TOP > 国内特許検索 > 微小血管障害又はその関連疾患のバイオマーカー

微小血管障害又はその関連疾患のバイオマーカー

国内特許コード P100001367
整理番号 NU-0385
掲載日 2010年12月21日
出願番号 特願2010-236964
公開番号 特開2012-085603
登録番号 特許第6065172号
出願日 平成22年10月22日(2010.10.22)
公開日 平成24年5月10日(2012.5.10)
登録日 平成29年1月6日(2017.1.6)
発明者
  • 坂東 泰子
  • 重田 寿正
  • 室原 豊明
出願人
  • 国立大学法人名古屋大学
発明の名称 微小血管障害又はその関連疾患のバイオマーカー
発明の概要 【課題】ジペプチジルペプチダーゼ4活性の臨床的意義を明らかにし、その臨床応用を図ること
【解決手段】ジペプチジルペプチダーゼ4からなる、微小血管障害又はその関連疾患のバイオマーカーが提供される。また、当該バイオマーカーを用いた検査法などが提供される。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


ジペプチジルペプチダーゼ4(dipeptidyl peptidase IV;DPP4)とは、1966年にグリシルプロリン・ナフチルアミダーゼ(glycylproline naphthylamidase;セリンペプチダーゼの一種)として同定(非特許文献1)された分子であり、Cアデノシン・デアミナーゼ複合蛋白2(adenosine deaminase complexing protein 2)とも呼ばれ、分化抗原群分類(CD (cluster of differentiation)分類)上CD26に相当する分子である。DPP4は、プロリルペプチド(Prolyl peptide)結合(Pro-Xaa)を分解する比較的稀な蛋白分解酵素群、ペプチダーゼファミリーS9bに属する。DPP4遺伝子は、染色体2q24.3に存在し、哺乳類(ヒト・ラット・マウス)における相同性は98%とよく保存されている分子である。DPP4分子単体の分子量は88.3kDaであるが、ゴルジ体でホモダイマーとなり、細胞表面に210kDaの分子として存在するが、分泌型(細胞表面型が切断されたもの、或いは選択的スプライシングを受けた変異蛋白)もまた存在することが知られている。DPP4はT細胞活性化抗原であるとともに、そのペプチダーゼ活性により、様々な生理活性物質を分解し活性調整することにより様々な病態に関与する。具体的には、DPP4による血糖降下ホルモンインスリンの分解は糖尿病の原因となることから、DPP4活性阻害剤は糖尿病治療薬として臨床応用されており、また血液疾患や悪性腫瘍疾患では、DPP4の特殊染色はTリンパ球の検出及びCD26陽性悪性腫瘍(白血病、悪性リンパ腫、腎がん、前立腺がんなど)の組織診断に従来応用されてきた技術である(非特許文献2)。

産業上の利用分野


本発明は新規バイオマーカー及びその用途に関する。詳細には、微小血管障害又はその関連疾患のバイオマーカー及びその用途(検査法など)に関する。また、病理診断などに有用な染色法も提供する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ジペプチジルペプチダーゼ4(DPP4)の検体中レベルを指標として用いることを特徴とする、心臓における毛細血管の障害を伴う糖尿病性心筋症の検査を補助する方法であって、以下のステップ(1)~(4)を含む、方法:
(1)被検者由来の心筋組織を用意するステップ;
(2)DPP4活性染色法により、前記心筋組織を染色するステップ;
ここで、DPP4活性染色法は、以下の(A)~(C)を含む:
(A)組織検体を固定するステップ、;
(B)固定液を洗浄除去した後、アゾ色素及びその基質を低温条件下で組織検体に添加して反応させるステップ;
(C)発色を観察するステップ
(3)前記心筋組織中の毛細血管内皮のDPP4を検出するステップ;及び
(4)検出結果に基づいて、心臓における毛細血管障害を伴う糖尿病性心筋症の現在又は将来の発症可能性を判定するステップ。

【請求項2】
前記ステップ(A)の固定が、冷アセトン-冷ホルマリン溶液を用い、低温条件下で行われる、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
前記固定の時間が30秒間である、請求項2に記載の方法。

【請求項4】
前記ステップ(B)の反応の時間が30分間である、請求項1~3のいずれか一項に記載の方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close