TOP > 国内特許検索 > 着色二酸化チタン粉末の製造方法

着色二酸化チタン粉末の製造方法 新技術説明会

国内特許コード P100000831
掲載日 2010年7月23日
出願番号 特願2010-073914
公開番号 特開2011-207628
登録番号 特許第5385190号
出願日 平成22年3月27日(2010.3.27)
公開日 平成23年10月20日(2011.10.20)
登録日 平成25年10月11日(2013.10.11)
発明者
  • 米沢 晋
  • 高島 正之
  • 金 在虎
  • 久保 俊昌
出願人
  • 国立大学法人福井大学
発明の名称 着色二酸化チタン粉末の製造方法 新技術説明会
発明の概要

【課題】優れた光触媒活性を有し、光触媒としてのみならず、触媒活性を有する有彩色の顔料などとして好適に使用することができる着色二酸化チタン粉末を提供すること。
【解決手段】二酸化チタン粒子をフッ素ガスと接触させた後、得られたフッ素化された二酸化チタン粒子と過酸化物水溶液とを混合し、得られた混合物に含まれている固形分を乾燥させることを特徴とする着色二酸化チタン粉末の製造方法、および二酸化チタン粒子をフッ素ガスと接触させた後、得られたフッ素化された二酸化チタン粒子を150~800℃の温度で加熱することを特徴とする着色二酸化チタン粉末の製造方法。
【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


一般に二酸化チタンは、紫外線に対し優れた触媒活性を有することから、紫外線遮蔽材料、光触媒などとして化粧料、光電変換用薄膜、光触媒薄膜などに用いられている(例えば、特許文献1の段落の[0002]参照)。しかし、二酸化チタンを顔料として使用する場合、そのほとんどのものが白色を有するものであるため、その用途に制約がある。



着色された二酸化チタンの製造方法として、硫酸法によって二酸化チタンを調製し、得られた含水二酸化チタンを硫酸チタン溶液から沈殿させた後、か焼することにより、着色二酸化チタンを製造する方法が提案されている(例えば、特許文献2の段落の[0010]参照)。しかし、この方法によって得られた着色二酸化チタンは、その色彩が明らかにされておらず、さらにその触媒活性も明らかにされていない。



したがって、近年、優れた光触媒活性を有し、光触媒としてのみならず、触媒活性を有する有彩色の顔料などとして好適に使用することができる着色二酸化チタン粉末の開発が求められている。

産業上の利用分野


本発明は、着色二酸化チタン粉末の製造方法に関する。さらに詳しくは、光触媒活性を有する着色顔料、可視光応答型グレッチェル型湿式太陽電池材料、光電変換用薄膜、光触媒薄膜などに有用な着色二酸化チタンの製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
二酸化チタン粒子をフッ素ガスと接触させた後、得られたフッ素化された二酸化チタン粒子と過酸化物水溶液とを混合し、得られた混合物に含まれている固形分を乾燥させることを特徴とする着色二酸化チタン粉末の製造方法。
【請求項2】
二酸化チタン粒子をフッ素ガスと接触させる際のフッ素ガスの圧力が0.5~200kPaである請求項1に記載の着色二酸化チタン粉末の製造方法。
【請求項3】
二酸化チタン粒子をフッ素ガスと接触させる際のフッ素ガスの温度が0~400℃である請求項1または2に記載の着色二酸化チタン粉末の製造方法。
産業区分
  • 無機化合物
  • 処理操作
  • その他無機化学
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close