TOP > 国内特許検索 > 新規バクテリオシンを生産する乳酸菌及びそれを用いたサイレージ・発酵TMR飼料の製造方法

新規バクテリオシンを生産する乳酸菌及びそれを用いたサイレージ・発酵TMR飼料の製造方法

国内特許コード P110002073
掲載日 2011年3月31日
出願番号 特願2009-189745
公開番号 特開2011-041474
登録番号 特許第5515062号
出願日 平成21年8月19日(2009.8.19)
公開日 平成23年3月3日(2011.3.3)
登録日 平成26年4月11日(2014.4.11)
発明者
  • 蔡 義民
  • 上垣 隆一
  • 小林 寿美
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 新規バクテリオシンを生産する乳酸菌及びそれを用いたサイレージ・発酵TMR飼料の製造方法
発明の概要 【課題】 長期貯蔵が可能であり且つ良質な発酵飼料(サイレージ、発酵TMR飼料)を、微生物を利用して製造する技術、を提供することを目的とする。また、これによって、廃棄率の低減とコスト削減に繋がる発酵飼料の製造技術、を提供することを目的とする。
【解決手段】 優れたバクテリオシン生産能(発酵飼料中の有害微生物の増殖に対して優れた抑制作用)を有し、且つ、良質な発酵飼料の製造に適した性質、を有する乳酸菌株、;を提供する。また、前記菌株を含有してなる発酵飼料製造用の微生物製剤、;前記菌株を添加することを特徴とする、長期貯蔵が可能であり且つ良質な発酵飼料(詳しくは、サイレージ、発酵TMR飼料)の製造方法、;を提供する。
【選択図】 なし
従来技術、競合技術の概要



日本において、牧草・飼料作物など粗飼料の生産量の約70%以上が、サイレージに調製・加工されている。

しかし、飼料作物・牧草の‘自然発酵’に依存して調製されたサイレージの一部は、乳酸含量が低く、劣質となる酪酸型・酢酸型のものが多く、その嗜好性・採食量が優れたものではない。また、サイレージの調製・貯蔵過程において、カビの発生や劣質な発酵により、ロールを廃棄するケースが少なくない。

また、「発酵TMR飼料」においても、資源循環型社会の構築および環境負荷の低減などの観点から、低・未利用飼料資源を有効に活用した高品質の飼料の調製技術(発酵技術)が求められてきた。





また、これまでのサイレージ調製に関する研究として、古くからの細切や圧密などによる嫌気条件の保持、ビートパルプなどを添加する材料草の水分の調整、糖蜜などを添加する材料草糖含量の補充などの調製技術が世界的に普及されてきた。

近年、サイレージ調製の分野にも、発酵スターターとしての乳酸菌製剤や繊維分解酵素セルラーゼが応用されるようになり、それらによるサイレージの発酵品質の改善効果が次第に広く認知されるようになってきた。

サイレージ発酵の発酵スターターとして乳酸菌製剤を用いることによって、サイレージの発酵品質の改善効果が認められる(非特許文献1~3、特許文献1,2参照)。これらの乳酸菌は、サイレージ発酵において作られた乳酸によりpHが低下させ、一部腐敗菌を押さえ、サイレージを保存する仕組みになっている。

しかしながらサイレージ発酵において、発酵飼料の品質を劣化させる原因菌である有胞子の酪酸菌やバチルスは、耐酸性に強いため、乳酸菌により作られた乳酸だけでは、サイレージや発酵TMR飼料の品質の改善に十分な効果を発揮できなかった。

産業上の利用分野



本発明は、優れたバクテリオシン生産能(発酵飼料中の有害微生物の増殖に対して優れた抑制作用)を有し、且つ、良質な発酵飼料の製造に適した性質、を有する乳酸菌株に関する。

また本発明は、前記菌株を含有してなる発酵飼料製造用の微生物製剤、;前記菌株を添加することを特徴とする、長期貯蔵が可能であり且つ良質な発酵飼料(詳しくは、サイレージ、発酵TMR飼料)の製造方法、;に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
Enterocin L50A、Enterocin L50BおよびEnterocin ITの生産能を有し、且つ、耐酸性、並びに、優れた乳酸発酵能を有する乳酸菌株「エンテロコカス・フェシウム(Enterococcus faecium)NAS62菌株(NITE P-781)」。

【請求項2】
前記菌株が、発酵飼料中の有害微生物の増殖に対して優れた抑制作用を有するものである、請求項1に記載の菌株。

【請求項3】
発酵飼料用原料に請求項1又は2に記載の菌株を添加することを特徴とする、発酵飼料の製造方法。

【請求項4】
前記発酵飼料用原料が、サイレージ用原料又は発酵TMR飼料用原料である、請求項3に記載の発酵飼料の製造方法。

【請求項5】
請求項1又は2に記載の菌株を含有してなる発酵飼料製造用の微生物製剤。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close