TOP > 国内特許検索 > 会員登録システム及び会員登録方法

会員登録システム及び会員登録方法

国内特許コード P110001969
整理番号 2009000059
掲載日 2011年3月22日
出願番号 特願2010-002908
公開番号 特開2011-141810
登録番号 特許第4586206号
出願日 平成22年1月8日(2010.1.8)
公開日 平成23年7月21日(2011.7.21)
登録日 平成22年9月17日(2010.9.17)
発明者
  • 木原 雅巳
  • 海寳 可奈美
出願人
  • 学校法人日本大学
発明の名称 会員登録システム及び会員登録方法
発明の概要


【課題】本発明は、コンテンツの利用を希望する登録希望者が増加しても信頼度を担保することができ、コンテンツを利用する契約者のサービス性を損ねず、著作権管理サーバが容易にコンテンツの著作権を管理することができる登録希望者の登録システム及び登録方法を提供することを目的とする。
【解決手段】上記目的を達成するために、コンテンツの利用を希望する登録希望者について、登録の手順によって異なる次数を与え、最高の次数において登録を希望する者は厳格な本人確認のために直接対面方法による登録を必須とした。また、最高の次数より下位の次数で登録を希望する者は、最高の次数において登録された上位の契約者を介して紹介制による登録を行うこととした。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


従来、コンテンツの利用を希望する登録希望者を、契約者として登録する方法として、直接、身分を証明して本人確認を行う直接対面方法が採用されている。また、別の方法として、ソーシャルネットワーキングサービスで用いられている紹介制による登録方法がある。紹介制による登録方法とは、既に登録している契約者が、登録希望者の新規の登録を、サービス提供側へ要求する登録方法であり、ある程度の信頼度を保ちながら契約者を連鎖的に増やすことができる(例えば、特許文献1又は2参照。)。ここで、信頼度とは、コンテンツ配信サービス側から見た、登録済の契約者に対する、登録希望者の素性の確かさである。

産業上の利用分野


本発明は、コンテンツ配信サービスにおける、登録希望者の会員登録システム及び会員登録方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
n次契約者(nは正整数)として登録を希望する者から登録要求を取得し、前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼を(n-1)次契約者クライアントへ送信し、前記n次契約者として登録を希望する者の登録要求を著作権管理サーバへ送信し、著作権管理サーバから登録を許可され前記n次契約者が要求するコンテンツの情報であるコンテンツ要求及び前記n次契約者の本人の認証を著作権管理サーバへ送信し前記n次契約者の次数及び前記n次契約者の最終信頼度に応じた品質のコンテンツを著作権管理サーバから受信するn次契約者クライアントと、
前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼をn次契約者クライアントから受信し、(n-1)次契約者の本人の認証及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を著作権管理サーバへ送信する(n-1)次契約者クライアントと、
記(n-1)次契約者の本人の認証及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を(n-1)次契約者クライアントから受信し前記n次契約者として登録を希望する者の登録要求をn次契約者クライアントから受信し、前記(n-1)次契約者の本人の認証、前記(n-1)次契約者からのn次契約者として登録を希望する者の登録了承、及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録要求を確認し、前記n次契約者の職業などの履歴若しくは活動場所などの属性情報から自動的に求められる信頼度及び前記(n-1)次契約者の最終信頼度及び前記(n-1)次契約者が前記n次契約者を評価した信頼度を積算して前記n次契約者の最終信頼度を算出し、前記n次契約者を次数及び前記n次契約者の最終信頼度に関連付けて登録し、前記n次契約者クライアントへ登録を許可し、前記n次契約者クライアントから前記コンテンツ要求及びn次契約者の本人の認証を受信して本人認証を行い、段階的に変化する契約者の最終信頼度とコンテンツの品質の関係を用いて前記n次契約者の最終信頼度に応じたコンテンツの品質を決定し、決定した品質のコンテンツを前記n次契約者クライアントへ送信する著作権管理サーバと、を備える会員登録システム。

【請求項2】
さらに、(n-2)次契約者の本人の認証及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を送信し、前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼を受信し、前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼を送信する(n-2)次契約者クライアントと、
(n-m)次契約者(mは正整数、n>m)の本人の認証及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承送信し、前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼を受信する(n-m)次契約者クライアントとを備え、
前記(n-1)次契約者クライアントは、さらに、前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼を送信し、
前記著作権管理サーバは、さらに、前記(n-2)次契約者クライアントから、前記(n-2)次契約者の本人の認証及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を受信し、前記(n-m)次契約者クライアントから、前記(n-m)次契約者の本人の認証及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を受信し、前記(n-1)次契約者から前記(n-m)次契約者までの本人の認証、前記(n-1)次契約者から前記(n-m)次契約者までのn次契約者として登録を希望する者の登録了承、及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録要求を連鎖的に全て確認し、前記(n-1)次契約者から前記(n-m)次契約者までの信頼度で決定される前記n次契約者の最終信頼度を算出することを特徴とする請求項1に記載の会員登録システム。

