TOP > 国内特許検索 > 複合金属材料の製造方法

複合金属材料の製造方法 コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P110002093
整理番号 H10046
掲載日 2011年4月1日
出願番号 特願2010-227078
公開番号 特開2012-082446
登録番号 特許第5448095号
出願日 平成22年10月7日(2010.10.7)
公開日 平成24年4月26日(2012.4.26)
登録日 平成26年1月10日(2014.1.10)
発明者
  • 中山 昇
  • 中沢 将彦
出願人
  • 国立大学法人信州大学
発明の名称 複合金属材料の製造方法 コモンズ 新技術説明会
発明の概要 【課題】 チタンを基材とし、燃料電池用のセパレータ等に利用できる、導電性に優れた複合金属材料及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 チタン粉末にカーボン繊維を加えた粉末を粉砕混合して混合粉末10を調製する工程と、前記混合粉末10に圧縮荷重を加えながら剪断荷重を負荷することにより、前記混合粉末10を固化して成形体とする圧縮剪断法による加工を施す工程とにより、Tiを基材とする導電性に優れた複合金属材料を提供することができる。
【選択図】 図3
従来技術、競合技術の概要



チタン(Ti)は、優れた強度及び耐食性を備えることから、自動車産業、航空宇宙産業、医療産業等において注目されている。このチタンの用途として燃料電池のセパレータに利用する例がある。燃料電池のセパレータには、導電性、ガス遮断性、化学的安定性(耐食性)、ガス流路を形成するための成形性が求められ、従来、カーボン系、ステンレス系、チタン系の材料が使用されている。





これらのセパレータを構成する材料のうち、カーボン系の材料は導電性に優れるものの、ガス遮断性、耐食性、加工性の点で劣るという問題があり、ステンレス系の材料は、ガス遮断性、耐食性、加工性については良好である一方、導電性が不十分であること、重いという問題があった。これに対して、チタン系の材料は、ガス遮断性、耐食性、加工性、省スペース(薄肉化可能)、軽量である点で優れ、難点として導電性が不十分であるという問題があった。

産業上の利用分野



本出願は複合金属材料の製造方法に関し、より詳細には基材にチタンを使用した複合金属材料の製造委方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
チタン粉末にカーボン繊維を加えた粉末を粉砕混合して混合粉末を調製する工程と、
前記混合粉末に圧縮荷重を加えながら剪断荷重を負荷することにより、前記混合粉末を固化して成形体とする圧縮剪断法による加工を施す工程と、を備え
前記混合粉末を調製する工程において、前記チタン粉末として、水素化脱水素法によって作製したチタン粉末を使用することを特徴とする複合金属材料の製造方法。

【請求項2】
前記混合粉末を調製する工程において、
前記カーボン繊維として、カーボンナノファイバーを使用することを特徴とする請求項記載の複合金属材料の製造方法。

【請求項3】
前記混合粉末を調製する工程において、
前記チタン粉末に対し、前記カーボン繊維を1vol.%~5vol.%添加して混合粉末とすることを特徴とする請求項1または2記載の複合金属材料の製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010227078thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close