TOP > 国内特許検索 > 金属酸化物粒子の製造方法

金属酸化物粒子の製造方法

国内特許コード P100001203
整理番号 13279
掲載日 2010年11月5日
出願番号 特願2009-039447
公開番号 特開2010-195605
登録番号 特許第5067700号
出願日 平成21年2月23日(2009.2.23)
公開日 平成22年9月9日(2010.9.9)
登録日 平成24年8月24日(2012.8.24)
発明者
  • 山本 琢磨
  • 鈴木 政浩
  • 石井 克典
  • 木原 義之
  • 藤井 寛一
  • 栗田 勉
  • 加藤 良幸
  • 福井 国博
出願人
  • 独立行政法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 金属酸化物粒子の製造方法
発明の概要

【課題】生成される金属酸化物粒子の平均粒子径の制御を行うことが可能な金属酸化物粒子の製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の金属酸化物粒子の製造方法は、金属酸化物前駆体として、金属硝酸塩又は酸化金属硝酸塩の溶液を調整する調整工程と、前記溶液を加熱する加熱工程と、を有する金属酸化物粒子の製造方法において、前記加熱工程では、昇温速度が一定となるように制御することを特徴とする。
【選択図】 図7

従来技術、競合技術の概要


従来、セラミックス原料、着色原料等に使用される金属酸化物微粒子の製造方法は、出発相によってCVDやガス中蒸発法などの気相法、沈殿法や噴霧法などの液相法、機械的粉砕法などの固相法に分類される。また、これらは、機械的粉砕法に代表される、バルク材を微細化することで得られるいわゆるブレイクダウン方式、分子レベルから成長させることによって得られるビルドアップ方式に分類されるが、ブレイクダウン方式は機械的粉砕による微細化に限界があること、粉砕機器からの不純物の混入があることから、高純度な微粒子の製造には主としてビルドアップ方式が適用されている。ここでその代表的なものとして液相法を例にとると、金属塩の水溶液にアルカリ等のpH調整剤を加えて水酸化物等を沈殿させ、かかる水酸化物等を500℃~700℃程度に昇温し、分解することによって所望の金属酸化物微粒子を得ることができる。その具体例として、例えば特許文献1ではカルボン酸化合物を分散等させた水溶液中に、金属塩の水溶液と中和剤の水溶液とを同時に添加して、上記金属の水酸化物等の微粒子を生成させ、得られた微粒子を焼成する微粒子状金属酸化物の製造方法が開示されている。

【特許文献1】特開平5-139704号公報

産業上の利用分野


本発明は、セラミックス原料をはじめ各種用途に使用される金属酸化物粒子の製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
金属酸化物前駆体として、金属硝酸塩又は酸化金属硝酸塩の溶液を調整する調整工程と、
前記溶液を加熱する加熱工程と、を有する金属酸化物粒子の製造方法において、
前記加熱工程では、前記加熱工程中の100℃からの昇温速度が一定となるように制御することを特徴とする金属酸化物粒子の製造方法。

【請求項2】
前記金属酸化物における金属がLi、Cu、Zn、Al、Mg、Co,Sr、Ba、Al、Y、In、Ce、Si、Ti、Zr、Sn、Nb、Sb、Ta、Bi、Cr、W、Mn、Fe、Ni、Ru、U、Pu、Np、Am、Cmから選ばれる1種類の金属であることを特徴とする請求項1に記載の金属酸化物粒子の製造方法。
産業区分
  • 無機化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009039447thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
参考情報 (研究プロジェクト等) 特許第5067700号
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close