【請求項3】
前記(n-1)次契約者クライアントは、さらに、前記著作権管理サーバから、n次より上位のコンテンツ要求を受信し、前記著作権管理サーバへ、前記n次より上位のコンテンツの閲覧を許可し、
前記(n-m)次契約者クライアントは、さらに、前記著作権管理サーバから、n次より上位のコンテンツ要求を受信し、前記著作権管理サーバへ、前記n次より上位のコンテンツの閲覧を許可し、
前記著作権管理サーバは、さらに、前記(n-1)次契約者クライアントへ、前記n次より上位のコンテンツ要求を送信し、前記(n-1)次契約者クライアントから、前記n次より上位のコンテンツの閲覧を許可され、前記(n-m)次契約者クライアントへ、前記n次より上位のコンテンツ要求を送信し、前記(n-m)次契約者クライアントから、前記n次より上位のコンテンツの閲覧を許可されることを特徴とする請求項に記載の会員登録システム。

【請求項4】
前記著作権管理サーバは、さらに、前記(n-1)次契約者クライアントから前記(n-m)次契約者クライアントまでのいずれかのクライアントへ、前記n次より上位のコンテンツ要求を送信し、前記n次より上位のコンテンツの閲覧を許可されることを特徴とする請求項に記載の会員登録システム。

【請求項5】
さらに、登録希望者の登録要求を送信し、前記登録希望者の初期登録情報を送信する登録希望者クライアントと、
前記登録希望者クライアントからの前記登録要求を受信し、登録依頼を送信する登録サーバと、
登録を許可される一次契約者クライアントと、を備え、
前記著作権管理サーバは、さらに、前記登録サーバから前記登録依頼を受信し、前記登録希望者クライアントから前記初期登録情報を受信し、前記一次契約者クライアントへ登録を許可することを特徴とする請求項1からのいずれかに記載の会員登録システム。

【請求項6】
n次契約者(nは正整数)として登録を希望する者の登録要求を取得したn次契約者クライアントから前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼を(n-1)次契約者クライアントへ送信するn次契約者登録依頼手順と、
前記n次契約者登録依頼手順の後、前記n次契約者として登録を希望する者に対する加入の許可を取得した前記(n-1)次契約者クライアントから、(n-1)次契約者の本人の認証及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を著作権管理サーバへ送信する(n-1)次契約者許可手順と、
前記n次契約者登録依頼手順の後、前記n次契約者クライアントからn次契約者として登録を希望する者の登録要求を前記著作権管理サーバへ送信するn次契約者登録要求手順と、
前記(n-1)契約者許可手順及び前記n次契約者登録要求手順の後、前記著作権管理サーバが、前記(n-1)次契約者の本人の認証、前記(n-1)次契約者からのn次契約者として登録を希望する者の登録了承、及び前記n次契約者として登録を希望する者の登録要求を確認し、前記n次契約者の職業などの履歴若しくは活動場所などの属性情報から自動的に求められる信頼度及び前記(n-1)次契約者の最終信頼度及び前記(n-1)次契約者が前記n次契約者を評価した信頼度を積算して前記n次契約者の最終信頼度を算出し、前記n次契約者を次数及び前記n次契約者の最終信頼度に関連付けて登録し、登録を許可する旨を前記著作権管理サーバから前記n次契約者クライアントへ送信するn次契約者登録許可手順と、
前記n次契約者が要求するコンテンツの情報であるコンテンツ要求を取得した前記n次契約者クライアントから前記コンテンツ要求及び前記n次契約者の本人の認証を前記著作権管理サーバへ送信するコンテンツ要求手順と、
前記n次契約者クライアントから前記コンテンツ要求及びn次契約者の本人の認証を前記著作権管理サーバが受信して本人認証を行い、前記著作権管理サーバが段階的に変化する契約者の最終信頼度とコンテンツの品質の関係を用いて前記n次契約者の最終信頼度に応じたコンテンツの品質を決定し、決定した品質のコンテンツを前記n次契約者クライアントへ送信するコンテンツ送信手順と、
を順に有する会員登録方法。

