TOP > 国内特許検索 > 生体信号解析装置、生体信号解析方法、生体信号解析プログラム

生体信号解析装置、生体信号解析方法、生体信号解析プログラム コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P110001855
整理番号 H21-019-2
掲載日 2011年3月18日
出願番号 特願2010-169094
公開番号 特開2011-104340
登録番号 特許第5540402号
出願日 平成22年7月28日(2010.7.28)
公開日 平成23年6月2日(2011.6.2)
登録日 平成26年5月16日(2014.5.16)
優先権データ
  • 特願2009-244165 (2009.10.23) JP
発明者
  • 鰤岡 直人
出願人
  • 国立大学法人鳥取大学
発明の名称 生体信号解析装置、生体信号解析方法、生体信号解析プログラム コモンズ 新技術説明会
発明の概要 【課題】生体信号の解析を高次元で行うため、多くの情報が失われること無く取得できる一方、3次元空間座標に生体信号の解析結果を表示するので、数学的に知識のない者でも瞬時に生体信号の状態を確認することができる。
【解決手段】生体信号を受信する生体信号受信部100と、前記生体信号をm次元(mは4以上の整数)において解析する高次元空間解析部110と、前記高次元空間解析部110の解析に基づいて生成される、3次元の空間に表示させるための信号である3次元表示信号を送信する、3次元表示信号送信部140を備える、生体信号解析装置を設ける。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要



生体信号の挙動を理解するための方法について、生体信号を受信して観測する方法が広く行われている。その生体信号の観測結果を表示する手段として、従来から図1のように時間を横軸、振幅を縦軸とする表示方法により観測する手段などが用いられている。





一方、生体信号を4次元以上の高次元における相関次元により解析する方法が特開平9-56833号公報において用いられている。

産業上の利用分野



本発明は、生体信号解析装置、生体信号解析方法、生体信号解析プログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
生体信号を受信する生体信号受信部と、
前記生体信号に対して埋め込み変換によりm次元(mは4以上の整数)のデータを作成する高次元空間解析部と、
前記m次元のデータから3個の軸を選択することにより、3軸の組み合わせが異なる複数の3次元データを生成し、該複数の3次元データを3次元の空間に表示する3次元表示信号処理送信部と,
を備える
生体信号解析装置。

【請求項2】
前記生体信号は、呼吸運動、心電図又は脳波を示す信号である、
請求項1に記載の生体信号解析装置。

【請求項3】
前記生体信号受信部は、第1の生体信号、及び前記第1の生体信号と受信した時間の異なる第2の生体信号を受信し、
前記高次元空間解析部は、前記第1の生体信号及び前記第2の生体信号をm次元(mは4以上の整数)において解析し、
前記3次元表示信号処理送信部は、前記高次元空間解析部の解析を行うことにより、前記第1の生体信号に基づいて生成される3次元の空間に表示させるための信号である第1の3次元表示信号、及び前記第2の生体信号に基づいて生成される3次元の空間に表示させるための信号である第2の3次元表示信号、を送信する、
請求項1に記載の生体信号解析装置。

【請求項4】
前記高次元空間解析部は、前記第1の生体信号に基づいてm次元のベクトルの信号である第1のm次元ベクトル情報信号を生成し、前記第2の生体信号に基づいてm次元のベクトルの信号である第2のm次元ベクトル情報信号を生成するm次元ベクトル情報生成部を備える、請求項3に記載の生体信号解析装置。

【請求項5】
前記第1の3次元表示信号と、前記第2の3次元表示信号を比較する情報比較部をさらに備える、
請求項3または4に記載の生体信号解析装置。

【請求項6】
前記第1のm次元ベクトル情報信号と、前記第2のm次元ベクトル情報信号を比較する情報比較部をさらに備える、
請求項4に記載の生体信号解析装置。

【請求項7】
生体信号を受信する手順と、
前記生体信号に対して埋め込み変換によりm次元(mは4以上の整数)のデータを作成する手順と、
前記m次元のデータから3個の軸を選択することにより、3軸の組み合わせが異なる複数の3次元データを生成し、該複数の3次元データを3次元の空間に表示する手順と,
を行う、
生体信号解析方法。

【請求項8】
生体信号を受信する手順と、
前記生体信号に対して埋め込み変換によりm次元(mは4以上の整数)のデータを作成する手順と、
前記m次元のデータから3個の軸を選択することにより、3軸の組み合わせが異なる複数の3次元データを生成し、該複数の3次元データを3次元の空間に表示する手順と,
をコンピュータに実行させる、
生体信号解析プログラム。
産業区分
  • 治療衛生
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010169094thum.jpg
出願権利状態 登録
参考情報 (研究プロジェクト等) 生体信号の周期性を3次元空間にビジュアル化する装置
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close