TOP > 国内特許検索 > 神経再生チューブ及びその製造方法

神経再生チューブ及びその製造方法

国内特許コード P100001151
掲載日 2010年11月4日
出願番号 特願2007-040106
公開番号 特開2008-200299
登録番号 特許第4982887号
出願日 平成19年2月20日(2007.2.20)
公開日 平成20年9月4日(2008.9.4)
登録日 平成24年5月11日(2012.5.11)
発明者
  • 大熊 恒雄
  • 石川 和裕
  • 境 勝義
  • 田中 順三
  • 出村 誠
  • 相沢 智康
  • 伊藤 聰一郎
  • 吉川 毅
  • 三田村 智行
  • 金野 克美
  • 大市 貴志
  • 田中 勝
出願人
  • 北海道曹達株式会社
  • 国立大学法人 東京医科歯科大学
  • 地方独立行政法人北海道立総合研究機構
  • 早坂理工株式会社
  • 国立大学法人北海道大学
発明の名称 神経再生チューブ及びその製造方法
発明の概要

【課題】 神経再生効果が高く、製造が容易な神経再生チューブ及びその製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】 キトサン繊維からなるメッシュ状のマトリックスを筒状とした筒状繊維体からなる。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


各種の事故により末梢神経を損傷した場合、切断した神経を外科手術により繋ぐという方法が従来から行われているが、損傷が大きい場合には他の材料によって損傷部位を補うことになる。このとき用いられる材料は、生体適合性に優れ、神経の再生を促すものが求められる。



神経の再生に適した材料として、例えば、ペプチドを基材に固定化した神経再生用材料及び神経再生用材料を生体吸収性のチューブに充填した神経再生材(特許文献1参照)、スポンジ及び該スポンジより分解吸収期間の長い生体吸収性高分子から構成される神経再生チューブ(特許文献2参照)、管状被覆材と繊維の束とからなる神経再生チューブ(特許文献3参照)などが提案されている。



しかしながら、これらの神経再生材料は、製造するのが困難であるという問題があった。



また、さらなる神経再生効果が求められている。




【特許文献1】特開2000-143531号公報(特許請求の範囲等)

【特許文献2】特開2003-19196号公報(特許請求の範囲等)

【特許文献3】特開2005ー237476号公報(特許請求の範囲等)

産業上の利用分野


本発明は、神経の再生に用いられる神経再生チューブ及びその製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
キトサン繊維からなるメッシュ状のマトリックスを二層以上積層して筒状とした筒状繊維体からなることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項2】
請求項に記載の神経再生チューブにおいて、前記筒状繊維体が、キトサン繊維が筒状繊維体の軸方向に配向した配向層と、キトサン繊維が配向していない無配向層とからなることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項3】
請求項1又は2に記載の神経再生チューブにおいて、前記キトサン繊維が前記筒状繊維体の軸方向に配向していることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項4】
請求項1~の何れかに記載の神経再生チューブにおいて、前記キトサン繊維がエレクトロスピニングにより形成されたものであることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項5】
請求項1~の何れかに記載の神経再生チューブにおいて、前記キトサン繊維が、脱アセチル化度が90%以上であることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項6】
請求項1~の何れかに記載の神経再生チューブにおいて、前記キトサン繊維の繊維径が5μm以下であることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項7】
請求項に記載の神経再生チューブにおいて、前記キトサン繊維の繊維径が400nm以下であることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項8】
請求項1~の何れかに記載の神経再生チューブにおいて、内径がφ1.5~2.0mmであることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項9】
請求項1~の何れかに記載の神経再生チューブにおいて、厚さが0.3~0.5mmであることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項10】
請求項1~の何れかに記載の神経再生チューブにおいて、前記キトサン繊維がペプチド修飾されていることを特徴とする神経再生チューブ。

【請求項11】
エレクトロスピニング法により形成され、キトサン繊維からなるメッシュ状のマトリックスを二層以上積層して筒状とした筒状繊維体からなる神経再生チューブの製造方法であって、キトサン類を含むキトサン溶液の液滴を液滴供給部から紡糸空間へ供給し、紡糸空間に設けられた回転支持体にキトサン繊維を巻き取る捕集工程と、前記回転支持体を回転させながら捕集したキトサン繊維に押圧部材を押し当てる押圧工程とを具備することを特徴とする神経再生チューブの製造方法。

【請求項12】
請求項11に記載の神経再生チューブの製造方法において、前記捕集工程の前記回転支持体の外周速度を3m/秒以上とすることを特徴とする神経再生チューブの製造方法。

【請求項13】
請求項11又は12に記載の神経再生チューブの製造方法において、前記押圧工程後に得られたメッシュ状のマトリックスを前記回転支持体から取り外して巻き取ることで筒状繊維体を得る巻取り工程を具備することを特徴とする神経再生チューブの製造方法。
産業区分
  • 治療衛生
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2007040106thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close