【請求項7】
n次契約者として登録を希望する者の登録要求を取得したn次契約者クライアントから前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼を(n-1)次契約者クライアントへ送信し、前記(n-1)次契約者クライアントから前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼を(n-2)次契約者クライアントへ送信し、次々と前記n次契約者として登録を希望する者の登録依頼を(n-m)次契約者クライアント(mは正整数、n>m)まで送信するn次契約者登録依頼リレー要求手順と、
前記n次契約者として登録を希望する者に対する加入の許可を取得した前記(n-1)次契約者クライアントから前記(n-m)次契約者クライアントまでのそれぞれの契約者クライアントから、前記(n-1)次契約者から前記(n-m)次契約者までのそれぞれの本人の認証及び前記(n-1)次契約者クライアントから前記(n-m)次契約者クライアントまでのそれぞれの契約者クライアントが取得した前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を、前記著作権管理サーバへ送信する上位契約者了承手順と、
前記(n-1)次契約者クライアントからの前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を前記著作権管理サーバで確認し、前記(n-2)次契約者クライアントからの前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を前記著作権管理サーバで確認し、次々と前記(n-m)次契約者クライアントからの前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を前記著作権管理サーバで確認する上位契約者確認手順と、
前記(n-1)次契約者クライアントから前記(n-m)次契約者クライアントまでの前記n次契約者として登録を希望する者の登録了承を全て確認し、前記(n-1)次契約者から前記(n-m)次契約者までの信頼度で決定される前記n次契約者の最終信頼度を算出し、前記n次契約者クライアントからの前記n次契約者として登録を希望する者の登録要求を前記n次契約者の次数及び前記n次契約者の最終信頼度に関連付けて前記著作権管理サーバへ登録する多重確認n次契約者登録手順と、
前記n次契約者として登録を希望する者の登録要求を登録した後に、前記n次契約者クライアントへ登録を許可する旨を前記著作権管理サーバから前記n次契約者クライアントへ送信する多重確認n次契約者登録許可手順と、
を前記n次契約者登録許可手順と前記コンテンツ要求手順の間に順に有することを特徴とする請求項に記載の会員登録方法。

【請求項8】
n次契約者の次数より上位のコンテンツ要求を取得した前記n次契約者クライアントから前記n次契約者の次数より上位のコンテンツ要求及び前記n次契約者の本人の認証を前記著作権管理サーバへ送信する上位コンテンツ要求手順と、
前記n次契約者の次数より上位のコンテンツ要求を確認した前記著作権管理サーバから、前記n次契約者から上位の前記コンテンツ要求があった旨を前記n次契約者の要求するコンテンツの次数の契約者クライアントから前記(n-1)次契約者クライアントまでの全てのクライアントに送信する上位コンテンツ要求送信手順と、
前記(n-1)次クライアントから、前記著作権管理サーバへコンテンツの閲覧の許可を送信し、前記(n-m)次クライアントまでの全てのクライアントから、前記著作権管理サーバへコンテンツの閲覧の許可を送信する上位コンテンツ許可送信手順と、
前記全てのクライアントからのコンテンツの閲覧の許可を確認すると、前記著作権管理サーバから要求のあったコンテンツを前記n次契約者クライアントへ送信する上位コンテンツ送信手順と、
を前記多重確認n次契約者登録許可手順の後に、順に有することを特徴とする請求項に記載の会員登録方法。

【請求項9】
前記上位コンテンツ許可送信手順において、前記(n-1)次クライアントから、前記著作権管理サーバへコンテンツの閲覧の許可を送信し、前記(n-m)次クライアントまでのいずれかのクライアントから、前記著作権管理サーバへコンテンツの閲覧の許可を送信し、
前記上位コンテンツ送信手順において、前記いずれかのクライアントからのコンテンツの閲覧の許可を確認すると、前記著作権管理サーバから要求のあったコンテンツを前記n次契約者クライアントへ送信することを特徴とする請求項に記載の会員登録方法。

【請求項10】
コンテンツの閲覧に必要な登録依頼を送信する登録サーバから、コンテンツの閲覧を希望する登録希望者の登録依頼を、前記著作権管理サーバへ送信する初期登録依頼手順と、
前記登録希望者がコンテンツを閲覧する登録希望者クライアントから、前記登録希望者クライアントの初期登録情報を、前記著作権管理サーバへ送信する初期認証手順と、
前記初期認証手順の後、前記登録希望者クライアントの初期登録情報を確認した前記著作権管理サーバから、最高の次数の契約者である1次契約者クライアントへ登録を許可する旨を送信する1次契約者登録許可手順と
を前記n次契約者登録依頼手順の前に、順に有することを特徴とする請求項からのいずれかに記載の会員登録方法。
産業区分
  • 計算機応用
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010002908thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close