TOP > 国内特許検索 > 漢方薬選択支援システム

漢方薬選択支援システム 新技術説明会

国内特許コード P100000551
掲載日 2010年2月19日
出願番号 特願2009-042694
公開番号 特開2010-198343
登録番号 特許第5470647号
出願日 平成21年2月25日(2009.2.25)
公開日 平成22年9月9日(2010.9.9)
登録日 平成26年2月14日(2014.2.14)
発明者
  • 佐々木 健太郎
  • 三浦 昌朋
  • 鈴木 敏夫
出願人
  • 国立大学法人秋田大学
発明の名称 漢方薬選択支援システム 新技術説明会
発明の概要 【課題】患者に適した医療用漢方製剤を容易に選択できるように支援する医療用漢方製剤選択支援システムを提供する。
【解決手段】複数の医療用漢方製剤毎の医療用漢方製剤情報、及び鑑別を要する医療用漢方製剤同士をリンクさせるリンク情報が格納された医療用漢方製剤データベースと、医療用漢方製剤情報の一部に基づいて医療用漢方製剤データベースから適当な医療用漢方製剤を検索する検索手段と、検索手段によって検索された医療用漢方製剤及び該医療用漢方製剤とリンク情報によって繋がれている医療用漢方製剤を表示する表示手段とを備える医療用漢方製剤選択支援システムとする。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



現在、保険診療では100種類を超える医療用漢方製剤が用いられている。また、それらの医療用漢方製剤の適応は個々に異なっている。そのため、全ての医療用漢方製剤の適応を正確に把握することは容易でない。医療用漢方製剤の適応などについてまとめられた便覧やデータベースは存在しているが、以下に説明するように、それらを利用して患者に適した医療用漢方製剤を処方することも容易ではなかった。





複数の医療用漢方製剤について個々の情報がまとめられた従来の便覧やデータベースには各医療用漢方製剤の様々な情報が記載されているため、特定の医療用漢方製剤についてその医療用漢方製剤の適応などを調べる場合には好適に用いることができる。しかしながら、患者に適した医療用漢方製剤を選択する際に利用するには問題があった。例えば、従来の医療用漢方製剤のデータベースから適応に基づいて医療用漢方製剤の検索を行った場合、該適応に属する医療用漢方製剤を見つけることはできるが、該適応とは微妙に表現が異なる適応(例えば、「腹痛」と「消化不良」など)に属する医療用漢方製剤を見つけることはできなかった。すなわち、従来の医療用漢方製剤のデータベースを用いて本来検討すべき医療用漢方製剤の全てを挙げるためには、微妙に表現が異なる適応の全てについて検索しなければならなかった。





このように、従来のデータベースから患者に適した医療用漢方製剤を見つけるには、適応表現の微妙な違いを把握する等の熟練を要するものであり、不慣れなものにとっては非常な困難を伴うものであった。このため、処方する医療用漢方製剤を選択する際にその選択を支援するシステムがこれまでに考えられている(下記非特許文献1)。かかるシステムは、事前に用意された質問に答えることで、患者に適した医療用漢方製剤が提示されるというものである。





一方、いわゆる西洋薬についても、処方する際に適した薬を選択することができるシステムがこれまでにいくつか考えられている(下記特許文献1~3)。

産業上の利用分野



本発明は、医師や薬剤師などが医療用漢方製剤を処方する際に、患者に適した医療用漢方製剤を容易に選択できるように支援する医療用漢方製剤選択支援システム、該システムに備えられる医療用漢方製剤データベース、及び該システムに実装される医療用漢方製剤選択支援プログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
複数の医療用漢方製剤についての情報が格納された医療用漢方製剤データベースと、該医療用漢方製剤データベースから適当な医療用漢方製剤を検索する検索手段と、該検索手段による結果を表示する表示手段とを備え、
前記医療用漢方製剤データベースに格納された前記情報は、各医療用漢方製剤の医療用漢方製剤情報、及び鑑別を要する医療用漢方製剤同士をリンクさせることによって全ての前記医療用漢方製剤を繋げたリンク情報であり、
前記検索手段は、前記医療用漢方製剤情報の一部に基づいて前記医療用漢方製剤データベースから適当な医療用漢方製剤を検索し、該検索された医療用漢方製剤と前記リンク情報により繋がっている医療用漢方製剤を検索する手段であり、
前記表示手段は、検索された前記医療用漢方製剤を表示する手段である、医療用漢方製剤選択支援システム。

【請求項2】
前記医療用漢方製剤情報が適応を含み、前記検索手段が、前記適応に基づいて検索する手段である、請求項1に記載の医療用漢方製剤選択支援システム。

【請求項3】
複数の医療用漢方製剤についての情報が格納された医療用漢方製剤データベースと、該医療用漢方製剤データベースから適当な医療用漢方製剤を検索する検索手段と、該検索手段による結果を表示する表示手段とを備え、
前記医療用漢方製剤データベースに格納された前記情報は、各医療用漢方製剤の医療用漢方製剤情報、及び鑑別を要する医療用漢方製剤同士をリンクさせることによって全ての前記医療用漢方製剤を繋げたリンク情報であり、
前記検索手段は、前記医療用漢方製剤データベースから任意の2つの医療用漢方製剤を選択し、前記リンク情報を用いて、前記2つの医療用漢方製剤のうち一方の医療用漢方製剤から他方の繋がりを検索する手段であり、
前記表示手段は、検索された前記繋がりを表示する手段である、医療用漢方製剤選択支援システム。

【請求項4】
複数の医療用漢方製剤についてそれぞれの医療用漢方製剤情報、及び鑑別を要する医療用漢方製剤同士をリンクさせることによって全ての前記医療用漢方製剤を繋げたリンク情報を格納した医療用漢方製剤データベースと、該医療用漢方製剤データベースから適当な医療用漢方製剤を検索する検索手段と、該検索手段による結果を表示する表示手段と、を有する医療用漢方製剤選択支援システムに実装され、
前記医療用漢方製剤情報の一部に基づいて前記医療用漢方製剤データベースから適当な医療用漢方製剤を検索し、該検索された医療用漢方製剤と前記リンク情報により繋がっている医療用漢方製剤を検索する検索処理と、
該検索処理によって検索された医療用漢方製剤を前記表示手段に表示させる表示処理と、
を前記医療用漢方製剤選択支援システムに実行させる、医療用漢方製剤選択支援プログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009042694thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close