TOP > 国内特許検索 > 電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法

電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法

国内特許コード P110001941
整理番号 2008000086
掲載日 2011年3月22日
出願番号 特願2009-038470
公開番号 特開2010-193404
登録番号 特許第5229958号
出願日 平成21年2月20日(2009.2.20)
公開日 平成22年9月2日(2010.9.2)
登録日 平成25年3月29日(2013.3.29)
発明者
  • 木原 雅巳
出願人
  • 学校法人日本大学
発明の名称 電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法
発明の概要

【課題】
本発明は、少ない種類の電子透かしを組み合わせることで多くの画像コンテンツの識別に対応する電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法を提供することを目的とする。
【解決手段】
本願発明の電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法は、画像コンテンツを任意の複数のブロックに分割し、分割されたブロックを一単位として、それぞれ異なる種類の電子透かしを埋め込むこととした。具体的には、電子透かしを画像コンテンツに埋め込む電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法であって、前記画像コンテンツを複数のブロックに分割し、前記分割されたブロックのそれぞれに、少なくとも1以上の種類の電子透かしの中から1の種類の電子透かしを埋め込む。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


ユーザがコンテンツサーバから画像コンテンツをダウンロードする画像コンテンツ配信形態において、ユーザのダウンロードする画像コンテンツに、ユーザごとに異なる電子透かしを埋め込み、画像コンテンツがユーザから流出した場合であっても、どのユーザに配信したものが流出したのか識別可能とする方法が検討されていた。具体的には、電子透かしを利用して、画像全体に電子透かしを埋め込んだり、画像をブロックに分割して分割したブロックそれぞれに電子透かしを埋め込む方法が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。

産業上の利用分野


本発明は、画像コンテンツの内容を維持しながら、少ない種類の電子透かしでそれぞれの画像コンテンツの配信先を識別できる電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
電子透かしを画像コンテンツに埋め込む電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法であって、
前記画像コンテンツを複数のブロックに分割し、
前記分割されたブロックを予め定めた複数のグループに分類し、
前記グループごとに異なる時間に、前記分割されたブロックのそれぞれに、コンテンツサーバに固有の少なくとも1以上の種類の電子透かしの中から1の種類の電子透かしを埋め込む
ことを特徴とする電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法。

【請求項2】
の前記グループ内では同一種類の電子透かしを埋め込み、前記グループ毎では異なる種類の電子透かしを埋め込むことを特徴とする請求項1に記載の電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法。

【請求項3】
1又は2以上の特定のブロックに予め定めた電子透かしを埋め込むことを特徴とする請求項1又は2に記載の電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法。

【請求項4】
前記ブロックの少なくとも一つは、他のブロックと異なる形状であることを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法。

【請求項5】
前記分割されたブロックに電子透かしを埋め込むと同時に、電子透かしを埋め込んだ位置の情報を記録し、
電子透かしを埋め込んでいない前記分割されたブロックに電子透かしを埋め込む際に、前記情報を参照し、新に電子透かしを埋め込んだ位置の情報を、参照した前記情報に追加することを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法。

【請求項6】
前記分割されたブロックのうち、特定のブロックには電子透かしを埋め込まないことを特徴とする請求項1からのいずれかに記載の電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法。

【請求項7】
前記画像コンテンツが動画であり、前記動画を構成する1つのフレームを複数のブロックに分割し、前記分割されたブロックのそれぞれに電子透かしを埋め込むことを特徴とする請求項1からのいずれかに記載の電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法。

【請求項8】
前記画像コンテンツが動画であり、前記動画を構成する1つのフレームは前記ブロックに相当することを特徴とする請求項1からのいずれかに記載の電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法。

【請求項9】
請求項1からのいずれかに記載の電子透かし埋込画像コンテンツ作成方法で作成された画像コンテンツから、前記ブロックに埋め込まれた、前記電子透かしの種類の組み合わせパターンを判定し、配信先を識別する画像コンテンツ識別方法。
産業区分
  • 事務機
  • 計算機応用
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009038470thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close