視覚的特徴変更指令が前記入力指令として入力されているときには、前記特定領域画像の前記視覚的特徴を変更することを特徴とする仮想感覚提示装置。

【請求項3】
前記スクロール変更指令による前記スクロール速度の変更は、前記特定領域画像を予め定めた時間停留させることを含む請求項1または2に記載の仮想感覚提示装置。

【請求項4】
前記予め定めた時間が300~400msである請求項に記載の仮想感覚提示装置。

【請求項5】
前記画像表示装置が、前記スクロール画像を前記画面に表示しているときに、前記スクロール速度に応じてテンポが変わる音響を出力する音響発生装置をさらに備えている請求項1または2に記載の仮想感覚提示装置。

【請求項6】
前記画像表示装置が、前記スクロール画像を前記画面に表示しているときに、前記スクロール速度に応じて音強が変わる音響を出力する音響発生装置をさらに備えている請求項1または2に記載の仮想感覚提示装置。

【請求項7】
画像データと入力指令とに基づいて画面に画像を表示する画像表示装置と、
前記画面に、スクロールするスクロール画像を表示するために必要なスクロール画像用画像データを前記画像データとして前記画像表示装置に提供するスクロール画像用画像データ提供手段と、
前記スクロール画像を見ている観察者と前記スクロール画像中の特定領域画像との位置関係を検出する位置関係検出手段と、
前記位置関係検出手段が検出する前記位置関係が、予め定めた位置関係になった後、前記予め定めた位置関係がなくなるまでの関係継続期間を検出する関係継続期間検出手段と、
前記関係継続期間検出手段が前記関係継続期間を検出しているときに、前記スクロール画像のスクロール速度及び/またはスクロール方向を変更するスクロール変更指令を発生するスクロール変更指令発生手段とを備え、
前記画像表示装置は、前記スクロール変更指令が前記入力指令として入力されているときには、前記スクロール変更指令に応じて、前記スクロール画像の前記スクロール速度及び/またはスクロール方向を変更することを特徴とする仮想感覚提示装置。

【請求項8】
画像データと入力指令とに基づいて画面に画像を表示する画像表示装置と、
前記画面に、スクロールするスクロール画像を表示するために必要なスクロール画像用画像データを前記画像データとして前記画像表示装置に提供するスクロール画像用画像データ提供手段と、
前記スクロール画像を見ている操作者が操作面上を移動させるスタイラスの動きと押圧力または前記操作者が操作面上を移動させる指の動きと押圧力とを検出する操作検出手段を含んで構成されて、前記操作検出手段の出力に基づいて、前記スクロール画像上をコントロール可能に移動するポインタ画像を前記スクロール画像上に表示するために必要なポインタ画像用画像データを前記画像データとして前記画像表示装置に提供するポインタ画像用画像データ提供手段と、
前記スクロール画像用画像データと前記ポインタ画像用画像データとに基づいて、前記スクロール画像中の特定領域画像に対して、前記ポインタ画像が予め定めた位置関係になった後、前記特定領域画像に対して前記ポインタ画像が前記予め定めた位置関係ではなくなるまでの関係継続期間を検出する関係継続期間検出手段と、
前記関係継続期間検出手段が前記関係継続期間を検出しているときに、前記操作検出手段が検出する前記押圧力に応じて前記スクロール画像のスクロール速度を変更するスクロール変更指令を発生するスクロール変更指令発生手段とを備え、
前記画像表示装置は、前記スクロール変更指令が前記入力指令として入力されているときには、前記スクロール変更指令に応じて、前記スクロール画像の前記スクロール速度を変更することを特徴とする仮想感覚提示装置。

【請求項9】
前記スクロール変更指令発生手段は、前記スクロール変更指令と一緒に前記特定領域画像または前記スクロール画像全体を振動させる画像振動指令を発生する機能を有し、
前記画像表示装置は、前記画像振動指令が前記入力指令として入力されているときには、前記特定領域画像または前記スクロール画像全体を振動させることを特徴とする請求項またはに記載の仮想感覚提示装置。

【請求項10】
前記スクロール変更指令発生手段は、前記スクロール変更指令と一緒に前記特定領域画像の視覚的特徴を変更させる視覚的特徴変更指令を発生する機能を有し、
前記画像表示装置は、前記視覚的特徴変更指令が前記入力指令として入力されているときには、前記特定領域画像の前記視覚的特徴を変更することを特徴とする請求項またはに記載の仮想感覚提示装置。

【請求項11】
前記スクロール変更指令による前記スクロール速度の変更は、前記特定領域画像を予め定めた時間停留させることを含む請求項またはに記載の仮想感覚提示装置。

【請求項12】
前記画像表示装置が、前記スクロール画像を前記画面に表示しているときに、前記スクロール速度に応じてテンポが変わる音響を出力する音響発生装置をさらに備えている請求項またはに記載の仮想感覚提示装置。

【請求項13】
前記画像表示装置が、前記スクロール画像を前記画面に表示しているときに、前記スクロール速度に応じて音強が変わる音響を出力する音響発生装置をさらに備えている請求項またはに記載の仮想感覚提示装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009503877thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close