TOP > 国内特許検索 > 生体組織切断・接着用装置

生体組織切断・接着用装置

国内特許コード P100001087
整理番号 P2009-056483
掲載日 2010年10月27日
出願番号 特願2009-056483
公開番号 特開2010-207385
登録番号 特許第5316944号
出願日 平成21年3月10日(2009.3.10)
公開日 平成22年9月24日(2010.9.24)
登録日 平成25年7月19日(2013.7.19)
発明者
  • 山口 栄雄
出願人
  • 学校法人神奈川大学
発明の名称 生体組織切断・接着用装置
発明の概要

【課題】ペルチェ効果を利用して切断・接着用部位の加熱と冷却とを行うにあたり冷却時の最低温度の低下と所望の温度まで下降する時間の短縮化とを可能とする。
【解決手段】生体組織切断・接着用装置は、対向させて配置した半導体部2、3と、半導体部の各々に配置された電極兼熱交換部5、6と、半導体部の間に介在されて該半導体部を接合するもので熱伝導性を有する接合部4と、電極兼熱交換部5,6に各々配置された電極8、9とから構成され、接合部4には半導体部2、3よりも外部に突出した切断・接着用部位15が形成され、電極8、9から半導体部2、3に直流電流を供給する電流源18及び電流の向きを変える変換器20を備えた電気回路10と、水等が循環する熱交換媒体循環路20と、この熱交換媒体循環路20上に配置されたポンプ28及び貯液槽29とを有し、熱交換媒体循環路20は電極兼熱交換部5、6の内部を通過する経路が採られたものとする。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


外科手術等の医療措置で人体細胞等の生体組織の切断を行う場合において、発熱による止血を図ると共に処置箇所周辺の生体組織への熱影響を抑制することの双方を目的とした手術装置は、例えば特許文献1等に示されるように既に公知である。この特許文献1に示される手術装置は、処置箇所を熱して止血、組織接着をなすものでメス部と熱吸収部とからなる作用部と、この作用部へエネルギーを供給するもので光源及びこの光源からメス部に照射される光線の導路を備えた駆動部と、これら作用部及び駆動部の一部を収納する筐体とで構成されたものとなっている。



また、ペルチェ(peltier)効果による冷却及び加熱を利用して、針部の先端部を加熱したり冷却したりするペルチェモジュールが、例えば特許文献2等に示されるように、本願の出願人等により既に公知となっている。この特許文献2に示されるペルチェモジュールは、所定の間隔を空けるかたちで対向させて配置した第1の半導体プレート及び第2の半導体プレートと、この第1の半導体プレートと第2の半導体プレートとの間に介在してこれらの第1の半導体プレートの内面のうち長手方向の一方端側及び第2の半導体プレートの内面のうち長手方向の一方端側とを接続する接合部と、第1の半導体プレートと第2の半導体プレートとについて、外面のうち長手方向の接合部とは反対側端に配置された電極とで構成され、接合部には第1の半導体プレート及び第2の半導体プレートの長手方向に沿って突出した針部が設けられたものとなっている。

産業上の利用分野


この発明は、外科手術等の医療措置における人体細胞等の生体組織の切断・接着についてペルチェ効果を利用して行う装置の構造に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
対向させて配置したものでそれぞれ異なる特性を有する素材から成る第1の半導体部及び第2の半導体部と、これらの第1及び第2の半導体部のそれぞれに配置された第1及び第2の電極兼熱交換部と、前記第1の半導体部と前記第2の半導体部との間に介在されて前記第1の半導体部と前記第2の半導体部とを接合するもので熱伝導性を有する接合部と、前記第1の電極兼熱交換部と前記第2の電極兼熱交換部とにそれぞれ配置された第1及び第2の電極とから少なくとも構成され、前記接合部には前記第1の半導体部及び前記第2の半導体部の端よりも外部に突出した切断・接着用部位が形成されていると共に、
前記第1の半導体部及び前記第2の半導体部に直流電流を供給する電流源を有する電気回路と、液状の熱交換媒体が循環して流れる熱交換媒体循環路と、この熱交換媒体循環路上に配置されて液状の熱交換媒体の送出を行うポンプと、前記熱交換媒体循環路上に配置されて液状の熱交換媒体を一時的に貯める貯液槽とを有し、
前記熱交換媒体循環路は、前記第1の電極兼熱交換部及び前記第2の電極兼熱交換部の内部を通過する経路が採られていることを特徴とする生体組織切断・接着用装置。

【請求項2】
前記電気回路は、前記電流源から前記電極に流れる電流の向きを正逆自由に切り換えることができる電流切換え手段を有することを特徴とする請求項1に記載の生体組織切断・接着用装置。
産業区分
  • 治療衛生
  • 固体素子
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009056483thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close