TOP > 国内特許検索 > 位置情報管理システム

位置情報管理システム

国内特許コード P110001887
整理番号 2008000016
掲載日 2011年3月22日
出願番号 特願2008-149589
公開番号 特開2009-296452
登録番号 特許第5257871号
出願日 平成20年6月6日(2008.6.6)
公開日 平成21年12月17日(2009.12.17)
登録日 平成25年5月2日(2013.5.2)
発明者
  • 木原 雅巳
出願人
  • 学校法人日本大学
発明の名称 位置情報管理システム
発明の概要

【課題】本発明は、位置情報サービスを利用する者に対して、位置情報を選択して過度に個人情報を露出することを避けることのできる位置情報管理システムの提供を目的とする。
【解決手段】上記目的を達成するため、本発明に係る位置情報管理システムは、通信ネットワーク100で互いに接続された無線通信端末装置10及び位置管理サーバ20を備え、位置管理サーバ20が無線通信端末装置10の地理的な位置情報を蓄積管理する位置情報管理システムであって、無線通信端末装置10又は位置管理サーバ20は、無線通信端末装置10の地理的な位置を測位する測位部12を備え、位置管理サーバ20は、測位部12の測位する位置を位置ぼかし部22によってぼかした位置を位置情報として管理部23に蓄積管理し、配信部24から配信する。
【選択図】図2

従来技術、競合技術の概要


すべての携帯電話などの無線通信端末装置に位置情報の取得機能が搭載されるようになり、位置情報サービスが受けやすくなっているが、高精度化により、1mの精度まで位置が確認できることがある(例えば、特許文献1又は2参照。)。提供される位置サービスの質は向上し、無線通信端末装置の位置に応じた歩行者ナビゲーションのような位置情報サービスも提供されている。



無線LANを利用すると、無線通信端末装置の位置情報を精確に把握することができる。また、携帯電話でも、衛星測位システムや基地局測位システムを利用すると、数mの精度で携帯電話の位置を把握することができる。



従来方式の位置情報管理システムでは、GPS機能付き携帯電話であれば、GPS機能が出力する携帯電話の位置情報は、位置情報送信機能によって、位置情報を要求する位置管理サーバなどに送信されていた。このとき、GPS機能が実現する精度がそのまま維持され位置情報が出力される。GPSの位置情報の精度は、場所と時間により変化するが、1~10mの範囲内である。さらに、無線LANにあっては、フロア内での座席の位置まで精確に把握することができることさえある。

【特許文献1】特開2002-008164号公報

【特許文献2】特開2003-161622号公報

産業上の利用分野


本発明は、個人情報を保護しながら、無線通信端末装置の位置情報を管理する位置情報管理システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
無線通信端末装置と、
前記無線通信端末装置の地理的な位置情報を蓄積管理する位置管理サーバと、
前記位置管理サーバと通信ネットワークで接続され、前記無線通信端末装置と無線通信を行う基地局と、
を備え、
前記基地局、前記無線通信端末装置又は前記位置管理サーバは、前記無線通信端末装置の地理的な位置を測位する測位部を備え、
前記位置管理サーバは、ランダムなオフセット及び誤差を付加することによって前記測位部の測位する位置をぼかした位置を位置情報として蓄積管理し、配信することを特徴とする位置情報管理システム。

【請求項2】
前記無線通信端末装置は、
前記測位部と、
前記測位部の測位する位置を、ランダムなオフセット及び誤差を付加することによってぼかす位置ぼかし部と、
前記位置ぼかし部によってぼかされた位置を前記位置管理サーバに通知する通知部と、を備え、
前記位置管理サーバは、
前記通知部の通知する位置を受信する受信部と、
前記受信部の受信する位置を位置情報として蓄積管理する管理部と、
前記管理部の蓄積管理する位置情報を配信する配信部と、を備えることを特徴とする請求項1に記載の位置情報管理システム。

【請求項3】
前記無線通信端末装置は、
前記測位部と、
前記測位部の測位する位置を前記位置管理サーバに通知する通知部と、を備え、
前記位置管理サーバは、
前記通知部の通知する位置を受信する受信部と、
前記受信部の受信する位置を、ランダムなオフセット及び誤差を付加することによってぼかす位置ぼかし部と、
前記位置ぼかし部によってぼかされた位置を位置情報として蓄積管理する管理部と、
前記管理部の蓄積管理する位置情報を配信する配信部と、を備えることを特徴とする請求項1に記載の位置情報管理システム。

【請求項4】
前記基地局は、前記測位部を備え、
前記位置管理サーバは、
前記測位部の測位する位置を取得する受信部と、
前記受信部の受信する位置を、ランダムなオフセット及び誤差を付加することによってぼかす位置ぼかし部と、
前記位置ぼかし部によってぼかされた位置を位置情報として蓄積管理する管理部と、
前記管理部の蓄積管理する位置情報を配信する配信部と、を備えることを特徴とする請求項1に記載の位置情報管理システム。

【請求項5】
前記位置管理サーバは、
前記測位部と、
前記測位部の測位する位置を、ランダムなオフセット及び誤差を付加することによってぼかす位置ぼかし部と、
前記位置ぼかし部によってぼかされた位置を位置情報として蓄積管理する管理部と、
前記管理部の蓄積管理する位置情報を配信する配信部と、を備えることを特徴とする請求項1に記載の位置情報管理システム。

【請求項6】
前記位置ぼかし部は、予め定められた設定条件で、位置のぼかしを解除することを特徴とする請求項2から5のいずれかに記載の位置情報管理システム。

【請求項7】
前記無線通信端末装置は、位置のぼかしの解除を指示する解除指示を取得する指示取得部をさらに備え、
前記指示取得部が解除指示を取得すると、前記位置ぼかし部は、位置のぼかしを解除することを特徴とする請求項6に記載の位置情報管理システム。

【請求項8】
前記位置ぼかし部は、予め定められた算定方法で位置を変更することでオフセットを付加することを特徴とする請求項2から7のいずれかに記載の位置情報管理システム。

【請求項9】
前記位置ぼかし部は、四捨五入、切捨て又は切り上げを行うことで、丸め誤差を位置に付加することを特徴とする請求項2からのいずれかに記載の位置情報管理システム。

【請求項10】
前記位置ぼかし部は、位置の誤差量の増減、桁数の上げ下げ、又は、前記配信部の配信先に応じて、位置のぼかしの程度を可変することを特徴とする請求項2から9のいずれかに記載の位置情報管理システム。
産業区分
  • 伝送方式
  • 電話
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008149589thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close