TOP > 国内特許検索 > 情報探索用データ構造および情報探索装置

情報探索用データ構造および情報探索装置

国内特許コード P110001482
掲載日 2011年1月24日
出願番号 特願2009-040090
公開番号 特開2010-198148
登録番号 特許第4853797号
出願日 平成21年2月24日(2009.2.24)
公開日 平成22年9月9日(2010.9.9)
登録日 平成23年11月4日(2011.11.4)
発明者
  • 桑原 恒夫
  • 平野 明
出願人
  • 学校法人神奈川大学
発明の名称 情報探索用データ構造および情報探索装置
発明の概要

【課題】本発明は係る事情に鑑みてなされたものであり、上記の記録すべき関連の量を極力減少させ、コンピュータの記憶装置の容量とその記録を行うための人的労力を大幅に減少させる。
【解決手段】ある分類に対する上位分類という概念を用い、複数の選択項目のいくつかをグループ化して記録するとともに、そのグループのうちのどの1つの選択項目が選択された場合でも共通して後に表示される後選択項目を該グループと関連付けて記憶させておくことにより、記録する必要のある関連の数を低減させる。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要


近年Webを利用した情報探索がさかんに行われている。例えばネットスーパーと称して顧客がWebブラウザ上で購入したい商品を探索して購入するなどである。しかしこのような場合、顧客は多数の商品の中から自分の購入したい商品を探索する必要がある。しかし、商品は数多くあるから、顧客が希望の商品を探索する際、1つの画面に全ての商品を表示することは非現実的である。



そこで従来でも商品を複数のカテゴリーに分けておき、顧客はまず商品のカテゴリーを選択し、次いで選択されたカテゴリーの商品を表示することが一般的に行われている。しかし商品数が膨大になった場合、このカテゴリー選択を複数回繰り返すことで最後に示される商品数を限定することが有効である。Web上で情報を探索する場合、実際にもそのようなカテゴリー選択を複数回実施することは広く行われている(例えば、特許文献1,2等参照)。



その場合、ある場面であるカテゴリーが選択された場合と他のカテゴリーが選択された場合は、後に表示されるカテゴリーないし最終表示物(上記ネットスーパーの例でいえば最終表示物は商品)は同じではない。例えばカテゴリーとして「肉」を選んだ場合に表示されるのは、例えば次の選択のためのカテゴリーである「牛肉」,「豚肉」,「鶏肉」などが考えられる。またカテゴリーとして「魚」を選んだ場合には「刺身」,「切り身」,「干物」などを表示させることが考えられる。したがってこのような情報探索装置を構成する場合、選択項目となるカテゴリー「肉」には後の選択項目となる「牛肉」,「豚肉」,「鶏肉」などを関連付け、カテゴリー「魚」には後の選択項目となる「刺身」,「切り身」,「干物」などを関連付けて記録させておく必要がある。

産業上の利用分野


本発明は、コンピュータを用いて情報を探索するための装置において情報を効率的に記録するための有用な技術を提供する。

特許請求の範囲 【請求項1】
複数の選択項目の中からある選択項目が選択された場合に、コンピュータがその選択に従って後に表示される1つ以上の後選択項目を前記選択した選択項目と関連付けるために用いられる情報検索用データ構造であって、
前記複数の選択項目のいくつかをそれらを包含する上位分類でグループ化して記憶するデータと、前記後に表示される1つ以上の後選択項目を前記選択項目及び前記上位分類と、又は、前記上位分類のみと関連付けて記憶するデータとを格納した記憶装置を備え、
前記コンピュータは、前記選択項目のいずれかが選択された場合に、選択された選択項目に関連付けて記録されている後選択項目およびその選択科目を包含する前記上位分類に関連付けて記録されている後選択項目を前記記憶装置から抽出する
ことを特徴とする情報探索用データ構造。

【請求項2】
複数の選択項目のいくつかをそれらを包含する上位分類でグループ化して記憶するとともに、後に表示される1つ以上の後選択項目を前記選択項目及び前記上位分類と、又は、前記上位分類のみと関連付けて記憶する記憶手段と、
前記選択項目および前記後選択項目を選択する入力部と、
前記選択項目および前記後選択項目を表示する表示部とを有し、
前記記憶手段に記憶されている前記選択項目を前記表示部に表示する手段と、
前記入力部を介して前記選択項目のいずれかが選択された場合に、前記記憶手段に記録されたその選択項目に関連付けて記録されている後選択項目およびその選択科目を包含する前記上位分類に関連付けて記録されている後選択項目を前記表示部に表示する手段と
を具備することを特徴とする情報探索装置。
産業区分
  • 計算機応用
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009040090thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close